[ビデオ]ピタッ!と寄せるアプローチ技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.11.19
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

ゴルフのスコアを落としてしまう原因として、
一番最初に挙げられるものと言えば、
ミスショットですよね?

先日、ゴルフ場でこんな光景を見ました。

グリーンまで残り80ヤードくらい場面でした。
その方は、ドライバーショット、アイアンショットを
順調に進んできてたのでしょう。

「このままいったらバーディーかパーは確実!
よし!気合入れるぞー!」

バーディーチャンスにとても意気込んでいました。

しかし、この方の結果は、ダブルボギー。。。
先程の気合を感じられないくらい落ち込んでいました。

みなさん、ご存知だとは思いますが、
アプローチの実力がスコアの差にもなると言われるほど、
結果を大きく左右します。

大事な場面なだけあり、
緊張からトップしてしまったり、
ボールの手前をザクッ。とダフってしまったり…

という経験から苦手意識をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

アプローチに自信が付けば、
グリーン周りでも余裕を持ってプレーを楽しむ事ができます。

ふわっと。ピタッと。止まるアプローチショットが
打てた時って気持ちいいですよね!

大事な場面で気持ちいいアプローチショットが
打てるポイントとは?

こちらでお伝えしていますので、
ぜひ、ご覧ください。

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

意外と大事な
アプローチの練習

先程も説明しましたが、
アプローチショットというのスコアに直結するとても大事な場面ということ。

練習場ではほとんどの人が、ドライバーやアイアンでバチーン!と
ショット練習する人は多くいますが、
アプローチの練習をしている人は僅かです。

もちろん、ドライバーやアイアンなどメインクラブでの
練習もとても大切です。

以前、古閑美保プロ、北田瑠衣プロとお話した時に
こんなことを言っていました。

>古閑美保プロ
『ショット3時間、アプローチ3時間、 パター3時間くらいを目安に
1日9時間くらいというのが基本の練習スタイル』

>北田瑠衣プロ
『片山晋呉さんの合宿に参加をさせてもらった際に、
最初の合宿の一週間ぐらいは右手一本のアプローチですかね。
朝から晩まで一日中やった記憶があります。』

このようにプロでも1日3時間、1週間などかなり時間をかけるほど
重要な練習だという事が分かりますね。

ぜひ、みなさんも日頃の練習でもアプローチショットを取り入れてください。
最初の正しいアドレスから、正しい打ち方、正しいスイング
この基本を身に着けることがアプローチを成功させるための第一歩です。

アプローチはその時その時で状況が違います。
どの状況でも正確に打てるように、
身に着けた基本の打ち方を応用しなければなりません。

スイングの基本を抑えた上でそれぞれの状況に合わせた
構え方、打ち方を段階的にマスターしていくと、
どのような状況でも正しいアプローチが打てるようになるのです。

あなたがもし、アプローチショットが苦手だなと感じていたら、
ぜひ、この機会に少しでも克服できるように応援しています。

それでは、またメールします。

小原大二郎




<本日のおすすめ>

ドライバーショットが
「もっと真っ直ぐ飛ばせれば…。」と
思ったことがある人は必見。

飛距離、方向性、ミート率アップに繋がる
ドライバー練習のための秘密アイテム

『Power Driver EZ 』
(パワードライバー・イーゼット)

が人気にお答えして再入荷!

入荷した数に限りがあります。
無くなり次第終了となりますので、
気になる方は、お早めに申込してくださいね!

https://g-live.info/click/tobashi_hs2111/

※71本限定販売です。



The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: 100切り, 90切り, アプローチ, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

[ビデオ]ピタッ!と寄せるアプローチ技術」への1件のフィードバック

  1.  やっちゃん

    今晩は。本日の動画付きご指導ありがとうございました。
     ダブリ、トップで大事なアプローチ失敗。基本のアドレスからクラブシャフト等の位置をもう一度
    鏡でチェックします。

     

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。