【ビデオ】腕の無駄な力が分かる究極のドリル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.10.11
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「腕の無駄な力が分かる究極のドリル」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

ここで紹介するドリルは、
両腕の無駄な力を無くする最高のドリルです。

その具体的なやり方は。。。?

(続きはビデオにて)

腕の無駄な力が分かる究極のドリル

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

https://g-live.info/click/omrpdf201011/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

クラブ両手持ち往復素振り

この、2本のクラブを左右の手に別々に持って、
左右往復素振りをやる
 

 「クラブ両手持ち往復素振り」
 

は両腕の無駄な力を無くする最高のドリルです。

クラブを束ねないで、
左右の手に別々に持って素振りすることが味噌です。

ちょっと難しいので、
最初は小さな振り幅でやってみましょう。

小さな振り幅の中でもしっかり脚を使って、
脚の動きで上半身を動かすようにします。

上半身で自ら動かすのはコックだけ

ところで、通常のスイングでは
スイング中に上半身で自ら動かすのは、
手首を親指側へ折るコックだけです。

それ以外は、下半身の動きでクラブが置いていかれないように、
受ける力で耐えるだけの動きにします。

しかし、今回の「クラブ両手持ち往復素振り」では、
そのコックすら意識的には入れません。

ということは、あくまでもイメージとしては、
上半身は何もしないような感じです。

通常のスイングでも、自ら出そうとする力で
コックをつくろうとしているのではありません。

脚の動きで腰から首の付け根である体幹を右にターンすることに任せて
手元は円軌道を描いてインサイド寄りに動く中で、
ヘッドを真っ直ぐに動かそうとするだけです。

それだけでちょうど良い具合にコックが入ってきます。

これは自ら力を出してコントロールする動きになりますが、
コックを力で入れている感じではありません。

そのあとは、それまでのヘッドの勢いでトップに向かい、
そのとき右腕が支点になってシャフトを支えれば
力を入れなくてもコックが入ってきます。

腕が出す力

ここで、本来のスイングでの腕が出すべき
受ける力について見てみましょう。

普段のスイングでコックと今からお伝えする力以外を
使っているとしたら、それは無駄な力です。

特に左腕は命綱と言われるように、
左腕はセットアップからボールヒットまで紐のようになって
絶対に自らは何かしようとしないことがスイングを簡単にします。

紐は自らは力を出せません。

縦に引っ張られると、その引っ張られる力に耐えて
伸びないようにする反作用を発生するだけです。

横方向には反作用は発生できませんが、
ゴルフのスイングでは右腕が支えとなります。

右腕はパワーと言われますが、
パワーのためには自ら出そうとする力を使わないことが重要です。

まさに、受ける力で耐える使い方をすることで、
能力限界までのパワーを出すことができます。

まずは、バックスイング序盤では
体幹のターンにクラブが置いていかれないように、
右腕は横方向からの力に耐えるだけです。

トップに向かう切り返しではコックは深くしたいので、
右腕はシャフトに押されることに耐えながらも
少し曲げさせられるぐらいにします。

ダウンスイングではヘッドが置いていかれることに耐えるとしても、
少し押し負けるながらクラブを支えます。

そのときクラブの重さで右腕は、
さらに深く曲げさせられると共に上腕は右に捻られます。

そして、ボールヒット直前では左脚で体幹を急激に左回転させることで、
左肩甲骨が急速に伸ばされて脊髄反射で元に戻ろうとする結果、
左腕が引っ張られます。

そうすると、左腕がグリップエンドを引っ張り、
右腕が支点としてシャフトを支えることで
テコの動きで作用点としてのヘッドが走ります。

このように両腕は自らは力を出して
できるだけ何かコントロールしようとしないで
外からの力に耐えることに任せることが、
再現性が高くてパワフルなスイングの要です。

ところが、ほとんどのゴルファーは
腕でクラブをコントロールしようとして
無駄な色々な動きをやっています。

それでは、ショットも安定しないしボールも飛びません。

無駄な力を使わないで受ける力だけで動けば、
今回お伝えしている「クラブ両手持ち往復素振り」は簡単にできます。

このドリルで大きく振るとなかなかできないので、
普段いかにクラブを力で振ろうとしているのかを実感できます。

まずは小さな振り幅からやり始めて、
だんだんクラブ同士がぶつからないでできる範囲で
振り幅を大きくしてみましょう。

振り幅が大きくなってもできるようになるほど、
通常のフルショットでも無駄な力を使わないスイングが手に入ります。

重いものを往復素振りするメリット

両手でクラブ2本分の重さを支えて素振りすることで、
重いものを往復素振りするメリットを得ることができます。

重いものほど置いていかれる力が大きくなるので、
受ける力の使い方が分かりやすいです。

そして、重いので速くは動かせませんから、
自分の動きを確認しやすいくなります。

さらに、重いほど重力で落ちることを感じやすく、
重力に合わせて自分が動くことを習得しやすくなっています。

これらのことから、スイングで大切なトップに向かう切り返しでの
「間」をつくるドリルとしても活用できます。

「間」をつくるためには、
トップに向かって力でクラブを持ちあげていては無理です。

脚の動きで動かしてきたクラブの勢いに任せ、
クラブがそれまでの勢いで勝手にトップに向かっている瞬間を感じることで
「間」をつくることができます。

まさにこの瞬間は、受ける力さえも最小になり、
体はニュートラルな状態です。

要するになんでもできる、
どんな方向へどんな動きでもできる状態となります。

そのためにも、腕はクラブが置いていかれないぐらいの
ギリギリの力である、受ける力を出すだけに徹します。

そして、ヘッドがまだトップに向かっている最中に、
両脚で地面を踏もうとします。

そうすると、右打ち素振りの場合では、
ヘッドと下半身の真逆の動きに挟まれた左肩甲骨周りが
伸ばされてしなりを強めます。

そうやって両脚で地面を捉えようとしていると、
クラブがトップに到達して両腕とクラブが自重で自然落下をはじめます。

その落ちてくることに合わせて、両股関節を入れるようにして
両脚でしっかり地面を踏もうとしてみましょう。

この両脚で地面を捉えた体勢ができれば、
そのあとの動きでは両脚で地面に大きなパワーを効率よく
伝えることができます。

そこから、左脚で左のお尻を左後ろポケット方向へ押し込むように地面を蹴って、
それまでの前傾角度を維持して体幹を左に急激にターンさせます。

そうすると、左肩甲骨周りは素早く大きく伸ばされることで、
脊髄反射が発生して勝手に縮もうとします。

それによってクラブがパワフルに振られます。

往復素振りでの左打ちの素振りでは、
この左右が入れ替わるだけです。

往復素振りの意味

また、往復で素振りすることには、大切な意味があります。

それは、フォローで次の方向の素振りのための
大きなトップに向かう勢いを強くできることです。

クラブの勢いがあるほど、腕がコントロールするというよりも
脚やクラブからの力を受けてそれに耐えながら
上手くクラブが振られるようにしようとします。

それが、まさに通常ショットでボールを打つときに、
本来行うべき腕の力の使い方となります。

ついでながら、ゴルフで片方ばかり振ることは
体のバランスを崩すことにもなりますから、素振りであったとしても
往復で振ることは体を整えるためにも良いことです。

重いものを振るメリット

そして、左右それぞれの手にクラブを持つことで、
約倍の重さのクラブを振ることと同じになります。

重いものを振ることで、
クラブなどの勢いを利用することを体験できるばかりか、
スイングのための筋力をアップさせることができます。

実際に使える筋肉をつくるためには、
その実際の動きの中で鍛える必要があります。

よくウェイトトレーニングをやったら
目的の運動のパフォーマンスがその分アップするとイメージしやすいですが、
それは全くトレーニングしていないで筋力が弱い場合だけです。

ある程度筋力がある状態では、
目的の動きに近い形で筋力を付けなければ
実際のパフォーマンスアップはつながりません。

筋肉が伸ばされると勝手に縮もうとする脊髄反射である
「伸張反射」に対しても、それを阻害する反射である
「ゴルジ腱反射」があります。

目的とする動きの中でトレーニンしなければ、
この「ゴルジ腱反射」を抑制できず
「伸張反射」のメリットを発揮できません。

そういった意味で、負荷を大きくしてスイングすることは
まさにゴルフのための使える筋肉を育てるための最良の方法です。

ゴルジ腱反射は伸張短縮サイクルの敵

「ゴルジ腱反射」は、伸張短縮サイクルという
限界までのパワーを出しきるための体の仕組みの敵です。

「伸張反射」については、
今までも色々なところでお話させていただいています。

しかし、「ゴルジ腱反射」は同じ脊髄反射に関係することですが、
あまり聞きなれない用語だと思います。

このパワーを出すための敵となる
「ゴルジ腱反射」を抑制するトレーニングとして、
「クラブ両手持ち往復素振り」は有効です。

伸張短縮サイクルの全体像

そこで、「伸張短縮サイクル」という体の壮大な仕組みも含めて、
ここで改めてそれらの仕組みの全体像を見てみましょう。

筋肉が引き伸ばされてくると、
筋肉の中の長さに対応するセンサーが反応して
脊髄に伸ばされたことを知らせる信号が送られます。

そして、脊髄では伸ばされた信号を発したセンサーのある筋肉に向かって、
筋肉を縮める信号が発せられます。

これは「伸張反射」と呼ばれ、
伸ばされている筋肉は勝手に縮もうとします。

特に大きく素早く伸ばされるほど「伸張反射」は強く発生します。

そして、神経の伝達速度を見ると、ざっとした分類になりますが
大脳からの運動神経伝達速度 15〜40m/sに対して、
伸張反射伝達速度 70〜120m/sとなっています。

これは伸ばされている筋肉が「伸張反射」で収縮しようとする場合は、
自ら力を出して筋肉を縮めようとするよりも
2倍以上ぐらい高速に伝わることを示しています。

このような違いは、そもそも「伸張反射」は
筋肉が切れないための防衛反応だったり、
姿勢制御のための仕組みだからです。

また、「伸張反射」が起こす動きは、
大脳が関係していないので力を出している感じがしません。

さらに、大きなパワーを発揮することにプラスされる、
体のすごい仕組みがあります。

筋肉の使い方の違いで、
伸ばされながら縮もうとすることを「伸張性収縮」
縮みながら収縮することを「短縮性収縮」と言います。

具体的な体の使い方でいうなら、
受ける力で伸ばされながら耐えている状態が「伸張性収縮」、
自ら出そうとする力で体を動かすのが「短縮性収縮」です。

そして、「伸張性収縮」の状態では「短縮性収縮」よりも
2倍以上のパワーを発揮できます。

筋肉が伸ばされることでエネルギーが蓄積され、
さらに強く速く伸ばされることで「伸張反射」が発生し、
伸ばされながらも縮もうとする「伸張性収縮」となります。

この「伸張反射」と「伸張性収縮」のダブルパンチで
筋肉は単なる「短縮性収縮」で自らがんばって力を出そうと
しているときよりも2倍以上の大きな力を発揮します。

さらに「伸張反射」と「伸張性収縮」による大きな力で、
筋肉が骨につながるところにある通常は筋肉よりも硬い腱までもが伸ばされて、
腱にも大きなエネルギーが溜められます。

そして、最後に急激に伸びとしてのしなりを強めて
それがピークを過ぎると、
筋肉と腱がしなり戻ろうとする力が一気に解放されます。

この伸びて縮むことで大きなパワーを発揮する仕組みが、
「伸張短縮サイクル」です。

まさに軽く振ったのに飛んだと言う、誰にでも一度や二度は経験のある
何とも気持ち良いショットのときの立役者が「伸張短縮サイクル」です。

ところが、伸張反射の逆の働きを行う反射となる
ゴルジ腱反射も同時に発生します。

筋肉を骨につなげている腱には力の大きさに反応するセンサーがあり、
大きな力が加わるほど今度は脊髄反射で対応する筋肉をゆるめて
腱が切れないように防御しています。

このときの脊髄反射がゴルジ腱反射です。

高い運動能力を発揮したければ、
このゴルジ腱反射の発生を抑えることが必要です。

そして、しなりを使った動きでトレーニングを積めば、
このゴルジ腱反射を抑制することができます。

まさに使える動きとパフォーマンスアップが可能

「クラブ両手持ち往復素振り」を行えば、
まさに使える動きとパフォーマンスアップが可能となります。

くれぐれも言わせていただきますが、最初は小さな振り幅でやりましょう。

いきなりフルショットぐらいで振ろうとすると、
クラブがガチャガチャぶつかり合ったり思いもよらぬ軌道を描いて
まさかのところに当たってしまったりします。

それほど普段は案外気づかない余計な力でクラブをコントロールしています。

まずは腰の高さ程度の振り幅からはじめて、
両手に持ったシャフトが常にほぼ平行を保って同期して動いてきたら、
もう少し大きく振るというようにやってみましょう。

そして、いくら小さな振り幅だからといって、
脚をおろそかにしてはいけません。

冒頭でもお伝えしたように、小さな振り幅の中でもしっかり脚を使って、
脚の動きで上半身を動かすようにします。

さらに、トップに向かう切り返しでは、
しっかり両股関節を入れて「間」をつくりながら両脚で地面をしっかり捉えて
力を出しやすい体勢を整えてからパワーを加えましょう。
 

では、また。
 

<本日のオススメ>

ビジネスゾーンを実践するあなたに朗報です。

ゴルファーの実に90%が
悩んでいるとされるスライス。

あなたがもし、そんなスライス持ちならば…

プロのような練習時間はとれなくても、
ビジネスゾーンを使ってドローボールを
打てるようにする方法を小原プロが構築しました。

その方法をこちらで公開しています。

商品の詳細はコチラをクリック!

期間限定でのご案内。10/14(水)まで
 

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ドリル, ビデオ, 伸張短縮サイクル, 力み, 新着ビデオ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。