【限定ビデオ】飛距離UP&スライス解消法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.11.20
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日はあなたに

「飛ばない&スライスにはコレ!」というテーマで

動画をお送りしていきます。

今回の動画は、期間限定の配信となります。

 「ドライバーが飛ばなくて」

 「スライスが止まりません」

って、あなたは悩んでいませんか?

もしそうなら、まず気にしてほしいのはコレです。。。

左サイドの壁

左サイドの壁というのは、
ゴルフのスイングは重心が

 右の土踏まず→左の土踏まず

という具合に、移っていきますよね。

この時、左の土踏まずではなくて
左の外側に重心が流れてしまうと…

体の軸も重心と一緒に
左サイドに流れてしまいます。

このような動きになってしまうと、
ドライバーの場合、スイングの最下点が
ボールの真下に来てしまいます。

そうすると、フェースが開いて当たるために
スライスやテンプラが出る、というわけです。

ですので、そうならないために

 ・右から左に重心を移した時に、

 ・左足の内側である左の土踏まずに
  しっかりと重心を受け止めた状態で、

 ・インパクトからフォローに
  移る必要がある

ということです。

では、そのためにはやってほしいのがコレです。。。

キャディーバッグを使ったドリル

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 

詳しくはビデオを見ていただくのが
一番早いですが、やりかたは、こうです。

 1.左足の側面付近に
   キャディーバッグを置いて

 2.アドレスをした際に左足の外側面に
   キャディーバッグに付くように
   セットをしてスイングをする
  (ふくらはぎ~膝ぐらいまでは付くように)

左サイドの外側に重心が移ってしまうと、
左足の側面(左腰)がキャディーバッグに
当たって、バッグが倒れてしまいます。

(行う際には周りに迷惑をかけないよう、ご注意下さい 苦笑)

ですが、左サイドの壁を意識して、
左の土踏まずに重心を受け止めてあげると、

左腰がキャディーバックに当たるか
当たらないかのところで、
体を回転させることが出来ます。

このようなドリルを行って
左サイドの壁ができてくると、
体の軸ブレを防ぐことが出来るというわけです。

軸ブレがなくなることで
ドライバーなら、スイングの軌道が
ボールの手前に最下点が来て…

そこからの上がり際で、ボールをしっかりと
捕らえることができるようになります。

これによって、正しくボールをヒットできますし、
飛距離を最大限に伸ばすことも可能です。

飛距離アップも実現のために、
ぜひ、やってみて下さい。

ガッツパー水柿

追伸

今回お届けした動画ですが、実は
ゴルフライブから出しているプログラムから
その一部を切り取ったものになっています。

世間が騒がしくなっている今、
私も何かあなたにお届けできるものがないかと
ずっと考えていました。

プログラムの本編では、下半身・上半身・腕の
3つのパートに分けて

私の飛距離アップのノウハウを
余すことなくお伝えしています。

今回のようなドリルもたくさん紹介しているので、
普段の練習に役立てていただくこともできます。

他にも見てみたい!という熱心なあなたのために
今だけのプレゼントもご用意しています。

飛距離アップの秘密はこちら »

ウェブ配信版もお付けしているので、

申込みから、ご自宅でスグに、見ていただくことが
可能
となっています。

・飛距離アップがしたい!

・飛距離が落ちてきて悩んでいる…

・ワンポイントの飛距離アップレッスンでは
 なかなか効果が出ない…

そんな方にオススメのプログラムですので。。。

是非、下記から詳細を見てみてください。

飛距離アップの秘密はこちら »
 

ガッツパー水柿
 

The following two tabs change content below.
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。

 

Facebookでコメントする

【限定ビデオ】飛距離UP&スライス解消法」への2件のフィードバック

  1. やっちゃん

      水柿先生、有難うございました。
      左のカベを意識する(身につける)レッスンは、小生にとって100点満点でした。
     室内でクラブを正面でセットする練習は、安全・安心(家族にとって)に毎日実施できます。
     今後もよろしくお願いいたします。

    返信
  2. 吉良の金さん

    いつもアドバイスを有難うございます。高齢者の難しいお願いかと思いますがよろしくお願いいたします。年齢的に上達の望みが薄く現在のスコア維持も出来難くなって来ました。これ以上平均スコアを落としたくない者に何か良い方法がありましたらよろしくお願い致します。因みに過去のベストスコア69、2度、18ホールノーボギー1度、エイジシュート7回が、最近では90台を度々、これ以上はどうしても落としたくありません。 82歳男性

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。