最近のブログ

パター研究の旅

2017.06.20
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「パター研究の旅」

について、お話をしてみたいと思います。

前回のメールマガジンの続きになりますが、
単発でもお読みいただけます。ご安心下さい。

そもそもズバリ、
梶川パッティングメソッドの核となるのは。。。

「出球を真っ直ぐ出す」

僕のメソッドの核となるのは、
この「出球を真っ直ぐ出すこと」です。

前回も少しだけお話しした「パッティングを極める」を
ご購入いただいた方は、練習を続けていただければ
必ずいい結果が出ると信じて頂ければと思っています。
 

でも「出球を真っ直ぐ出す」なんて言うと、
 

 「なんだ、そんなの当たり前じゃないか」
 

そんなふうに思うかもしれません。

ですが「出球を真っ直ぐ出す」のは
決して簡単なことではありません。
 

前回のメルマガでは、もともとパターが上手い人が
言う言葉というのを紹介しました。

パターは下手だし面白くないというあなたへ

http://g-live.info/click/170606_yuukan/
 

「そこに打てばいい」と言う人は、
もともと出球が真っ直ぐ出せる能力が高いのです。

うらやましい限りですね!
僕は出球が真っ直ぐ出せませんでした。

だから、僕の教材でも紹介している
パターマットでの練習を相当やりました。

もちろん、今でもやっています。

ラウンドレッスンをしていますと、
1mのパットを明らかに押し出したり、
引っ掛けたりして外しています。

そのような方(ほとんどの方です)には
パターマットの練習をお薦めしています。

「こんな感じ」って、どんな感じ?

次に、もともとパターが上手い人の言う言葉
 

 「こんな感じで打てばいい」
 

ですが、これは「スピード感」を表しています。

いわゆる「距離感」「タッチ」と言われるものですね。

確かに距離感は言葉にしにくいところではあります。
 

僕は初心者の方にはバックスウィングの大きさで
距離感をつかむように教えていきます。

これは非常にシンプルで分かりやすいと言えます。
もちろん僕も100以上の方にはこのように教えます。

ですが、100を切って90を切るくらいになっても
バックスウィングで距離感を出そうと思っている方が多いのです。
 

僕は100を切ってきたら
バックスウィングでの距離感は卒業してもらっています。

僕の「パッティングを極める」をお持ちの方であれば、
「ヘッドカバーにぶつけるイメージ」のところですね。

教材のことはさておき、
とにかく距離感は言葉にしにくいのですが、
「距離“勘”」が「距離“感”」に変わってくることが大事です。

はじめから距離感がいいという人は
ほとんどいないと思います。

“勘”を“感”にするという事は
感覚を磨いていくという事です。

感覚を磨いていけるような距離感の出し方を
練習する必要があると思っています。

「入るように打てばいい」!?

「出球を真っ直ぐ出す」

「距離感の出し方を磨く」
 

僕はこの2つのテーマを研究、練習することにより
パッティングがかなり良くなりました。

「そこに打てばいい」「こんな感じで打てばいい」
もともと上手い人は当たり前のように出来ているから、
それを言葉に出来ないのでしょうね。

実は、いまだに分からないのは
 

 「入るように打てばいい」
 

と言われたことがありますが、これはちょっと超越していて
パター研究の旅でもたどり着かないかもしれません(笑)。
 

ご存知の通り、パターというのは
スウィングのように複雑な動きがありません。

アプローチのようにダフり、
トップで大きくスコアを崩すという事もありません。

なんとなく芯に近い所に当たるし、
悪くても3~4パットでは上がれます。

すると100以上打つ方は
それほどパターに意識がいかないというのも事実です。
 

でもよく思い出してみて下さい。
スコアが良かったときは必ず、パターが入っています。

カップを狙って打っているので、入る時もあります。

運のいい日、バイオリズムのいい日は誰にでもあります。

ですが運のいい日、バイオリズムのいい日を待っていても
なかなか来ませんね。

パターに意識が行くとあなたのスコアは
劇的に変化するかもしれません。
 

ちなみに「パッティングを極める」ではラインの読み、
気持ちの持ち方などもご紹介していますが。。。

それについても、いつかタイミングがあったら
お話ししてみようと思っています。

追伸

僕の教材「アプローチを極める」が
本日からキャンペーン中だと、事務局から連絡がありました。

梶川武志の「アプローチを極める」
~30ヤード以内を2打で上がる~

http://g-live.info/click/kap1706/

本当はここで僕の「パッティングを極める」が
ご案内できたら最高だったんですが。。。

でも、このアプローチもスコアアップには
とても大切なので、ぜひ一度のぞいてみてください。
 
 

それではまた、次回も楽しみにしていてください。

ーツアープロ 梶川剛奨

ゴルフ一発屋のパッティング逆襲術

2017.06.20
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

先日はドライバーショットのコツを教えましたが、
レッスンに来ていただいてる方から

「近藤さんのレッスン動画のおかげで
 ドライバーが良くなってきたよ!」

という声をいただきました!^^

とても嬉しいですね!

でもさらにその方は
パッティングのお悩みが有るようで、、、

この悩みは私も経験した事の有る
やっかいな「敵」なんです、、、

良いドライバーショットの後は、、、

「ドライバーが気持ちよく飛ぶと、
 このラウンドに期待しちゃって、
 パッティングでどうしても緊張しちゃって
 スコアを崩す、、、」

そうなんです!
この方のお悩みは、

良いドライバーショット後の
パッティングでスコアを崩してしまう。

ということでした。

わかります。。。

最初の一打が
とてもいいショットが打てた時、

「バーディーでちゃう!?」
「パープレイできちゃうかも!」
「今日は調子いい!とんでもないスコアが飛び出すかも(笑)」

なんて期待しちゃうことありますが、

もちろん現実にそうなることは、、、
多くありません(笑)

その後の調子は良くなく、
パッティングで3、4打、、、

出だしが良かっただけに、
とても辛いですよね。

私も大事な試合の予選で、
ドライバーの調子が良かったにも関わらず、
緊張や邪念でいつものストロークができず、
最後の80センチのパットを外して予選落ちしました。

「最初のドライバーだけ調子がよく、
 その後は上手くいかない、、」

こんな状況を、周りの人から

「ドライバーだけ調子良くてもね、、
 ゴルフ一発屋だな~」

なんて揶揄され
罵られたこともありました。

とても悔しかったです。

それを期に、わたしは、
練習グリーンや自宅の練習マットで
こんな練習を始めました、、、

本番を意識した練習

ここでもとても大切なことは、
「メンタル的に本番を体感できる練習」です!

【メンタル的に本番を体感できる練習】

・パターマットなどの練習で1メートルのパットが
 10回連続で入るまで終了しないと決める

・8回目、9回目と緊張感が増していき、
 10回目は手にじんわり汗をかくような、
 本番のプレッシャーを体感できる。

私はこの練習を、
練習の一番最後に行っています。

体力的に疲れた状況で
やることによって、

本番さながらの疲労感、
緊張感が生まれてきます。

はじめのうちは、
3回連続など少ない回数から
無理のないように始めてみて下さい。

それだけでも、
パッティングへの自信が
大幅に変わってきます!

是非、実践してみてください!

またメールしますね。

近藤

近藤からの宿題!!

・練習の最後に1メートルのパットを3連続で決めるまで続ける!


<本日のオススメ>
<振るだけで上手くなる秘密のアイアン。それも自宅で!>

・ミスヒットを大幅改善
・理想のビジネスゾーンを作る
・100を切るには最適

振るだけでスイング診断、
ミスを撲滅するアイアンの秘密とは、、、

その秘密を知る!

※6/21(水)までの限定公開

[Video] 捻転差をキープした回転をするには

2017.06.19
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「捻転差をキープした回転をするには?」

について、ビデオでお話ししたいと思います。

あなたもよくご存知の通り、
捻転差は飛距離を伸ばすために重要な要素です。

その捻転差を作るための具体的な方法を
今回はビデオでお話ししています。

(続きはビデオにて)

「左肩をボールにぶつける」意識

イメージとしては、足元にあるボールに
左肩をぶつけていく感覚です。

そしてここからが重要なのですが、
この左肩にぶつけたボールをそのまま離さずに、
左股関節の上で回転をしていきます。

左肩をボールにぶつけたら、
この左肩をボールから離さないつもりで、
左太ももをねじるイメージです。

この、左肩をボールにぶつけたままの意識だと
自然と捻転差をキープした回転になるのです。

詳しくは、ビデオでご覧になって下さい。

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 
 

これは、以前にもどこかでご説明している
「ドアガラガラ」の動きにつながっていきます。

また、クラブを滑らせるドリルにもつながります。

ここの一連の動きを間違えてしまうと、
いわゆる「最小形」とつながらなくなってしまいます。

ぜひ、今一度チェックしてみてください。

アハハ!

2017-0619_1
 
 

コーヒーないと探していたら。。。

お釣りだけ取って、取り忘れておりました。
 
 

今日はこんなところにしておきます。
 

もし疑問については、コメントいただだいたものから
お答えできる範囲で順次お返事を書いています。

画像付きでないと説明が難しいものについては
お答えできないことがあることをご承知ください。

なおお読みになった方は、そちらについても再度コメントをいただけると
「既読」かどうかが私から見てもわかるのでありがたいです。
 

それでは、今日はこのへんで。
 

<本日のオススメ>

なぜ、片山晋呉プロが20年以上
プロで居続けられるのか?

その問いに対して、キッパリこう答えています。

「オレはこの練習をずっとしているから
 プロを続けていられるんだ」

そして今なら、あなたは片山晋呉プロの
強さを作っている「秘密」を知ることができます。

このチャンスを見逃さないでください

http://g-live.info/click/orekore170613/

※全米OP開幕直前キャンペーン。本日6/19(月)で終了。

父がゴルファーに変身した日

2017.06.19
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

私の父は運送会社の経営をしていました。

かなり無口で、
あまり感情を表に出す人ではなかったこともあり、
何を考えているのかわからない人という印象がありました。

お笑いのテレビを観ていても、
クスっと笑うくらいで、
大笑いしている姿を見たことがなかったのです。

仲は悪くないけどちょっと遠い存在。

父はそういう人なんだなとずっと思っていたのですが、
私が高校生のときの父の日に
間違いだったということに気づかされたのです。

わたしは父の日や誕生日に
何かしらちょっとしたプレゼントをしていました。

しかし父はあまり嬉しそうにしてくれたことがありません。

「ああ」とか「うん」とかばかりで
「ありがとう」なんて言葉は
一言も聞いたことがありません。

それでも
頬がほんの少し3mmくらい緩んでたから
嬉しかったんだろうと思います。

高校生となり、初めてのバイト代をもらい
ちょっといいものをプレゼントできるようになりました。

「今度こそ喜んでもらえる!」

お酒とかネクタイとか何がいいかなと考えていましたが
思い切って父に何が欲しいのか聞いてみました。

すると、意外な一言が返ってきました。

「今度一緒に出かけないか」

まさか、父と二人で出かけるとは思っておらず
正直ちょっと気まずいなと思ってしまいました。

父はそんなわたしの気持ちを察したのか

「無理しなくてもいいからな。」
と言われてしまいました。

どこへ行くのかと尋ねたら
ゴルフ場に一緒に行こうと言われました。

父がいつも家でゴルフクラブを磨いたり
週末は練習に出かけたりと
かなりのゴルフ好きなのは知っていたので
楽しみにしていると約束をしました。

あの無口な父と二人でゴルフなんて・・・

不安もありましたが楽しみにしていたので、
当日はすごくはしゃいでいたと思います。

ゴルフと行っても、
私はこの日までゴルフをしたことがなかったので
練習場の隅っこで2打席を借りて練習するものでした。

クラブを片手に、
握り方を知っているかと聞かれたのですが
まったく知らないと答えると父が詳しく説明してくれました。

次はドライバーを持って、ボールの位置とか、
構え方とか、今のはスイング良かったとか
とても詳しいことに驚かされっぱなしでした。

豪快なスイングでボールを飛ばす父は
とてもかっこよく見えました。

何より一番驚いたのは、
普段笑顔を見せない父が満面の笑みで
私に色々説明してくれたことです。

父がゴルフを好きなことは知っていましたが
今までわたしはゴルフに興味がありませんでした。

もし私が前からゴルフに興味を持っていたら
毎週のように一緒に来ていたんだろうなと思うと
少し胸が熱くなってしまいました。

それでも、父の好きなものを一緒にできる時間だったので
私はとても楽しく嬉しい時間となりました。

そして父がゴルファーに変身した日をきっかけに
私がゴルフにのめり込んだのは言うまでもありません。

今でも、毎年父の日は一緒にゴルフに出かけるようになり、
二人でゴルフを楽しんでいます。

現在は私が父親の立場になりました。

娘からすれば
私も無口な父親だと思われているかもしれませんね。

娘を毎週ショッピングセンターに
連れて行ってあげることはできませんが
いつも応援してくれていることに感謝しています。

こうしてゴルフができること
家族にはいつまでも感謝しての気持ちを忘れずに
ゴルフを続けていきたいものです。

またメールします。


<本日のオススメ>
A.毎日練習し続けても常にスコアが不安定な練習法。

B.ちょっと練習をさぼっても関係なく
安定的にスコアが伸びる練習法。

2つのゴルフ練習法の違いと後者になるための
トッププロだけが知る超極秘情報とは・・・

http://g-live.info/click/orekore170613/

父の背中

2017.06.18
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

今日は父の日ですね。

私は上京してきて
一人暮らしをしているので
父に会うことはできませんが、、、

夜にでも電話をかけようと思っています。

私がゴルフを始めたきっかけは
何を隠そう父の影響です。

ゴルフを仕事にすると決めた時も
将来に迷っていた時も
オーストラリアに行くと伝えた時も

「コースケの思うようにしたらいい」
父のこの一言大きな勇気をもらいました。

父は私の人生においても
ゴルフライフにおいても
とてつもなく大きな存在です。

ゴルフを始めたばかりの私が
いつも背中を見て感じていたのは
「決断力」のある父の姿でした。

          

迷い

ゴルフというスポーツは本当に迷いの連続です。
自分のスイング、使うクラブ、
どうコースマネージメントしていくか、、、

初めにぶつかる大きな迷いは
ほとんどが「技術」に関する悩み。

このスイングは正しいのか?
どうしたら上手くなれるのか?
今の練習を続けるべきなのか?

雑誌や本、DVDやyou tube、探せば
様々な情報を得ることができます。

それが逆に私たちを苦しめます。

そこで大事なのは本当に
今の自分にあった情報を見極めること。

やはりこの人だけは信頼できる。
この雑誌、この本だけは信頼できる。

自分の判断の軸となるものを決めてください。

         

第2の悩み

上手くなってくると
自分の技術に疑いがないので
不調時にはまず道具を疑います。

それでも上手くいかなくて初めて技術を疑うんです。

もともとスイングに問題があっても
すでにクラブを変えて修正してしまっているので
不調の原因はもうごちゃごちゃになっていて
その原因を探し出すのはもはや非常に困難です。

ではどうしたらいいか
そこで判断力と決断力が大事なんです。

ここを修正したらいいのではないか
自分なりの判断で決断するんです。

例えその選択が間違っていたとしても
それを自分で決断し、それを信じていければ、
少なくとも迷いが深くなることはありません。

迷いをそれ以上深くせずに
目をそらさずに向き合って行くことが
一番いい解決策だと思っています。

これこそがゴルフを始めたばかりの私に
父が教えてくれた私のゴルフの礎です。

この考え方はいまでも
とても大切にしています。

            

感謝

若い頃は何も気が付かなかったですが、
この歳まで私を育ててくれた父はとても偉大です。

世の中のお父さん方への
尊敬の気持ちが改めて強くなりました。

何が起きても動じない男になる。
改めて、今日また強い覚悟持ちました。

私はまだ結婚もしていないし子供もいないけれど
男としていつか立派な父になりたいと思います。

父さんいつもありがとうね。
これからもよろしく。


<本日のオススメ>

振るだけで理想の
ビジネスゾーンが身につく
「メディカス」を緊急入荷しました。

あなたのスイングの悪いとことを
いつでもどこでもクラブが教えてくれます。

ビジネスゾーンを習得していただくために
あなただけの専属コーチになってあなたの家に伺います。

今だけ7000円引き&
小原プロの動画がついてきます。

このメディカスが手に入るのは4日間限りです。

http://g-live.info/click/mdc20170618/

_

3 / 47812345...102030...最後 »