【ビデオ】手首にロックかかってないですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.04.23
服部hattori

From:服部コースケ
沖縄の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

本日もメールをご購読いただき
ありがとうございます。

ずいぶんと暖かくなってきましたね!
沖縄では海に入っている人もちらほら出てきました!

さて、今日飛距離アップに大事な手首の動きについて
お話していこうと思います。

ドラコンの世界で戦う選手たちは、
飛ばしの秘訣として持ち寄る武器も実に多様です。

筋力であったり、体格であったり、テクニックだったり。
質量やスピード、主力とする体の部位も人によって違います。

でも、共通して言えることは「手首」です。

これは、手首を鍛えましょうという意味ではなく、
逆にチカラを入れすぎないようにして欲しいということです。

飛距離が伸びない。と悩んでいる方のほとんどが、
この「手首」を使えていないケースが多いです。

今日は、飛距離アップに有効的な手首の使い方について
アドバイスしていこうと思います。

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

自然な動きの中で飛ばしましょう!

飛距離を狙ってゴルフスイングをしようと思うと、
多くのゴルファーはグリップを強く握ってしまうことです。

動画でも説明していますが、
グリップを強く握ると手首にロックがかかり、

スライスしたり、トップしたりと弊害があるので、
なるべく力を抜いていきましょう!

ゴルフスイングにとって、手首の動きはとても重要なので、
なるべく柔らかい手首で入ることが正しいインパクト。

そして、飛距離アップにとって大切なことになります。

手首はクラブとの連結部分としても重要なパーツ。
また、怪我のしやすい部分なので、
練習やラウンドの前は十分にストレッチを行ってくださいね。


<本日のオススメ>

適合なのに違反級のドライバー登場!
『DIRETTOドライバー』
なぜ、適合なのに違反級なのか…

それは違反級の高反発フェースと呼ばれる
大同特殊鋼β型チタン合金【DAT55G】を採用し
「超」高反発フェースだからです。

通常のドライバーには搭載されていない
飛距離アップ性能を持った『DIRETTOドライバー』

あなたも手に入れてみませんか?

詳細はコチラ

本日も最後までご購読いただきありがとうございました。

服部コースケ

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アドレス, スイング, メルマガ, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。