上田桃子も実践!パッティングドリル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.01.11
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「上田桃子プロも実践!のパッティングドリル」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

これはぜひ、あなたにもやってほしいドリルです。
それは。。。

許容範囲は「10.8センチ」

言うまでもないことですが、
パッティングは他のショットと違って
ターゲットがカップになります。

ですので、たった10.8センチ程度しか
許容範囲がないことになります。
 

そのため、フェースが少しでも開いて当たったり、
ヘッドの軌道がぶれて出玉が左右にズレると
致命的なミスとなってしまうわけです。
 

それなのに。。。

アマチュアは向きや軌道にあまりに無頓着

それなのに、アマチュアゴルファーの方々は
フェースの向きや軌道に、あまりにも無頓着すぎます。
 

 「いや、江連プロ。
  私はちゃんと目標に向けて真っ直ぐ打っています!」

 

そんなふうに思っているかもしれません。
 

ですが、自分では目標に向かって
真っすぐ打っているつもりでも。。。
 

実際にはそうなっていない人が、ほとんどなのです。
おそらく、アマチュアの半数以上の方が
 

 ・フェースが右を向いて(開いて)

 ・カット(アウトサイドイン)に打ってしまっている
 

そんな状態だと思います。
 

 「でも江連さん。
  実際にフェースを開いてカットに打っていても
  狙ったところに行けば、いいじゃないですか」

 

そんなふうに思ったかもしれません。

ですが、そのような打ち方ですと球にサイドスピンがかかり
どうしても転がりが悪くなってしまいます。

ですのでやはり、
 

 ・真っすぐ構えて

 ・真っすぐなスピンで打つ
 

こうした打ち方のほうが、
入る確率を高めることができます。

ヘッド軌道をストレートにするドリル

とは言っても、プロにとっても真っすぐ構えて
真っすぐなスピンで打つというのは。。。
 

目の錯覚なども邪魔をしますので
一筋縄では行かず難しいのもまた事実です。
 

ということで、ここで登場するのが
上田桃子もやっていた、以下のパッティングドリルです。
 

 ●用意するもの:ゴムひも
 (両端をティなどにつないで、地面に突き刺せるようにします)

 ●やり方:

  1.ホールと自分が構えているボールが一直線になるように、
    ゴムひもを地面に突き刺します。

  2.パターがそのゴムひもの下を
    スムーズに動かせる程度の高さに保ちます

  3.このゴム紐の下でストロークをして、
    ヘッド軌道がまっすぐになるように繰り返します

 ●留意点:
  ホールより少し先までゴム紐を伸ばしておくようにして、
  真っすぐ転がっていくイメージをしっかり持って
  ストロークしていきましょう

 

繰り返しになりますが、このドリルは上田桃子をはじめとして
多くのプロにやらせて来た効果の高い方法です。

グリーンじゃないと練習できないのかと言われそうですが
ペットボトル二本の間にゴムひもを渡せば、
自宅でも実践可能ですので。。。
 

あなたもぜひ、お試しください。

追伸:私の新刊書籍が出ました

すでにご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、
ゴルフライブから私の新刊書籍が出ました。

 『ベン・ホーガンの永久不滅のパワードライブ理論』

2022-0111_1

今回の刊行を記念して、人数限定での
「スペシャルパッケージ」をご案内中です。

よろしければ、下記よりチェックしてみて下さい。

詳細はコチラをクリック
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ツアープロ, ドリル, パター, パッティング, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。