なかなか飛距離が伸びない人へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.03.26
img1

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。


“グリップはスイングの
 すべての要素に関わってくる”

タイガー・ウッズはグリップについて
こんなことを語っていました。

クラブフェースの向き
アドレスやボールの位置
ゴルフスイングの軌道

ゴルフグリップはこれら全てに
影響を及ぼしているというのです。

グリップを変えることで、
インパクト時のクラブフェースの
向きが変わるということは
あなたもご承知だと思います。

ですが、グリップを変えることで
アドレスやボールの位置が変わる、
スイング軌道まで影響がある、

そこまで意識して
あなたはグリップしていますか?

伝説のレッスンプロ、
ハーヴィー・ペニックは自身の著書で
こんなことを指摘していました。

「ゴルフスイングの問題の
 9割はグリップかスタンスにある」

もしあなたが、
スライスやフックといったミスショットや
飛距離に悩んでいるとしたら

スイング軌道を修正したり
ヘッドスピードを上げるためのトレーニングをする以前に
ぜひ【グリップ】を見直してもらいたいのですが、

今日はメールの件名の通り、
飛距離の伸び悩みを解決するための
グリップのお話をさせていただきます。



スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



冒頭の話に戻りますが、
グリップがボールの位置やアドレス、

そして、
スイング軌道にまで影響を与える理由、、、

例えばボールの位置なら、
フックグリップ(ストロンググリップ)に変えることで
ボールを右寄りに置きたくなるはずです。

これはフェースが早い段階で閉じるため
左寄りにボールを置いてしまうと
引っ掛けやチーピンといった左のミスが
頻発するようになってしまいます。

それを防ぐために、
ボールを右寄りに置くことになると思いますが、
これはまさにグリップが影響と言えるでしょう。

そしてスイング軌道は不思議なことに、
グリップを変えると自然と変化します。

スイングを意識して
変えるのは非常に難しいことですが、

グリップを変えるだけで自然と
スイングまで変えることができるのです。

スイングプレーンや軌道は
グリップが作っているわけなんです。

飛距離が伸びるグリップ

そして、動画でご紹介した
左手のこぶしを意識したグリップですが、
フックグリップ(ストロンググリップ)などと
呼ばれる握り方をご紹介しました。

両手をダランと、肩から脱力して垂らしたときに
手の甲が斜めを向くことで分かる通り、

実はフックグリップ(ストロンググリップ)は、
左手に一番不可のかからない、
安定したポジションというわけなんです。

そのおかげで、
インパクト時にアドレスを忠実に再現し
フェースが開くことなく、ロフト通りに
ボールが飛び出すというわけです。

ただ、一つ難点としては、
グリップを変えるのは非常に困難だということ。

いざ練習場でグリップを変えてみると、
良くなるどころか、まったく打てなくなってしまうほど
非常に強い違和感を覚えるでしょう。

ですが、この違和感を克服して
はじめて理想の弾道が手に入ります。

ぜひあなたには、
強い覚悟をもってグリップを
修正してもらいたいのですが、

例えば、ゴルフを練習する時以外にも
グリップを握る練習を日常に取り入れることで
短期間で違和感を克服することができます。

テレビを観ながら
ゴルフグリップを作ってみる、
というような方法ですね。

飛距離アップ以外にも
あらゆるミスショットの根本的な解消に
とても効果的ですので

ぜひ試してみてください。

小原大二郎


<本日のオススメ>

お待たせしました!

あなたを悩ませるバンカーから
あまりにも簡単に脱出できてしまう

『バンカー名人(Bunker Meijin)』

待望のリニューアル公開です!

バンカーだからといって
アドレスを変えることなく、、、

いつもどおりのスイングで
あっさり1打で脱出してしまう。

バンカーが苦手な方にはまたとない
スコアアップのチャンスです。

数量限定となりますので、
どうぞお早めにご確認ください。

https://g-live.info/click/bkmj2103/




The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: スコアアップ, ビデオ, 動画, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。