最近のブログ

球種を増やしてトラブル回避

2019.05.18
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

おはようございます、
服部コースケです。

みなさんはボール、
打ち分けていますか?

ゴルフでは
打ち出される方向や曲がり方によって
5種類の球筋があります。

◆ドロー⇒右方向に打ち出し、真ん中に戻ってくる
◆フェード⇒左方向に打ち出し、真ん中に戻ってくる
◆ストレート⇒真っ直ぐ
◆スライス⇒右に曲がっていく
◆フック⇒左に曲がっていく

これを打ち分けることが出来れば
コースでのあらゆるシチュエーションに対応できて
スコアアップが狙えますが、

完璧に打ち分けるなんて
プロでもない限り難しいですよね。

そこで今日は、
5種類の球筋のうちの1つ
そして飛ばし屋の憧れ的

ドローボールを簡単に打つ方法
についてお話していこうかと思います。

ドローボールのイメージ

あなたはドローボールと聞くと
どんなイメージを思い浮かべますか?

・遠くに飛ぶ
・格好いい
・風に強い

このようにポジティブなイメージを
持っている方もいるかと思います。

しかし、逆に

・習得は難しい
・夢のまた夢
・私には絶対無理

こんなネガティブなイメージを
持ってる方も多いのではないでしょうか?

私の飛距離アップレッスンを
受けてくださった生徒さんも

私がドローボールをはじめて提案すると、
8割の方が「自分には無理!」と言います。

しかし、
私のレッスンを受け終わった生徒さんなら
わかると思うのですが、

実はドローボール、
そこまで難しいものではないのです。

プロが使っている球筋、
“ゴルファー憧れの球” という印象が
強すぎるだけだと思います。

打ち方さえ知ってしまえば
誰にでも打てますし、

アマチュアゴルファーの悩みがすべて吹き飛ぶ
本当の意味で夢の球筋です。

ではどうすれば、
夢のドローボールを打てるようになるのか。

今から、
“一番簡単な” ドローボールの打ち方
を紹介していきます。

ドローボールは誰でも打てる?

この方法は少し変わったもので、
“正しい方法” とは言えません。

しかし、
まだドローボールを習得していないのに
コースで絶対に左に曲げたい状況

例えば
右が崖だったり、
大きなバンカーや林があったり

こんな危機的状況で
誰でも確実にドローボールが打てる
臨時のマル秘テクニックです。

困ったときだけに使う打ち方、
日頃からは使わない打ち方、
として覚えてくださいね。

それでは早速、
“一番簡単な” ドローボールの打ち方
を解説していきます。

一番簡単なドローボールの打ち方

普段通りのグリップで、
クラブを胸の前まで上げてみてください。

エッジが地面と垂直になっていると思います。

そのエッジの向きを、
自分から見て少し左に回転させて、
グリップしなおします。

時計の針でいうと11時くらいです。

その状態のまま、クラブを下におろして
ボールを打ち抜いていきましょう。

こうすることで、
スイング中のクラブフェースの開き
というものが抑えられて、

いままでスライスに悩んでいる方でしたら
ストレートなボールに、あるいは少しドローが出る

また、日頃から真っ直ぐ飛ぶ方は
左に曲がるドローボールが打てる
というわけになります。

この打ち方は、正しい打ち方ではないので、
くれぐれも普段の打ち方にはしないでください。

球筋の引き出し

今回紹介したような、
「確実にドローボールを打つ方法」など、

少し変わった方法ですが、
確実に球筋を変えられる打ち方を知っているだけで、

コースでのあらゆるトラブルを
回避できるようになります。

絶対に避けなくてはいけない障害物がある時や、
ラウンド中に調子が悪くなってしまった時、
特定のミスが続いてしまったときなど、

そういった緊急な状態の応急処置として
非常に強力なテクニックになりますので、
ぜひ、覚えておいてください。

服部コースケ




<本日のオススメ>

伝説の飛ばし屋 ベン・ホーガン

彼の飛ばしの秘密が
30年もの研究によって
完全に理論化されたそうです。

私たち飛距離の虜にとっては
まさに夢の理論ですね!

今すぐこちらをチェック

http://g-live.info/click/edbh_1905/

[初公開]スゴい上達手法みつけました

2019.05.17
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

今日は動画レッスンの日なのですが、
急遽予定を変更してあなたにお伝えしたいことがあります。

というのも、ここ数ヵ月、上達に関することで
ずっとある事をテストしていたのですが、
結構上手くいってるんですね。

簡単に言えば、
コーチと生徒さんで1つのゴルフグループを
立ち上げて、楽しく皆とわいわいしながら、

スコアがどんどん良くなっていくという方法です。

数個グループを立ち上げてみて
小規模な数人くらいのグループや
100人くらいの大規模なグループでも、

今のところ同じくらいスコアアップしています。

私はこれを「プロジェクトトライブ」
と名付けて、今運営しています。

ちなみに、プロジェクトというのはそのままですが、
トライブとは「部族」という意味でして、

コーチと生徒さん、生徒さんと生徒さんといった
ゴルファーとしての繋がりや交流を介して
スコアアップを目指す。といったことをやっています。

ただ、まだ初めて数ヵ月程度ですし、
全てが分かったわけでもありませんが、
やってよかったな。と思う点がいくつかあります。

■孤独を感じることが無くなる

ゴルフは「個」のスポーツです。

練習場だって基本1人だし、
今は1人予約というシステムを使って
ラウンドも出来てしまいます。

ですが、同じゴルフ好きといっても
考え方や志向、どういうゴルフが
したいかって違いますよね。

そうすると、なかなか自分と同じ
考え方をするゴルファーっていないことに気が付きます。

ただ、今はSNSの時代。

興味
関心事
好み
価値観

といった「共通点」を持った人と
場所や立場に関係なくつながることが出来るようになりました。

私達の場合ならビジネスゾーンといった共通言語を
解することで、すぐに打ち解けることが出来るのは
コンペなどを見ていても既に立証されています。

そこで、ビジネスゾーンをベースに
上達を志すゴルファー同士で切磋琢磨することで、
スコアの伸び方がまるで違います。

■教えっぱなしということが無くなる

普段ですと、私がメルマガや
DVDなどでお伝えする内容を
実践して上達していく…

という流れになっていますが、
そうすると

「DVDを見て実践した上で出てくる疑問に
 答えることが出来ていない」

という事実があったので、
グループのメンバーに質問を募集したところ、
案の定たくさん出てきました笑

そこで、それに一つずつ答えていった結果、
教材の習熟度が高まってスコアアップされる方が
けっこう増えました。

今あるDVDを元に質問を受け付けるので
話も早いしこの試みは成功しました。

■関わってる人達が上達しまくる

また、このプロジェクトトライブをやってよかったと思ったのが、
シンプルに参加しているゴルファー達が、
どんどん結果を出すという事です。

これまでとはまた違うやり方をして実際に
結果を出しているゴルファーもいるので

「お、このプロジェクトは上達出来るのか?」

と思ったかもしれませんが、
あくまでスコアは『結果論』に過ぎません。

そもそも、このプロジェクトは私の運営する
ゴルフスタジオで実施しているレッスンの
アフターケアサービスを派生させて出来たんですね。

ただ、新しい試みでもあったので、

「ゴルファー同士のつながりを高めることで
 なんだかゴルフが楽しくなってくるよね。」

「ゴルファー同士のつながりを高めることで
 参加者のスコアも良くなるんじゃないか?」

という所がスタートだったので、
上達目標も特に決めてなく、
そして今も特にスコア目標は作っていません。

理由は色々ありますが、プロジェクトトライブでは、

『自分で掲げたスコア目標を周りの力を借りながら自力で達成する』

というのが大前提だと思ってるからです。

時に悩みを相談できたり、助け合ったり、
時に良きライバルとして切磋琢磨できるような
最高の仲間が集まった「トライブ」があることで、

あなたは挫折せず行動し続け望んだ
理想のゴルフライフを手にすることが
出来るのではと考えています。

なので、そういった志をもつ同士、
「トライブ=部族」に入ることで出来れば、

あなたは周りの力も借りながら
半ば強制的に成功へと引き上げてもらうことができます。

ここ5年近くゴルフレッスンスタジオを運営した結果、
やはり個の力には限界があることを思い知らされました。

結局人は一人では行動も続かないし、
新しい挑戦だってなかなかできません。

あなたがこれまでスコアアップに挑戦しても、
途中で挫折してしまったのであれば、

きっとそれは…最大の原因は

ひとりぼっちでやっていたこと

なのではないかと思います。

人はそこまで強くはありません。
私だってそうです。

だからこそ、もう1人で悩まないでくださいね。

これが、
私がここ数ヶ月試してみて成功している、

コミュニケーションを大切にしながら
スコアを良くしていく方法でして、
かなり最良の手ではないかと思うのですが、、、

これって興味ありますか?

今のところ、スタジオスタッフと
一部の生徒さんに小出しに教えてる程度なのですが、
興味を持つ人がいたら全体公開してもいいのかなと思ってます。

なので、もし興味があれば
このメルマガにコメントしてください(^^)/

公開する時は、コメントしてくれた人優先で公開します。

ちなみに興味を持つ人がいなかったら、
残念ながらお蔵入りにします。

最低でも100人くらいの方から反応が無ければ
それ以下だったら無理してやる必要はないので

今いるメンバーだけでこっそり内緒で使って、
一般公開は永遠にしないでいく予定です。

少しでも興味あると思ったら、
是非「興味あります!」と
コメントしてくださいね。

では、また明日の16時に連絡します。

<小原のオススメ>

徳嵩フィッターはあなたに
合うクラブを誂えるスペシャリストですが、

じつはクラブ開発の
スペシャリストでもあります。

そんな徳嵩さんがまたまた
すごいクラブを作ってくれました。

私も使っていますが、すごい良いですよ!

何が良いかはこちらでご確認くださいね。

詳細はコチラをクリック!

 

今の番手構成で、本当にいいの?

2019.05.16
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

さて今日は、クラブセッティングについて
このような質問をいただきました。
 

 「クラブのセッティングには
  あまり気を使っていなかったのですが、
  徳嵩プロのメールマガジンを拝読し、
  相性が重要だとわかりました。

  アイアン派だ、ウッド派だ、といった
  こだわりはないのですが、
  自分にフィットしたクラブ構成にしたいと思っています。

  ちなみに私の構成は、

  1W-5W-9W-3U-5I-6I-7I-8I-9I-PW-AW-SW-PT

  この13本を入れています。

  本番で使用しないクラブが5I-8Iです。
  ご意見をお聞かせください」

気になるところはどこか?

ご質問、どうもありがとうございます。
 

まず、この質問者様のクラブ構成ですが。。。
 

突然ですが、ちょっとここでクイズです。

もしあなたが、この番手構成で気になるところを
あげるとしたら、どこになりますか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 (ちょっと考えてみてください)
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 (どうでしょうか?)
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

はい、ではこのセッティングで
自分がまず気になったのは。。。

9Wと3UT

この質問者さんの場合、9Wと3Uを入れています。

どちらのクラブもロフトがわからないので、
正確なことは言えませんが、

「9W」ですと、もちろんメーカーさんによって違いますが、
だいたい「24~25度」というの雰囲気のクラブが
多いかと思います。

それに対して「3UT」は、
だいたい19~21度のものが多いです。

この2本を、どういうふう使っているのか、
使い分けているかは、ちょっとクエッションに感じました。
 

クラブセッティングを考える際は、
番手で考えるよりも、ロフトで比べてみる必要があります。

もしかしたらこの質問者さんの場合、
「UTはウッドよりは飛ばないから」と思って
入れている可能性もゼロではありません。

ですが実は、3UTが5Wが同じロフトという可能性も
ゼロではありません。

あるいは、3UTのほうが9Wより
ロフトが立っている可能性もあります。

もちろん、どこのメーカーのものを使っているのかにもよりますが、
自分では飛ばないと思っているクラブが
実際は飛んでしまっているクラブになっている可能性もあるわけです。

クラブセッティングの際に一番大切なこと

ここで改めて復習ですが、
セッティングする際に、まず一番大事なことは
 

 自分のクラブの大体の飛距離を把握すること
 

です。当たり前ですが、
 

 「この距離を打つのに
  何番で打つのが一番良いのかわからない」

 

ということでは、
コースマネジメントもできませんので。。。
 

その自分のクラブ飛距離で、距離の階段が
大きく開くでもなく、重なってもいないのなら
今のままでもよいのかもしれません。
 

そしてもう一点、気になる点としては
「本番で使用しないクラブが5I-8Iです」です。

6番、7番アイアンは使う、9番アイアンも使う。

でも、8番アイアンだけを使わないというのは。。。

「ちょっと謎」な感じはします。

コースで5番アイアンを使わないという人は
まあまあいると思うんですが、それでも8番アイアンは
かなりの頻度で使うと思うんです。
 

ところで、そもそもゴルフってどうして
こんなにたくさんのクラブを使うスポーツなんでしょうか。
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

その答えは、
 

 「クラブによって距離を打ち分ける必要があるから」
 

ということになりますよね。
 

そうなるとやっぱり、8番アイアンを使わないのは
なかなか不思議な気がしてなりません。

8番アイアンで打つ距離が残ることがほとんど無い、
ということも、そうそう無いと思うからです。

私たちもコースの距離によっては、ドライバーで打って
残りが9番アイアンやウェッジ、ということは
もちろんあります(それと同じなら、良いのですが)。

質問者様のクラブ構成を拝見した感じでは
そういう感じでもなさそうなので。。。
 

ともあれ、ここで自分が言いたいことは
 

 「きちんとご自分の飛距離の把握ができていますか?」
 

これについては、これをお読みのあなたも
今一度確認していただければと思います。

「チーム徳嵩」フィッティング

もしあなたが、今回の質問者さんのように
クラブセッティングで悩んでいらっしゃるのなら。。。

クラブをトータルに診断し、スコアアップに貢献する
「ゴルフパフォーマンスのフィッティング」

枠数限定ですが若干名、今ならご用意が可能です。

詳細はコチラをクリック!
 

東京千葉大阪
各3店舗でお申込みいただけます。

しかしながら、こちらからのお申込みで予約確定ではなく
後日担当者から連絡が行きます。

そこでのやり取りの上での日程確定となりますので、
その点、あらかじめご了承ください。
(必ずご連絡は行きますので、ご安心ください)
 

繰り返しになりますが、
ゴルフパフォーマンスのフィッティングは有料で、
かつ、ゴルフクラブのご提案もさせていただきますが。。。

必ず購入していただく必要は全くありませんので
どうぞご安心してご来場ください。

この機会にぜひ、下記よりお申込み下さい。

詳細はコチラをクリック!
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

【注目】
世界中のゴルファーが絶賛。

プロも使用する「上達不可避」の
スゴ腕アイアンがあれば…

・インパクトが改善して飛距離アップ
・タメが作れて、ダフリトップもきれいに解消
・すくい打ちなどの癖も改善

それほどまでにスイングを
変えてしまう秘密は一体何なのか?

詳しくはコチラで解説しています。

詳細はコチラをクリック!

本数限定なのでお早めに
 

【ビデオ】ダフリトップはこれで改善

2019.05.15
kondo

From:近藤雅彦
神田のドトールより

おはようございます、近藤です。

今日も先週に引き続き、
動画のレッスンでお伝えしたいと思います。

先週はドライバーについてのお話でしたが、
今回はどちらかというとアイアンの話。

それも、ダフリトップについての
レッスンになります。

やはりスライスに匹敵するくらい、
2打目以降のミスとしてダフリトップは
あなたを苦しめていると思います。

特にショートホールなどで
ミスが出てしまうと大叩きの
原因にもなってしまいますよね。

そこで、今日ご紹介する練習で
是非きれいなインパクトを迎えられるようにしてください。

追伸

今日の動画でもお話した
アイアンが上手く打てない原因…

それはひとえに

「ハンドファースト」

でインパクト出来ていないことが
最大の要因です。

逆に、ハンドファーストさえ
習得出来たならもうあなたは
アイアンマスターです。

そして、ハンドファーストは今の時代は
簡単に、かつ楽しく習得することが
出来るようになりました。

その方法をこちらで私自ら
解説しています。

ダウンブローの秘密兵器を見る

あなた、わざと芯を外して打てますか?

2019.05.14
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

今回は、
 

 「あなた、わざと芯を外して打てますか?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

質問です。

もしあなたが、グリーンにオンして
ピンの上のめちゃくちゃ速いラインを
残してしまったとしたら。。。

どのように打ちますか?

芯を外せば、タッチが合う?

ある時、こうしたシチュエーションに遭遇した際に
 

 「そういう時は、芯を外して打てばいい。
  そうすることで、球の勢いを殺して
  タッチを合わせればいい。」

 

ということを言った人がいました。
 

 「芯を外せば、勢いがなくなってタッチが合う」
 

このように聞くと、何となくもっともなことを
言っているように感じるかもしれませんが。。。
 

正直、これほどナンセンスはことはありません。
 

というのも、世界の一流選手の中に
芯を外して打つ人なんて、一人としていません。
 

もちろん、パッティングというのは百人百様ですし、
ゴルフ理論というものは、いろいろあっていいとは思っています。
 

ですがそれでも、芯を外して打つという考え方だけは、
どうしても受け入れられないのです。

ショットの基本は「芯に当たってしまう」こと

パッティングに限らず、私は全てのショットの基本は
「芯で打つこと」だと思っています。
 

いや、誤解を恐れずに言えば
 

 「芯に当たってしまうこと」
 

だと考えています。
 

あなたもご承知のとおり、芯に当たるということは
パターに限らず、打点や打感を安定させて
確かなスウィングを作るということです。
 

そもそも、ちょっと考えてみてください。

ゲームになれば、自分の調子の良し悪しを
見極めることができるバロメーターは、
 

 「芯に当たっているかどうか」
 

それだけです。
 

確かにドライバーなどでは、スピン量や球筋をコントロールするために
ヒール側やトウ側で打つという技術も、あるにはあります。

ですがそれも、意識して芯を外しているのではなく、
結果として無意識に、そうなってしまうだけのことです。

そもそも緊張する場面では、たとえ一流選手であっても
芯に当てようと思っても外れてしまう。。。

それが、ゴルフです。
 

それにもかかわらず、自分からあえて芯を外すなどということが
本当にできるのでしょうか?
 

私が思うに、そんなことができるのは
歴史的な超一流選手か、ヘボゴルファーぐらいだと思います。

パターは当てるのが「簡単」か?

 「でも、パターはドライバーとかと違って
  動きも遅くて芯に当てるのが簡単だから
  わざと芯を外すことだって、できるのでは?」

 

ちょっと待ってください。
これもよく考えていただければハッキリわかることなのですが。。。
 

パッティングというのは、出だしが1センチずれても、
距離が1センチ足りなくても、カップには入らないわけです。

それはつまり、小さな動きの中で微妙なタッチが必要とされて、
わずかなミスも許されないショットということです。

そんなショットが「芯に当たりやすい」なんて、
本当にそう言えるのでしょうか?

なんなら一度ぜひ、パターのフェース面に
ショットマークを貼って、パッティングをしてみてください。

どのくらい自分が芯を外して打っているのか、
よく分かるはずです。

あるいはアマチュアゴルファーの場合であれば、
自分が芯を外している事にさえ
気づいていない場合もあります。
 

そもそも、芯を外して打った場合、
インパクトでフェースはどのようになるでしょうか。
 

トウ寄りに外せば、フェースは信じられないほど開いて、
球は右に行きます。

ヒール寄りに外せば、驚くほどかぶって
球は左に打ち出されます。

更に言えば、芯を外した球は、
スピードや転がりが変わりますから、距離感もバラバラになり、
どこにどれだけ転がるのか全く予測ができなくなります。

冒頭の話のように、芯を外せば
確かにタッチは弱くなるかもしれませんが、
そのデメリットは計り知れません。

芯で打つためには?(ドリル紹介)

これは以前にもご紹介したドリルになりますが、

イップス?ショートパットが入らない…
2018.08.21

http://g-live.info/click/180821_yuukan/

 

スウィートスポットを中心に3センチ幅になるように、
フェース面に小さく切った割り箸を貼って
パッティングの練習をしてください。

最初は難しいかもしれませんが、
このドリルによって集中力も磨かれます。

また、アマチュアの方は打点が高いというケースが多いので、
そういう方にオススメなのは。。。

球の後方に100円玉を2枚重ねて置いて、
これに当たらないようにパターを振って打つ練習もいいでしょう。
 

この2つのドリルの繰り返すことで、
芯に当たるストロークが身に付くはずです。
 

 「でも、芯でしっかり打ったら、
  下りの速いラインでオーバーしそうで怖い」

 

もしかしたらあなたは
そんな不安をお持ちかもしれません。
 

もしそうなら、最初から距離の出ない打ち方をすればいいのです。
 

 ・パターを短く持って重心を下げ、

 ・両ひじをいつもより曲げ、

 ・腕を短くして構える。
 

そして、
 

 ・小手先の筋肉ではなく、
  腹筋、背筋などの大きな筋肉を使ってストロークをする。

 

これを守ってストロークをすれば、
芯で打っても距離は出ません。
 

ちなみに、下半身が安定していない人はトウ側
手先を使おうとする人はヒール側で打つ傾向があります。

自分がどちらに芯を外しやすいかを知っておくことも、
修正していく上で大切なポイントだと言えるでしょう。
 

芯は、草冠に心と書きます。

つまり、グリーン(草)の心を知るには、
芯で打つ事が、大切だということです。

おあとがよろしいようで。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

ビジネスゾーンを実践するあなたに朗報です。

ゴルファーの実に90%が
悩んでいるとされるスライス。

あなたがもし、そんなスライス持ちならば…

プロのような練習時間はとれなくても、
ビジネスゾーンを使ってドローボールを
打てるようにする方法を小原プロが構築しました。

その方法をこちらで公開しています。

コチラをクリック

期間限定。明日5/15(水)で終了

3 / 72012345...102030...最後 »