たったコイン1枚だけでパター上達!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.05.24
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「たったコイン1枚だけでパター上達!?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

コインを一枚、用意して下さい。

どんなものでも構いません。

それだけで、パターの入る確率が
グンとアップします。どういうことか?

コインドリルのやり方

こんなコインを使ったドリルを、やってみてください。
 

 1.ボールからライン上10センチくらい先に
   コインを一枚置いて下さい(コインなら何でもOK)

 2.パッティングで通常通り構えます

 3.その状態から、7メートルくらいの距離を
   打つつもりでパターを打ちます

 

たったこれだけです。
 

 「え、江連さんこれで何がよくなるんですか?」
 

はい。これをやってみて、
 

 ・コインにボールが「カツっ」と当たれば、OK!

 ・コインにボールが当たらず、ボールがコインの上を
  通り抜けて転がって行ってしまったら、NG。。。

 

というものです。

パッティングでの「スキップ」

あなたはパッティングで
「スキップ」と呼ばれる状況があるのをご存知でしょうか?

簡単に言うと、インパクト直後にボールが少しだけ
キャリーする(跳ねる)状況のことです。
 

ご承知のとおり、パターにもだいたい
3~4度くらいのロフトがあります。

そして、ボールは芝に少し沈んで止まっているので、
インパクト直後に跳ねてしまうんですね。

これを「スキップ」と言います。
 

このスキップの距離が長いと、
着地してからのボールの転がりが悪く
 

 ・距離がカップまで届かなかったり

 ・芝目に負けて余分に切れてしまったり
 

ということで、カップに入る確率が
どうしても低くなってしまうのです。
 

逆にスキップが少ないと、横滑りするように出て
順回転が早い段階でかかります。

そうすると傾斜や芝目に負けない強い転がりを見せ、
カップに入る確率も高くなる、というわけです。

コインに当たるようなストロークを

ということでもし、
先ほど紹介したコインを置いたパッティングをして
コインに「カツっ」と当たったら。。。
 

スキップは少なく、問題がないと言えます。
 

ですが、コインに当たらず、
ボールがコインの上を通り抜け転がって行ってしまったら、
それはスキップが多い証拠です。
 

プロのボールを見るとよくわかりますが、
スーっと滑らかに、そして止まりそうに見えても止まらずに
転がっていくのは。。。
 

まさに「スキップ」しないからなんですね。
 

逆に、芯で打てていないと、
どうしてもスキップをしてしまいます。
 

ということで、今回ご紹介したドリルで
 

 ・コインに当たるようなストロークを見つけて

 ・安定して芯で打てるように練習をすること
 

この「コインドリル」によって、コインに当たる、
つまりスキップが減らすようにしてください。
 

そうすることで、カップに入る確率も
今より高まっていくことでしょう。
 

ぜひ、お試し下さい。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

東京大学・客員研究員を務めた
異色のゴルフコーチ、大森睦弘氏が暴露…

脳をダマすとゴルフの
すべてがうまく回り出す!
「ゴルフ・サイエンスハック」とは?

詳細はコチラをクリック!

詳細はコチラをクリック

梅雨入り直前限定… まもなく終了
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: スコアアップ, ドリル, パター, パッティング, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。