憧れのドロー、マキロイのように飛ばす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.01.23
服部hattori

From:服部コースケ
東京の自宅より、、、

おはようございます、
服部コースケです。

この方法は、人によっては
飛ばしの革命になるかもしれません。

飛距離に悩んでいる方。
スライスに悩んでいる方。
捻転不足に悩んでいる方。

この方法はとてもオススメです。

特に準備も練習も必要なく、

この方法でスイングするだけで
スライスしにくくなり自然とドローで打てて
飛距離が伸びるかもしれません。

飛距離が落ちてきて悩んでいる方も、
頑固なスライスを解消できず悩んでいる方でも、
この方法を試した瞬間に綺麗サッパリ解決…

なんてこともあるかもしれない、
とても即効性のある効果的な方法です。

今から動画でご紹介する方法を
あなたのスイングに取り入れるだけで、

あのローリー・マキロイ選手のような
強烈なドローボールが簡単に打てて、
飛距離が一気に伸びるかもしれません。

そんな夢のような方法とは、、、



スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



ほとんどのゴルファーの方が
「スクエアスタンス」

肩、胸、腕、腰、足のラインを
目標方向に対して全て平行に揃えて
アドレスしていると思います。

それに対し、今日ご紹介したのは、
右足を少し引いて、下半身はターゲットに対して
閉じた方向に構える「クローズドスタンス」

ここで注意していただきたいのですが、
足のラインは斜めに傾きますが
腰から上、腕や胸、肩のラインは
ターゲット方向に対して並行を保ちます。

これが正しいクローズスタンスです。

クローズスタンスを取ることで、
左脇は締まったまま胸も開くことがなく、
ボールが捕まりやすくなります。

下半身が元から右に
少しだけ回転しているわけですから、
バックスイングでトップが深く入り
クラブの助走距離が伸びますので
ヘッドスピードアップが期待できます。

そして、それだけでなく、
体の右側にクラブが降りてくるスペースができて
自然とインサイドアウト軌道になるため、
ボールにドロー回転がかかります。

スタンスを変えるだけで
勝手にドローボールが打てるようになるのです。

クローズスタンスはパワー不足の方が
取り入れるものというイメージがあるかもしれませんが、
決してそんなことはありません。

ローリー・マキロイ選手も
クローズスタンスでパワーフェードを操って
ツアーで大活躍しています。

体が硬かったり、腕力があるにも関わらず
捻転不足のまま手打ちになりやすいタイプの方は、

クローズスタンスを取り入れただけで
勝手にスイング軌道や球筋が安定するかもしれません。

「飛距離を今すぐ伸ばしたい!」という方は、
ぜひ一度、クローズスタンスを試してみてください。

服部コースケ


追伸:

Q1. あなたは50歳以上ですか?
Q2. 飛距離アップのために1日1分
  必ず時間を作って練習する覚悟がありますか?

もしあなたがこの2つの質問に対して
「YES」と答えるのであれば、、、

私が作ったこのプログラムで、
若い頃を上回る飛距離を
手に入れられることでしょう。

https://g-live.info/click/hattori/

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ビデオ, 新着ビデオ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

憧れのドロー、マキロイのように飛ばす方法」への4件のフィードバック

  1. みむちゃん

    服部プロ!絵にかいたようなフォーム!飛球線!うっとり見入るばかりです!とても及びませんが、練習に取り入れます。上半身迄クローズスタンスしないという事がポイントですね。有難うございます。

    返信
  2. konitan

    今。、練習場でハマってます。
    でも、
    左に行くのはどうしてですか?
    10度くらい左に真っ直ぐ出ます。。
    打ち出す方向を意識していますが、なぜか左10度くらいずれます。
    どうしたら直りますか?

    返信
  3. 中島春義

    有難う”今まではクロウドスタンスのつもりで肩も一緒に動いていたかも、次の練習で気を付けてやってみます。

    返信
  4. やっちゃん

     おはようございます。
     雨天で寒い朝。練習やる気ない。何気なくPCを開いたら先生からの配信あり。早速拝見しました。
     先生の教えは、シンプルで万人が実行可能ですね。
     年齢を重ね、体が硬くなって久しい小生。
     有難うございました。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。