【ビデオ】全自動でボールが捕まり飛ぶ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2023.11.07
ishii-150x150

From:石井忍
東京のゴルフスタジオより、、、

こんにちは、ゴルフインストラクターの石井忍です。

私の過去のメールマガジンの記事については
右のバックナンバーからご覧いただけます。
よろしければどうぞ。
 

さて、今日は
ボールが捕まらず飛ばない、
スライスしてしまう
という方向けのビデオです。

今回は捕まえるためにどうするか、
というお話なんですが…

どんなゴルファーでも
クラブでボールを捕まえていきたいですよね。

たとえフェードを打つとしても
いわゆる擦り球ではなくて、
ボールを捕まえていきたいわけです。

では、そのためにはどうすればいいかというと…?

捕まえていくのに球筋は関係ない

捕まえながら、フェードを打つ。

捕まえながら、ストレートを打つ。

捕まえながら、ドローを打つ。

これについて、捕まえていきたいというのは
球筋は関係ありません。

そのためにはとにかく、
クラブヘッドが時計回り方向に回転しながら当たるのは、
ふさわしくないわけです。

(バンカーショット、ロブショットなどはのぞく)

そうではなくて、反時計回りの方向に
クラブヘッドをナチュラルに動かしながら
ボールをコントロールしていく
必要があります。
 

では、時計回り方向ではなく
反時計回り方向に動かしていくには
どうしたらいいのか?

そのためには、何を意識するのか…?

実はこれ、たった一つのことに気を付けるだけで
まるで全自動のように、
面白いように捕まるようになります。

その方法とは…?

今日はビデオでそのへんについて
詳しくお伝えしていきたいと思います。

それでは、どうぞ。
 


パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。


 

ご紹介したこれをやっていただくだけで、
自然にフェースがターンしていく方向に
引っ張られていきます。

結果、面白いぐらいに捕まるようになります。

フェースが勝手にターンしてくるこの動き、
軽くハーフショット・ハーフスイングしながら
このシステムを、まずは感じていただきたいです。

 「こんなにクラブはターンしていくんだ!」

 「ターンって、自分で能動的にやるものではないんだ…」

 「むしろ受動的にターンしていくものなのね」

そんなことが、軽く打ちながらでも
感じていただけるはずです。

ぜひ、やってみて下さい。

JLPGAプロテスト終了

合格率、わずか3%…

年齢のレギュレーションが変わったことで、
プロテストのレベルは想像以上に高くなっています。

その狭き門は
「え? 本当に同じ大きさなの?」
という感じです。

選手の海外への流出が加速する今こそ、
門戸をフルオープンにして、ツアーのレベルと競争率を
上げていかないとまずい気もしています。

ですが、それはさておき
合格したみなさん、
本当におめでとうございます。
 

それでは、また次回お会いしましょう。

石井忍
 

<本日のオススメ>

 「スコアを良くしたい。」
 「飛距離を伸ばしたい。」
 「過去の自分に打ち勝ちたい。」

ゴルファーであれば持っているこの「願い」を
江連忠プロが叶えるために立ち上がりました。

今のスコアや飛距離に決して満足しないあなたへ。
今まで語ってこなかった

 『賞金王に教えた非道徳な上達の裏技』

を21個収録したのが、
この【スコアメイクシステム2.0】です…

詳細はコチラをクリック!

期間限定のご案内。どうぞお早めに
 

The following two tabs change content below.
石井忍

石井忍

石井忍(いしい・しのぶ)1974年8月27日、千葉県生まれ。13歳からゴルフを始める。日本大学ゴルフ部を経て1998年にツアープロ転向。ツアープロとして活動した後、指導者へと転身。男女問わず多くのツアープロをツアー優勝へと導く。現在では自身がプロデュースする「エースゴルフクラブ」でアマチュアへのレッスンも行う。プロとアマの両面を知り尽くした教え上手で、とりわけショートゲームの理論は注目されている。袖ヶ浦CC所属。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: スライス, ドロー, ビデオ, フェード, 新着ビデオ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
石井忍

石井忍 について

石井忍(いしい・しのぶ)1974年8月27日、千葉県生まれ。13歳からゴルフを始める。日本大学ゴルフ部を経て1998年にツアープロ転向。ツアープロとして活動した後、指導者へと転身。男女問わず多くのツアープロをツアー優勝へと導く。現在では自身がプロデュースする「エースゴルフクラブ」でアマチュアへのレッスンも行う。プロとアマの両面を知り尽くした教え上手で、とりわけショートゲームの理論は注目されている。袖ヶ浦CC所属。

 

【ビデオ】全自動でボールが捕まり飛ぶ方法」への1件のフィードバック

  1. やっちゃん

      今晩は。
      石井先生のご指導は、とても簡単そうで実行すると難しいですね。
      しかし、ご指導はとても魅力ですね。これを身に付ければ80歳になっても
     ゴルフを楽しめますね。
      ありがとうございました。

    返信

コメントを書く

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。

おすすめ商品

Z3 SOFT クラウドファンディング発 Z3 SOFT

20%OFFゴルフライブ限定
¥3,610定価¥4,480
複数購入で特別割引・税込3,971円

ARK ゴルフ特化型偏光サングラス ARK サングラス

63%OFFゴルフライブ限定
¥12,800定価¥35,000
税込14,080円

e-PuttGate 小原プロ開発の飛距離+ミート率アップのスイング改善特化アイテム

25%OFFゴルフライブ限定
¥16,280定価¥21,780
(税込・送料無料)

PIN STRIKER PIN STRIKER - ピンストライカー -

ゴルフライブ限定
¥17,800定価¥21,780
税込19,580円