【ビデオ】『ハーフウェイダウン』の重要ポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.01.08
服部hattori

From:服部コースケ
沖縄の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

本日もメールをご購読いただき
ありがとうございます。

2022年!
遅れましたが、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

本年一発目のメールになるのですが、
今日はゴルフでまっすぐ飛ばすには、
クラブフェースの向きが重要!

という事についてお話していこうと思います。

打った瞬間に右にプッシュアウトしたり、
引っ掛けたりしてしまう場合は、
明らかに「フェース面」が原因となっています。

これをしっかりと構えることができれば、
あなたの思い通りのところに
ゴルフボールを運ぶことができます。

特にアマチュアゴルファーの方は、
圧倒的にスライサーが多く、

ゴルフを始めたばかりの方は、
大体スライスを経験しますし、

長年ゴルフをやっていても
スライスから抜け出せない人が多いものです。

これらを正すためにも改めて感じてほしいポイントが、
クラブを振り下ろす時の『ハーフウェイダウン』です。

ぜひ、一度ご自分のクラブが
どのような軌道を描いているのかを、
練習時に確認してみましょう!

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

正しい軌道のスイングには
前傾姿勢が大切

ダウンスイングで前傾姿勢をキープすることが大事だという事は、
誰でも分かっていると思いますが、
いざやろうとするとできていない方も意外と多いものです。

大抵のアマチュアゴルファーの方は、
ダウンスイングで体が起き上がり、

それと共に手元も引き上げられてしまうので、
結果的にプッシュアウトやチーピンになってしまうことが多く、

たまに上手く打てたとしても、また崩れてしまったりと
不安定なプレーになってしまいます。

前傾姿勢をキープするためには、
体重のかけ方を意識してみてください。

前傾姿勢が崩れないプロゴルファーは、
かかと側に体重がかかっているので、
ボールと適切な距離をとりながら振り抜けるというわけですね。

もし前傾姿勢をキープできないのなら、
切り返しで「右足のかかとに体重をかける」
ことを意識してみて下さい。

前傾姿勢をキープすることで、
クラブをライ角通りに使えてきますので、

これだけでもミート率が上がり、
飛距離アップにも繋がってきますので、

スイングが安定しない方は、
今一度ご自身のスイング時の姿勢も
チェックしてみてくださいね!

2022年も皆さんのお役に立てるような
内容をお送りしていきたいと思いますので、
本年もどうぞよろしくお願いいたします!

服部コースケ




<本日のおすすめ>

全てのグリーンで実力を発揮したい
ゴルファーの方必見!

自宅練習で最大20mのロングパットが
練習できる練習マットが登場

・練習しても本番で距離感が合わない
・3パットがなかなか減らない
・ロングパットが苦手…

特に、冬芝ではアプローチが上手く打てず
パターで寄せていくというのも1つの手法です。

ロングパットも上達できるパター練習器具

『In Birdie Smart+』

50セット限定販売となっておりますので、
お早めに手に入れて下さいね。


https://g-live.info/click/inbirdie_2201/



The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アドレス, スイング, メルマガ, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。