パターの距離感がグンとUPのドリルはコレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.05.17
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「パターの距離感がグンとUPのドリルはコレ」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。

パッティングの距離感については
素振りが大事だということをお話ししましたが、

では、実際にはどのような素振りをしたら
よいのでしょうか???

素振りでイメージを鮮明にすること

前回のメールマガジンで
以下のようなことをお話ししましたが、

パターのノーカンを直したいならコレやって

https://g-live.info/click/220510_nikkan/

 

素振りを行う上では、
 

 ・球がどのくらいのスピードで

 ・何秒間転がって

 ・どんなラインを描くのか
 

これらをできるだけ鮮明に
イメージすることが大切です。

これらのイメージがなかなかできないというのは
自分の中でのデータが足りない証拠ですね。
 

これらを実際のパッティングに落とし込むと
 

 1)どのくらいの振り幅と

 2)どのくらいのヘッドスピードで打ったら

 3)どのくらいのスピードで転がるのか?
 

ということになり、これらの情報を毎回
頭の中にインプットする癖をつけておきましょう。

素振りのイメージ作りで必須のこととは?

そして素振りを行う上ではもう一つ、
イメージを作る上で心がけて欲しいことがあるのですが。。。
 

それは一体、なんだと思いますか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 素振りの時でも、イメージの中で
 球が止まるまでフィニッシュを崩さないこと

 

です。
 

これを心がけることによって、転がった距離に対する
振り幅のイメージが鮮明になり。。。

何よりも、体のエネルギーでストロークして
芯に当たる感覚がつかみやすくなるはずです。
 

この、素振りでフィニッシュを崩さないことについても
ぜひ、続けてみてください。

それを踏まえて… 距離感をつかむためのドリル

ということで、自分は距離感の悪いと思っている方は
ぜひ、こんなドリルもやってみて下さい。
 

 <距離感向上トレーニング>

 1)まず最初に、少しショートする大きさで素振りをする

 2)次に、少しオーバーする大きさで素振りをしてみる

 3)その次に、今度はそれまでの二打の中間の大きさで素振りをする
 

そしてもちろん、実際のパッティングの本番では
この3の感覚にできるだけ近づけたストロークをするように
心がけましょう。

そうすることで、より距離感がつかみやすくなります。
 

たとえば、どんなに優れたピアニストであっても
リハーサル無しに舞台に上がることはありませんよね?
 

それはゴルフでも同じです。

素振りというのは、
本番前の大切な「リハーサル」と言えるのです。

なので、素振りをもっと、大切にしてほしいですね。
 

例えば、3回に1回くらい入る距離であれば、
2回素振りをして、イメージの中で2回
パッティングを「済ませて」しまいましょう。

実際に同じところから打つのが「3回目」なわけですから、
カップインの確率はグンと上がるはずです。
 

これらのパッティングの素振り、
次のラウンドで早速、試して実行してみてください。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

「アイアンを変えただけで
 これほど見違えるほどのショットが打てるなんて、
 ちょっと信じられません…」

喜びの声多数のこのアイアンには
実はある【業界初の秘密】があると言います。

異例の構造で作られたDIRETTO(ディレット)
アイアンが生み出す理想の弾道が…

曲がらない弾道で正確にボールを運び
スコアアップを助けてくれることでしょう。

徳嵩フィッターをして、
「ウチの工房でも取り扱い」と言わしめた
そのアイアンの詳細はコチラ。

詳細はコチラをクリック

本数限定。まもなく終了
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ドリル, パター, パッティング, メルマガ, 新着メルマガ, 距離感 | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。