ドライバー、強く握りすぎじゃない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.10.10
服部hattori

From:服部コースケ
東京の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

突然ですが質問です。

ドライバーでアドレスをしたとき、
あなたのグリッププレッシャーは10段階中、
一体どれくらいの強さで握ってますか?

もちろんですが、
MAXの10で力いっぱい握る人は
一人もいませんよね。

おそらく7割~9割のちからで
握る方もいらっしゃらないと思います。

では、5割~6割はどうでしょうか?

ゴルフライブのメールマガジンは
読者が30万人以上いるらしいので、
このあたりからはチラホラと該当者が
出てくるのではないでしょうか?

さて、ドライバーのグリッププレッシャーは、
10段階中どれくらいで握るのが正しいのか?

あなたも実際にドライバーを握ってみて、
どれくらいか少し考えてみてください・・・

適正は1割~2割

「え?そんな弱くていいの?」

こう驚かれる方も
けっこうたくさんいらっしゃると思いますが、
1割~2割でいいんです。

それくらい、本当に力を抜いて、
すべてのクラブの中でも一番ゆるく
握るクラブがドライバーです。

直接のレッスンの序盤では、
必ず生徒さんのドライバースイングの
アドレスからチェックするのですが

そのときに、グリップを握る強さについて
説明するとかなりの確立で驚かれます。

力まないスイングが大事だとわかっていても、
そもそもグリップから力が入りすぎている方が
とっても多いんです。

実際のところ、あなたは、
1割~2割で握れていますか?

もしそれ以上の力で握っていたなら、
グリップの力を抜くだけでヘッドスピードが上がり、
飛距離が大きく伸びる可能性だってあります。

ぜひ、あなたもグリップを、
見直してみてほしいのですが…

今日のメルマガのお話は、
こちらの動画レッスンでもっと詳しく
説明させていただきました。

1割~2割という強さの
目安となるチェック項目も紹介しているので、
ぜひ練習場に行った際にでも確認しながら
軽く握ってドライバーを打ってみてくださいね。


スマホの方、動画が見れない方はこちら


服部コースケ




<本日のオススメ>

メルマガ講師陣も愛用する
ゴルフ特化型偏光サングラス
『ARK-アーク-』が急遽…

ゴルフライブ大決算セール、
過去最安の衝撃特価で公開されました!

大人気サングラスが
この価格で手に入るのは今回限り。

お見逃しないよう
今すぐコチラのページをご覧ください。

https://g-live.info/click/arkgls_2010/

在庫限りで販売終了です。

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ビデオ, 新着ビデオ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

ドライバー、強く握りすぎじゃない?」への1件のフィードバック

  1. やっちゃん

    おはようございます。ヘッドスピードアップ方法。凄いですね。本日のご指導を永久保存します。
     動画は、とてもシンプルで正面・側面からで、手首及び甲のところが初心者でも理解できます。
     有難うございました。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。