【ビデオ】フィニッシュでふらついていませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.05.07
服部hattori

From:服部コースケ
沖縄の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

本日もメールをご購読いただき
ありがとうございます。

GW期間中いかがお過ごしですか?
ゴルフをする時間はありましたか?(^^)

沖縄のゴルフ場では、
「久しぶりに沖縄のゴルフ場に来た!」
という方もいたようです。

さて、今日は体重移動について
アドバイスしていきたいと思います。

ゴルフの体重移動と言えば、
左右の体重移動を考えると思いますが、

今日ご紹介していくのは「前後の体重移動」です。

ゴルフと言うのはあなたもご存知の通り
前傾姿勢でスイングしますよね。

しかし、前傾姿勢をキープするために
極端な「つま先体重」になっている
アマチュアの方って意外と多いんです。

プロのようにフィニッシュで
美しく止まることができていますか?

極端な「つま先体重」になっている方は、
ボールを打った後、フィニッシュで前傾が保てず、
フラッとして一歩前に出てしまいます。

もし、心当たりがあるという方は、
前後の体重移動が原因かもしれません。

フィニッシュでバランスよく立つためには
ベストな重心位置をキープして振ることが大事です。

ぜひ、今日のアドバイスを参考にしてみてください!

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

バランスの良いフィニッシュを!

「フィニッシュはゴルフスイングに
 おいてとても重要なポジションである」

と言ったのはジャック・ニクラウスです。

フィニッシュを軽視している人も多いのですが、
フィニッシュというのは良いスイングができたかの
バロメーターになります。

ナイスショット出来た時というのは、
自然とフィニッシュはいい位置に
おさまってくれていませんか?

まずは、動画でも説明したバランスを意識していきましょう。

素振りをしてフィニッシュをバランスよく決める
スピードとリズムをつかみます。

初めはゆっくりスイングして
段々とスピードを上げていきます。

どのくらいまでスピードを上げると
バランスが崩れるか。

スピードだけではなく切り返しのタイミングやリズムも
しっかりと意識して素振りしてみましょう。

そして一番早いスピードも把握しておきましょう。
バランスを崩す直前までしっかり振るスイングです。

これが分かっていれば自分の最大飛距離が
出しやすくなります。

この感覚を身につけるためには、
意識しながら素振りをするだけでも分かってきますので、
ぜひ、取り組みしてみてください。

本日も最後までご購読いただきありがとうございました。

服部コースケ




<本日のオススメ>

世界最高のゴルフ特化スマートウォッチ
『GARMIN Approach S62』

GARMIN社はもともと、船舶や航空機などの
業務用のGPSを開発する会社です。

その知見を生かした時計型の各種スポーツで使用される
GPSウォッチ商品はサイクリングやマラソンなどで、
業界1位の地位を確立しています。

『Approach S62』はそれらの技術を生かした、
最高のゴルフウォッチとして、
正確なゴルフ場のコース情報と距離表示を行い
正確なコースマネジメントを実現してくれます。

https://g-live.info/click/garmin_hs2205/
※先着100名様限定となっておりますので、お早めに。


The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アドレス, スイング, メルマガ, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】フィニッシュでふらついていませんか?」への1件のフィードバック

  1. lリフレッシュ

    初めまして、いつも視聴させて頂いてます。判りやすく大変参考にさせて頂いてます。
    今回の体重移動では、両足の土踏まずで行う様にと小原さんのビデオではご説明でした。また、これは個人的な問題で私は現在71歳、脳腫瘍により体感が健常者より若干劣り、バランス感覚が悪くなりティークバッグ時に右腰を後方向にすると球の弾道が一定の当たりが伴わない。が現状です。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。