最近のブログ

【ビデオ】切り返しはここに要注意

2017.10.13
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは小原大二郎です。

私がゴルフをはじめた頃
大きく悩んでいたことが一つだけあります。

それは「切り返し」です。

私の場合はとにかく飛ばしたい。
この気持ちが先行しすぎてしまって
腕から突っ込むような切り返しになっていました。

そんなスイングでは
もちろん飛距離は出ないですし
ミート率も上がるわけがありません。

では正しい「切り返し」というのは
どこから始動するかわかりますか?

正解は、、、

左の脇腹なんです。

「切り返し」はスイングで一番難しい箇所ですが
正しいイメージを持って練習してみてください。

これさえしっかり身につければ
飛距離だけでなくミート率も向上させることができます。

ぜひやってみてください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 

PS

いつも私のメールを最後まで
読んでいただき本当にありがとうございます。

ここで特別なお知らせをさせてください。

11月4日(土)なのですが
絶対に空けておいてください。

実はチーム小原総動員で
スペシャルイベントを開催します。

一日中飽きずに
楽しめる仕掛けが盛りだくさん。

あなたの想像を裏切る
超豪華サプライズゲストも来ます。

必ずあなたのゴルフが
一気に飛躍する一日になるでしょう。

当日あなたとお会い出来るのを楽しみにしております。

http://g-live.info/sl/?page_id=22045

_

シャフトのメーカが混ざっているのはOK?

2017.10.12
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「シャフトのメーカが混ざっているのはOK?」

という話をしたいと思います。

久しぶりに、質問をいただきました。

ちょっと専門的な質問かなとは思ったんですが、
話としてはけっこう面白い話題も含まれているので、
せっかくなので取り上げてみようと思いました。

いただいたのは、こんな質問です。

質問いただきました

> シャフトには、メーカーごとに
> そのメーカーの特徴があるのでしょうか?
>
> 1W MT-6S
> 3W Evolution-5S
> 5W BB-5S
> を使用しています。
>
> 今のところどれも違和感なく振れています。

 

ご質問いただきまして、どうもありがとうございます。

今回はかなり具体的な、そして専門的な質問ですね。
 

ちょっと具体的な話なので、もしかしたら
「自分はあまりクラブに興味がないから」
とおっしゃる方もいるかもしれません。

ですが、あまりクラブに興味がないという方も
 

 「あー、ウッドのシャフトって、こうやって合わせてるのか」
 

というのが何となくわかるだけでも、
それはそれで興味深いのではないかと思います。

徳嵩のファーストインプレッション…(第一印象)

さて、ちなみに質問者様がおっしゃるシャフトは、
それぞれ以下のとおりです。

グラファイトデザイン ツアーAD MTシリーズ

2017-1012_1

フジクラ Speeder EVOLUTION

2017-1012_2

グラファイトデザイン ツアーAD BB-5

2017-1012_3

※写真は質問者様のお持ちのものとは多少違っている可能性はありますが。
 

メーカーごとの特徴という話はちょっと横においておいて、
まず、インプレッションですが。。。

ズバリ、ドライバーがMTの「6S」なので
フェアウェイウッドのシャフトが軽すぎます。

ここで質問者様が言う「MT6」の「6」という数字は
そのシャフトの重量である「60グラム台」を表しています。

つまり、このドライバーには
60グラム台のシャフトが付いている、ということです。

ですが、隣に当たるフェアウェイウッド「Evolution-5S」の「5」、
そしてその次の「BB-5」の「5」は、
ともにシャフト重量が「50グラム台」という意味です。

重量フィッティングという観点から言えば、
ここで逆転現象(=ドライバーのほうが重い)を
起こしてしまっています。

 

ここで一点、念のため復習ですが。。。

自分のメールマガジンをお読みの方であればすでにご存知の通り、
クラブフィッティングで特に大切なのは「重量フロー」です。

ドライバーからサンドウェッジまでの重量が
ほぼ一直線になるような「重量フロー」が理想です。
(ドライバーが一番軽く、サンドウェッジが一番重い)

そのようなセッティングにすることで
全てのクラブが同じ感覚で振れるようになるので、
スイングのバランスがよくなるわけです。
 

もっとよくなる可能性は十分にある

さて、それを踏まえてですが。。。

このスプーン(3W)に付いている「エボリューションの5S」が
どこかの大手メーカーで付いてくる純正のものなのか。。。

それともSpeeder(スピーダー)のものを後で付け変えたのか、
質問内容を読むだけではわかりません。

純正のものであれば、最初からフェアウェイウッド用に
短いシャフトで作られていることもあって、
たまたまいい感じで振れてしまっているということは有り得ます。

まだご本人としては違和感がないようなので、
今は大丈夫だと感じているかもしれませんが。。。
 

ですがそれも単に「軽いから」というだけで、
たとえば練習を重ねていくうちに
振り心地が外れていくことも考えられます。

この重量フローがこれから今後
何らかのトラブルを起こす可能性は否定できません。

とはいえ、フェアウェイウッドの場合のミスの傾向を考えると、
軽すぎることで出るのは主にトップなので、
まだ救いようがあるということはあるでしょう。

もしトップ気味の球が出ていたとしても、
ミスをしても、許せるミスになっていて
あまりご本人も気にしていらっしゃらないのかもしれません。

ですが、ここの重量をちょっといじるだけで、
もっとスムーズに打てるようになる可能性は十分にあります。
 

質問者様はシャフト特性のことを気にしていますが、
それでもやはり、カギとなるのは重量フローです。

おそらくこの質問者様がフィッティングにいらしたとしたら、
ここの重量については、ご提案を必ずさせていただくと思います。
 

というわけで、このようなシャフトの選択に悩む方には、
自分のフィッティングをご紹介できればよいのですが。。。

相変わらず「満席」の状況が続いていて、
お受けすることができない状況です。

もし空き枠が出てきましたら、
このメールマガジンの場でお知らせしますので、
今しばらくお待ち下さい。

追伸

先週もちょっとお知らせした
『ビジネスゾーンフィッティング』マスター講座を
引き続き募集中です。

http://g-live.info/click/bzft_1710/

このセミナーの大目的としては

 「一生自分のクラブを選ぶのに困らないだけのスキルを提供する」

というものです。

自分でもフィッティングができてしまうぐらいの
そんな講座になっています。

ここではいわゆる、キレイゴトだけを語るつもりはありませんし、
ゴルフを続ける限り、クラブの悩みは尽きることがありません。

こうした「公共の場」では語れないようなこと、
あるいは普段のフィッティングでも

 「ここまではちょっとしゃべれないかなあ。。。」

というようなことも、この場でお伝えしていこうと思っています。

http://g-live.info/click/bzft_1710/
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

これを読んでいるあなたは、
パターがどれだけスコアに重要なのか、
その価値を知っていることでしょう。

だからこそ、ツアープロの梶川武志が公開する
この秘密を見逃さないでください。

http://g-live.info/click/kjkw_p1710/

※期間限定のご案内です

ダウンスイングは綱引きだ!

2017.10.11
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは森崎です。

ゴルフを始めたてのころ、僕より力の無い方が僕より
圧倒的に伸ばしていることが非常に不思議でした。

それは後に切り返しの動きに
秘密があることを知ったのですが、当時の僕は
ひたすら球を打つことで習得していきました。

今思うと、なんとも遠回りしたなと思います。

では、その秘密は何かというと、
綱引きです。

綱引きの要領で、ダウンスイングをすると
ミスが減り、飛距離も伸びます。

今日はそのお話をしていきます。

上半身を置いてけぼりにしましょう

まず、ゴルフにおいて下半身を
使いましょうと言われる理由は、
下半身は大きい筋肉で構成されているからです。

上半身、特に手や腕というのは
体の中でも特に器用に動く部位ですから、
過渡に頼ると、インパクトが安定しません。

そのため、大きく不器用な筋肉を
使った方が、力も出るし軌道も安定します。

しかし、闇雲に下半身から動かしただけでは
効果は得られません。

そこで動かし方が重要となるのですが、
その動かし方のコツが”綱引き”です。

練習方法としては、誰かに協力していただき、
クラブの引っ張り合いをしましょう。

この時、相手に勝つためには手の力だけで
勝つことは難しく、必ず腰を入れて
引っ張ると思います。

その要領で、スイングに取り入れていくのですが
まずは切り返しのところだけを練習します。

具体的には、トップスイングから左に体重を
乗せる瞬間ですが、この綱引きの動きを
取り入れると、体と腕に距離が出来ると思います。

コレが綱引きのポイントなのですが、
腕が体に引っ張られる感じを覚えることで、
球がつかまる軌道が完成します。

また、インパクト~フォローにかけても
さらに飛距離を出すなら、クラブヘッドと
右足で引っ張り合う感覚を掴みます。

このように、

・切り返しで体重移動に引っ張られて腕が降りてくるイメージ
・フォローでクラブヘッドと右足が引っ張り合うイメージ

この2つの意識をスイングに取り込むと、
さらなる飛距離アップ&安定性アップに
つながります。

是非実践してみてくださいね。

【ビデオ】最新のベタ足スイング打法

2017.10.11
miyamoto

From:宮本大輔
三宮のゴルフパフォーマンスより、、、

おはようございます、宮本大輔です。

ベタ足スイングって知ってますか?

アドレスからスイングにかけて
右足を浮かさずに地面につけたまま
打つスイングのことを言います。

実はこれ色々メリットがあって
飛距離が伸びたりスイングが安定したり。

ぜひあなたもやってほしいのですが、

特につま先上がりの傾斜では
ベタ足スイングを練習しておくと
とってもいいことがあります。

今日は特別にビデオで解説しました。

ベタ足スイングを習得する
最新のドリル、限定公開します。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 

いかがでしたでしょうか?

今日のビデオに関しては
宿題を用意しています。

宿題1:ドリルをやってみる

宿題2:ドリルをやって感じたこと、学んだことをこの記事のコメントに書き込む

この2点です。

宿題を提出してくれた方には
傾斜に関する最新レッスン映像を
プレゼントするかもしれません。

期待していてください。

それでは今日も元気に頑張りましょう!

ーみやもと


<本日のオススメ>
今これを読んでいるあなたは、
ラッキーかもしれません。

なぜか?

昨日から公開している
15,000円相当の特典が手に入るチャンスだからです

http://g-live.info/click/kjkw_p1710/

ラインはキャディさんに聞いちゃダメです

2017.10.10
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「ラインはキャディさんに聞いちゃダメです」

について、お話をしてみたいと思います。

僕はコースでのラウンドレッスンのとき、
こんなふうにズバリ、お客様に言ったりします。

その理由は。。。極めてシンプルです。

自分で読む力が身につかないから

今回はグリーンでのラインの読みについて書いてみます。

アマチュアゴルファーの方は、ラインの読みなかなか
上手くいかないと悩んでいる人は多いと思います。

それでお客様には
 

 「キャディさんに聞いたりしていると
  自分で読む力が身につきませんよ」

 

とお伝えします。その理由は。。。
 

1.自分で読むという行為を放棄してしまう

2.外れた時、無意識のうちに自分のせいではなく
  キャディさんのせいに出来るという責任逃れの気持ちが生まれる

3.「読みは鍛錬によって鍛えられる」
  ということを知らずに終わってしまう

 

この3つです。

ライン読みは、トライ&エラーによって磨かれていきます。

自分が
 

 「ここだ!」
 

と思って所に打ってみて、
自分が思ったより曲がったのか曲がらなかったのかを繰り返すことで
打つべき場所がだんだん見えてくるのです。

初心者はどうするの?

ですが、このように書くとラウンド数の少ない方は
 

 「ラインの読みはどのように身に付ければいいのだろうか?」

 「ラインが読めるようになるには
  どれほどのラウンドが必要なのだろうか?」

 

と思ってしまいますよね。

上記のお話は、ラウンド数の多い(経験値が高い)上級者の方には
口を酸っぱくして言う事もあります。

しかしラウンド数の少ないアマチュアの方は
そもそもライン読みの経験が少ないので。。。

なかなかラインを読む力が身に付きません。

キャディさんに聞いても、
たまたまいいキャディさんに当たればラッキーですが。。。

ラインをしっかり読めるキャディさんというのは
正直言って、案外少ないのです。
 

ということで、ラウンド経験の少ない方はぜひ
これをやってください。。。

「練習グリーン」でラインを読む訓練を積んで下さい

言うまでもないことですが、これはもちろん
ラウンド経験の多い方にも有効ですね。
 

コースでは皆ボールの後方にしゃがんでラインを読みます。

人によってはカップの反対側から見たり、
ボールとカップの横から上りと下りを見たりと
いろいろな場所からラインを読んだりします。

しかし、練習グリーンでラインを読んでいる方は
ほとんど見かけません。

コースの18回のグリーンでラインを読むだけでは
経験値はさほど上がりません。

3パットをしたとしても、OKパットもあるわけですから
18ホールでせいぜい「20~30回」ほどしか
ラインを読まないわけです。

おそらく練習グリーンで30回のラインを読んだら
20~30分ほどの時間がかかると思います。

スタート前とラウンド後に20~30分
ライン読みの練習をすれば、普段の3倍の経験が出来ます。

また、コースでは外れたら
同じところからもう一球とはいきませんが、
練習グリーンでは何回でも復習が出来ます。
 

ラインは読もうという気持ちがあれば
必ず読めるようになります。

頑張っていきましょう。

追伸:今日がパターの話だから… ではありませんが

ちょうど今日から、僕のパター教材が
キャンペーン開始しました(これは全くの偶然です)。

「梶川武志のパッティングを極める」

http://g-live.info/click/kjkw_p1710/

 

ココだけの話、僕が若い頃はパターが苦手でした。

当たり前ですが、パターが下手では試合では勝てません。
なので必死で方法を考えて、練習を繰り返しました。

おかげで今では他のプロからも
「パター上手いですね」と言われるようになっています。

僕がここで紹介している方法は、
20年近いプロ生活の中で、編み出してきた方法です。

全て、実地の中で生み出してきたものですので、
プロやアマチュア関係なく、やっていただければ
結果が出せるものだと自負しています。

アマチュアの方は、プロに比べ、パッティングの練習量、
そしてパッティングの知識が非常に少ないと感じます。

パッティングについて知るだけで、
今100を切っていない方なら簡単に10打ぐらいは
縮めることができます。

90切り、80切りを目指す方にとっても、
5打ぐらい簡単に縮まる内容になっています。

是非、このプログラムによって、
パッティングについての極意を知り、
ぜひ、目標のスコアを達成してください。

「梶川武志のパッティングを極める」

http://g-live.info/click/kjkw_p1710/

もちろん、ラインの具体的な読み方についても
この中でちゃんとレッスンしています。
 

それではまた、次回も楽しみにしていてください。

ーツアープロ 梶川剛奨

3 / 51712345...102030...最後 »