連発するベタピンを妨げる病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.05.16
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

プロゴルファーも
アマチュアゴルファーからも
一番嫌われているミスショット。

前触れもなく突発的に出て、
連発してしまうやっかいなボール。

その後のプレーではスイングもメンタルもみだれ、
ボールをピンに近づけることができなくなる…

さて、本日はそんなゴルファーを悩ます
シャンク病についてお話させていただきたいと思います。

シャンクに限らず急なミスショットは、

心が乱され突如として
いつもどおりのプレーはできなくなってしまいますよね。

「ちゃんと当てなきゃ」
「ちゃんとボールをヒットしなきゃ」

と「当てに行く」という気持ちが、
どんどん自分自身にプレッシャーをかけ、

余計な力が入ったまま、
手を使いにいってしまいます…

抜け出せないシャンク



俯瞰で見るといつもどおりのスイングが出来ていないこと
が一目瞭然だと思うのですが、

いざ当事者になりますと
大事な場面で自分のスイングを失い、

また同じようにクラブのネックの部分に当たってしまって
シャンクが出てしまうので2回、3回と続けて出てしまいます。

こうなってしまうと、
プレーを続けるのもしんどくなってしまいますよね。

やはり楽しくゴルフをしたいので、
こうなってしまった場合の応急処置を覚えておくと
いざという場面でスイングを取り戻すことが出来ます。

シャンク改善への2ステップ



まず1つ目。

1つ目は先ほどもちょっとお話した通り、

ダウンスイングの時に、
手と体が離れてしまうことでクラブのネックに当たって
シャンクしてしまうことが多くあります。

スイングのときに手元が身体から離れていると、
手が先行してヘッドが遅れてインパクトに向かう
振り遅れの状態になってしまいます。

これはフェースが戻りきらず
フェースが開いた状態のまま
インパクトを迎えることになりますので、
シャンクの原因となります。

そこで、シャンクが出てしまったときには、
アドレスしたときのボールの位置をチェックしてください。

もちろん近すぎてもよくないし、
離れすぎても問題があります。

まずいつものシャンクが出ていた構えから
5cmほど下がっていただいた状態で、

ちょっと遠く感じるくらいで
ボールを打つようにしてください。

ダウンスイングでグリップが身体から離れないで打てる
ボールの位置がベストです。

ボールをクラブのネック側で打ちすぎている場合には、

ボールとの位置を調整することで
うまくヒットすることが出来るようになります。

そして2つ目。

2つ目はやはりシャンクというのは、
ヘッドから離れる動きで出ることが多いので
そういった時と言うのは、大体手打ちになっております。

手打ちと言うのは文字通り、
腕だけを動かしてボールを打つような動きが手打ちと呼ばれていますが、

手打ちになってしまっているという場合には、
しっかり肩を回すことを意識してください。

シャンクが一発出てしまったら、
クラブを肩に担いでなるべく顔は元の位置から動かさないように
ゆっくりと90度回るようにしてください。

回転がきついと感じられる方は、
無理をせず体を痛めてしまうことのない加減で、
3回ぐらいやっていただいてから構えて、

ボールを打っていただけると
シャンクというのが出なくなってきます。

最後に・・・



突発的なシャンクを解消するには、
思い切りが必要です。

もしシャンクが出てしまったら、
ぜひ今日お伝えした2つのステップを
一緒にやっていただけると良いのですが、

今、私がお話したうちの
2つのうち、1つでも構いません。

ボールから離れるのか
それとも、肩をしっかり回すことを意識して打つのか

どちらでも構いませんので

どれか1つを行っていただければ
シャンクを防ぐためのきっかけになります。

シャンクはほっておくと
何度も引き起こされてしまいますので、

シャンクが連続して続いてしまうときには、
ぜひ、参考にしてみてくださいね。



<本日のおすすめ>

徳嵩フィッターが数千人にも及ぶ
ゴルファーの生の声とスイングデータを
取り入れて設計された唯一無二のクラブ

『ビジネスゾーンウェッジ』

“究極にやさしい” をコンセプトに、
日本屈指の技術力を誇る藤本技工様により
完全特注で作られました。

寄せワンのチャンスの時に限って
ザックリやダフリのミスが出て
ショートしてしまったり、

トップが出てグリーンを
オーバーしてしまったり、

バンカーを超えられずにハマって
大叩きしてしまった経験があるなら…

このウェッジがアプローチの悩みを
一掃してくれることでしょう。

https://g-live.info/click/bzwedge2205/

※23セット限定。なくなり次第終了となります。



The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

連発するベタピンを妨げる病」への1件のフィードバック

  1. 加藤俊夫

    参考にします。小原プロの指摘は当たっているので、シャンクが出たら必ず実行してみます。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。