「シブコ惜しかった…」から考える冬ゴルフ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.12.16
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

昨日最終日だった全米女子オープン、
渋野日向子選手、本当に惜しかったですね!

単独首位スタートということもあり、
久しぶりに深夜に起きて生中継を見ていました。

勝利を逃す結果になりましたが、
順延などイレギュラーな状況の中、
本当にお疲れさまでした。

ところで、最終日の渋野選手の
順位後退の要因として「防寒対策」が
とても話題になっています。

周りがとても着込んでいるなか、
渋野選手はとても薄着で、しかも寒さから
震えている様子すら中継されていましたね。

冬ゴルフの調子を狂わせる寒さ…

実はこれ、僕もよく生徒様から
ご相談されるテーマでもあるんです。
 

「どうすれば冬ゴルフで
 良いスコアをだせるのですか?」

「冬は飛距離もスコアも悪く、
 そもそも寒くてゴルフから離れてしまいます。
 どうすればゴルフを楽しめますか?」
 

これらは、冷え込んできたこの季節に
特に増える質問の1つです。

そして、、、

僕自身の今年の冬ゴルフの
メインテーマでもあるのです。

冬ゴルフの楽しみ方

冬というのはゴルフにとって
スコアが出にくい難しい季節です。

夏から秋のベストシーズンにかけて
スコアがだんだんと伸びてきたのに、

冬になった途端に
飛距離は落ちスコアが悪くなる…

このようなお悩みを
たくさんの生徒さんからも相談されます。

さて、どうすれば冬ゴルフを楽しめるのか?
あなたはどう思いますか?

防寒対策を徹底する?
スイング前にウォーミングアップをする?
普段よりも練習に力を入れる???

これらはすべて正解だと思いますが、
僕は、それ以上に大事なポイントが
【心構え】にあると考えています。

本日のメルマガでは、
そんな【冬ゴルフの心構え】について
僕なりの意見をまとめてみましたので、

冬ゴルフのスコア低下、飛距離低下に
悩まされているゴルファーの方はもちろん、

これから更に冷え込んでいく冬に、
ラウンドを控えている方は必見の
【冬ゴルフ必勝法】ですので

ぜひ、こちらから
本日の動画をご覧ください。



スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。


どうしたら冬ゴルフを楽しめるのか?

僕なりの答えはとてもシンプルで、
「飛距離やスコアに過度の期待をしない」
ということです。

どうしても冬という季節は、
スコアが落ちる要素が重なってしまいます。

気温が下がると身体は動きにくく、
ボールは飛びにくくなりますし、

冬芝は夏芝に比べると1cm程度低くなり
クリーンに打たなければ大きなミスに繋がる
薄くむずかしいライになりますし、

冬のグリーンはボールが止まりにくく、
難易度がグンッと跳ね上がります。

これだけの要素が重なるので、
冬にベストスコアを更新するなんてことは
至難の技かもしれません。

ですので、最初から、
期待値を低くしておくことで、

思ったようにスコアが出せなかったときでも、
大きく落ち込むことがなくなるでしょう。

それが結果的にゴルフを
楽しいと感じられるかどうかに直結するので、

「冬ゴルフは難しい」ということを認識し、
あらかじめ目標を若干下げておきましょう。

冬ゴルフは、
来る春のベストシーズンに向けた
練習シーズンだと思って、、、

楽しくゴルフしていただければと思います。
 

近藤



<本日のオススメ>

近藤プロも愛用している
ゴルフ特化型偏光サングラス
「ARK-アーク-」

コレを使えばグリーンの傾斜・起伏
フェアウェイ上のライがクッキリ見え、
もったいないミスが無くなります。

意外と忘れがちな冬ゴルフの必需品、
鋭い紫外線に邪魔されずに
ゴルフを楽しみたくありませんか?

今回は限定入荷となっています。

先着順ですのでお早めに…

https://g-live.info/click/ark2012ss/

The following two tabs change content below.
近藤 雅彦

近藤 雅彦

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アウトサイドイン, ビジネスゾーン, ビデオ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
近藤 雅彦

近藤 雅彦 について

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。

 

Facebookでコメントする

「シブコ惜しかった…」から考える冬ゴルフ」への2件のフィードバック

  1. やっちゃん

      来年もよろしくお願いします。有難うございました。

    返信
  2. さくらい

    近藤プロのわかりやすく親しみやすい動画、いつも楽しみに拝見しています。
    気持ちに余裕を持って、冬場のゴルフを楽しみたいと思います。
    ご無沙汰をしておりますが、また近藤プロのレッスンを受けに行きたいです。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。