最近のブログ

イーグル賞(100万円)の行方は… / 良いインパクトの作り方

2017.10.07
kameko

From:亀子充温

皆さん
こんにちはッ!!!

先週の男子、トップ杯東海クラシック。

私がバッグを担いだ太一郎(清田太一郎プロ)の成績
トータル 4オーバーの56位タイでした。

初日、2日目と1アンダーずつで予選通過したものの
三日目に逆噴射の5オーバー
最終日は、1オーバーでした。

最終日の出来事
俗に言う裏街道の10番スタート
(※トーナメントの決勝ラウンドで、
  順位下位の選手がINスタートすることをいいます)

13番 パー3 ピンまで203ヤード
5番アイアンで放ったボールは、ベタピン1m
楽々バーディー

15番 パー5 570ヤード
ティーショットは、フォローの風に乗り315ヤードドライブ

このホールにはイーグル賞100万円が懸けられていました。

セカンドショット、ピンまで259ヤード

亀子
『クリークで狙ってけッ』

太一郎
『どこを狙います??』

亀子
『グリーン右のガードバンカーの左端で最悪バンカーでもいいよ』

2度ほど仕切り直したセカンドショットは、右バンカーから軽く風に流されピン方向に・・・
・・・・
・・・
・・

グリーン手前のカラーまでドライブ
ピンまで10ヤード

パターと56度と60度ウェッジを太一郎に見せて・・・

太一郎
『パターでいいですか??』

亀子
『うん』

太一郎
『ここ大丈夫ですか??』

ライン上のカラーに毛羽立った芝が・・・

亀子
『大丈夫、出球の勢いで通り過ぎるから・・・』

パターで打ったボールは、軽いフックラインに乗りカップ向かって・・・

亀子
『入れッ』

ボールは、綺麗にカップに吸い込まれました。

亀子
『お小遣い宜しく』

太一郎・・・苦笑い
近々ご馳走してくれるそうです。

でも、星野プロもイーグルを取ったので100万円は、均等割に・・・(涙)
テレビでも太一郎は、映らず星野プロの映像に切り替えられました。(また涙)

今週は、ホンマツアーワールドで江連さんのキャディーです。
江連さんとの初タッグの四方山話は、次回のメルマガで紹介します・・・お楽しみに!!!

ーーーー

さて
前回のメルマガ-9でボールとフェイスの【Hit Point】を紹介しましたが・・・
そのHit Pointに当てるインパクト練習方法を紹介します。

先ず
Hit Pointが良くても【良いインパクトの体勢】が出来なければ『飛ぶボール』&『コントロールしたボール』は、打てません。

【良いインパクトの体勢】とは???・・・

このテーブルを押す体勢図を参考にして下さい。

スクリーンショット 2017-09-20 1.44.15

重いテーブルを片手で押すには全身のパワーを使わなければテーブルは動きません。
先ず、土台となり大きな筋肉がある下半身は、股関節を締めて(股を閉じて)右腰にパワーを集中させる。
上半身は、右腋を締めて右肘を右腰に付けて下半身のパワーを右手に集中させる。

下半身→右腰→右腕→右手とパワーが伝わるのです。

この体の使い方は、とてもとても重要でゴルフ(テニスや野球のスイング)に通ずるのです。

力強いインパクトの体勢は、こちら⬇⬇⬇

スクリーンショット 2017-09-20 1.44.05

★インパクト前から右足を蹴り上げる癖のある方は、右膝がインパクト時に伸びても構いません(小平君の様なインパクト)

この体勢を作る練習は、こちら⬇⬇⬇

DSC_4688

クラブフェイスを何か動かない物に当ててシャフトが曲がり、それをクラブフェイスで押し込む様にして下さい。

良いインパクトのショット練習がこちら⬇⬇⬇

DSC_4670

①貴方は、インパクトの体勢を取り、誰かにボールを踏んで貰い、そのボールを押す体勢を取る。

②貴方は、テイクバックして、それと同時にボールから足を外して貰う

③貴方は、ショットする。

始めはスローなハーフショットからで構いません。
ハーフショット→クォーターショット→フルショット・・・徐々に振り幅とスイングスピードを大きくしていって下さい。

この練習で貴方のインパクトの感覚が目覚めます【真のインパクト】を感じて下さい。

<本日のオススメ>

①ダウンブローに捕らえるための
 2つの条件とは何か?

②なぜ、タメてはいけないのか?

③長いインパクトエリアを保つには?

わからなくても
こちらが解決します。

http://g-live.info/click/tourst171003/

大叩きしちゃった…さあ、次何をやるか?

2017.10.07
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「大叩きしちゃった…さあ、次何をやるか?」

についてお話しようと思います。

ゴルフで大叩きをしちゃった日って。。。
そりゃあもう、辛いですよねえ。(T_T)

「ゴルフなんてやめてやる!」とか、
そんなことも思っちゃうかもしれません。

でもそんなときこそ、
こうやって立ち直って下さい!

大叩き、モンゴも経験ありますよ…

さて、その話の前に。。。
 

 「さすがにモンゴさんは大叩きの経験なんてないでしょ?」
 

なんて思っている人もいるかもしれませんので、
初めに申し上げますけれど。。。

僕も駆け出しの頃、一回バーンと70台出して、
その後90を打ってしまったことがあります(泣)。

そんときはもう。。。ガクリと来ました。
 

以前のメールマガジンで「20打の法則」というのを
お話ししましたが、

最近になって100が切れなくなってきた…涙
2017.09.23

http://g-live.info/click/170923_nikkan/
 

でも、そういう壁にぶち当たったときこそ、
あなたのゴルフが大きく飛躍するチャンスなので。。。

まずはゴルフパフォーマンスに来なさい!(笑)

。。。というのはまあ半分冗談なんですが。

(-_-;)/(+_+;)\(-_-;) オイオイ半分かい
 

ともあれまず、先ほどの「20打の法則」を踏まえて、
「幅があっていいんだな」ということを認めてあげて下さい。

「こういうこともあるんだな」
という程度でも、とりあえずOKです。

で、そういう幅があることが認められたら
その次が大事なんですが。。。
 

 「大叩きのスコアの原因を知る」
 

月並みですが、これをきちんと解明しましょう!

ボールがどこに飛んじゃったからだとか
ここで3パット、4パットしたとか。。。

こうなったらこのスコアが出たよ、
というのを知っておくということです。
 

多くのゴルファー場合、
自分のスコアが良かったときのことは
何が良かったのかを検討するようなんですが。。。

悪かった時というのは、
どうもそこまで思いが至らないようです。(;´Д`)

「やっちゃった」を中心に練習

叩いちゃった時、やっちゃった時は、
「実際に何をやっちゃったのか?」です。
 

 ・ドライバーなのか

 ・ティーショットなのか

 ・セカンドなのか、

 ・アプローチなのか

 ・パターなのか
 

どこでやっちゃったのか、
「これだ!」というものを出して下さい。

そうしたら、後は簡単です。

向こう3~5ラウンドぐらいは
その「やっちゃった」を中心に練習をします。

よく、たった一発のOBが印象に残っていて、
ドライバーの練習ばかりに気を取られているというのも
けっこう見かけるのですが。。。

たとえ一発OB打っていたとしても
ダフリやトップを5回10回と打っていたら、
そちらのほうがはるかに問題ですよね?

そちらのほうが大叩きにつながっているんですから、
スコアアップのために、まずはそっちの修正を優先させましょう。

今はいろいろな携帯のスコア管理アプリとかもありますので、
そういうものを駆使して、きちんと原因を振り返るのもよいですね。
 

人間誰しも、上手く行かなかったことを
改めて振り返るのは、いやなものです。

ですが、それをやるだけで、
あなたの上達は約束されたも同然ですよ!

追伸:近藤プロ・ダウンブローの秘密兵器…

そういえば、近藤プロが推薦している
「ダウンブローの最終兵器」がキャンペーン中だそうです。^^

 ツアーストライカープロ

これを使うだけで、あなたのアイアンが
ダウンブローになっちゃうなんて。。。スゴイ!

本数が限られているようなので、
早めにチェックしておいてください~!(∩´∀`)∩ワーイ

http://g-live.info/click/tourst171003/
 
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!

【本邦初公開】飛ばしに洗脳された写真

2017.10.06
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「ドライバーを打つ前に考えて欲しいたった一つのこと」

というテーマでお話をしたいと思います。

タイトルの「飛ばしに洗脳された写真」は
メルマガ内で公開していますので
このまま読み進めて下さいね。^^

あなたは、前後半のショートホール4Hを除き
残り14Hで何回ドライバーを握りますか?

気が付いたら条件反射的に
ティーショットはドライバーを握っている・・・

なんてことはありませんか?

これはとても危険な状態です。
無意識に握っているそのドライバー。

本当に大丈夫ですか?

これは僕が当時、水城高校ゴルフ部で
日夜ゴルフに励んでいた時の話です。

untitled当時、僕は飛ばしに洗脳されていました。

飛ばしこそ正義!

誰よりも飛ばすことが何よりも
カッコ良いと思っていました。

しかし、競技ではなかなか結果を残すことができず、
ティーショットでどんなに遠くへ飛ばしても
オナーになることは出来ませんでした。

なぜなら、ティーショットでは
フェアウェイキープが絶対条件。

飛ばしと正確性は相反する望みだったのです。

僕のガッツパーという肩書きは
高校時代に飛ばしに洗脳されていた頃、

右へ左へ林に打ち込み、ミラクルなリカバリーショットで
ガッツパーをもぎ取っていたことが由縁です(笑

特に、競技では特設ティーからの
プレイング4なんて有りません。

OBになれば全て打ち直し

ティーショットを右に曲げてOB‥
次の打ち直しは右に行くのを嫌って左へOB‥
精神的ダメージからリズムを崩し次の打ち直しはチョロ‥

そこで、思い切ってドライバーを封印し、
ラウンドをしてみようと決意しました。

飛ばしに洗脳されていた僕にとって
それはとても勇気が必要なことでした。

まして、一緒に練習ラウンドをする
ゴルフ部仲間には馬鹿にされ、

笑われていました。

しかし、その3ヶ月後・・・

ドライバーを封印したことで、
劇的にフェアウェイキープ率が上がり、

それまで出入りの激しかったゴルフが
一気に安定するようになりました。

さらに、ドライバーだけではなく、
より厳しい制約へとエスカレートしていったのです。

ドライバー抜き4本での修行

この時に使用していたクラブは
パターを含めてたったの4本。

【3W】【6アイアン】【SW】【パター】

4本セット

なぜ、クラブを4本に絞ったのか。

初めは、単なる興味(笑

プロゴルファー猿の世代ではありませんが、
その伝説はゴルファーに脈々と受け継がれています。^^

しかし、実際にやってみると
信じられない副産物を得ることが出来ました。

少ない本数で回ることで、
強制的にコースマネジメント
考えるようになるのです。

想像してみて下さい。

3Wで飛ばしすぎるとセカンドが難しい・・・
長い番手でコントロールするとボールを
グリーンで止められない・・・

そうなると、限られたクラブの中で
強制的にキャリーをコントロールしなければ
ラウンドができなくなるんです。

やってみるとこれが意外に面白くて
よりゴルフらしく感じられました(笑

どのクラブをどう使うとどうなるか。

グリーンまでを逆算し、
毎ホール戦術を考えるしかなくなるのです。

結果、ドライバーを封印したことで、
フェアウェイキープ率が上がり、

本数を制限することで、
マネジメント力が一気に覚醒し、

4本だけで安定したパープレーで
回ることが出来るようになったのです。

これは自分でも本当に目から鱗でした。

とりあえずドライバーを握る
なんてことは絶対にありません

コースの状況、リスクを考えて
ドライバーを効果的に最大限活用していく。

4P7A8497

それが一番大事なことなんです。

例えば、自分の飛距離を考慮すると
セカンド地点に深いバンカーがある。

深いバンカーに入ってしまったら
大叩きしてしまうかもしれない。

それなら、ティーショットは刻んで
確実に狙っていく。

それがマネジメントです。

それも考えなしに条件反射的に
ドライバーを手にしてしまっているとしたら・・・

もちろん僕もティーショットでの
ドライバーの使用頻度はマチマチです。

コースの状況はモチロンですが、
自分のコンディションも加味して

時には14H中に5回~6回しか
ドライバーを握らないこともあります。

ドライバーの使用頻度は人それぞれです。

あなたのコースマネジメントが
出来るのはあなただけなのですから。

是非、今回のメールマガジンを参考に
次回ラウンドからは、ドライバーを握る前に
一度考えてみて下さい。

本当にここでドライバーを握るべきか否か。

握ったらもう考えるのは一切不要です。

完璧なショットだけをイメージして
ベストスコア更新を達成しちゃいましょう。^^

それでは、またメールします。

ガッツパー水柿

 

■ あとがき ■

飛ばしに洗脳されていた
水城高校ゴルフ部時代の写真、、、

ちょっと気恥ずかしいですが、
今回のメルマガの為に実家の母から
写メを送ってもらいました。(笑

 

<本日のオススメ>

以前より米国と交渉を重ねていた
ダウンブローが自在に打てるようになる
新商品の予約注文受け付けを開始しました。

それがこの「ツアーストライカープロ」です。
詳しくはこちら

http://g-live.info/click/tourst170926/

※本数限定。残りわずかです。

 

▼ガッツパー水柿コーチのスイング動画

【ビデオ】ナイスボギーは正しい?

2017.10.06
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは小原大二郎です。

あなたはラウンド中
どんな声掛けしていますか?

私は日頃から意識してしているのですが
先日、あるスタッフから相談を受けました。

「小原さん相談なんですけど、、、」

「先日、先輩とラウンドに行って、、、」

話を聞いてみると
「ナイスショット」
「ナイバーディー」
「ナイスパー」  

声がけを大事にしている彼は
毎回言っていたそうなんですが

「ナイスボギー?」

これを言っても良いのかが
どうしてもわからなかったらしいのです。

「だからどうして聞きたかったんです、、、」

わかります。

その辺はニュアンス的にも
少し難しい部分ですよね。

声がけについて説明していきます。

忘れないで頂きたいのが
いちばん大事なマナーは

言われた時に
“ありがとう”

この言葉を伝えることです。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 

<本日のオススメ>

たった7球打つだけで
あこがれのダウンブローが
誰にでも打てる唯一の方法。

これから先5年10年たっても
このスキルが変わることはありません。

あなたも”コレ”を使って
ボールを打ってみてください。

70本限定ですのでお急ぎください。

http://g-live.info/click/tourst171003/

_

[事例] コンペ2日前にクラブ納品…結果は?

2017.10.05
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「コンペ2日前にクラブ納品…結果は?」

という話をしたいと思います。

タイトルをご覧になっていただければ分かる通り、
これはフィッティングを担当した方に起こった実話です。

しかも話を聞いて驚いたことに。。。

いわゆる「ぶっつけ本番」で…

そのフィッティングなさったお客様は
もともとベストが85~86ぐらいのスコアだったとのこと。

ですが、ここ何年も100を切れない状態が続いていたそうで
 

 「ここで心機一転、スイングを習ってやりたい!」
 

ということで、ゴルフパフォーマンスにいらっしゃいました。

ゴルフパフォーマンスのレッスンは
フィッティングが付いているプランも多いので、
早速フィッティングも受講。

フィッティングではご提案したフルセットをご購入いただきました。

とはいえクラブ制作から納品まではお時間をいただいていますので、
お伝えした納品期日までお待ちいただいたのですが。。。

その納品の二日後がなんと
ゴルフパフォーマンスのコンペだったそうです。

コンペの二日前に無事納品させていただいたものの
新クラブでの練習もほぼナシのまま、当日を迎えて。。。

(その週はお忙しかったようで、試し打ちもできなかったのだとか)

当日はぶっつけ本番でクラブを使うことになったのですが、
そのコンペでなんと。。。

まさかの「95」のスコア!

コンペの前々日に「明後日ですね」ということで
できたクラブをお渡しして、お見送りをしたのですが。。。

当日のコンペでなんと「95」で回ってきたとのこと!

後日、ご報告をいただいて、
 

 「クラブを変えただけで95になるなんて、
  やっぱりクラブって、大事なんだなと思いました」

 「一生、以前のクラブだったら、
  かなり効率が悪かったと思います」

 

という声をいただきました。
 

クラブも重さも変わって、果たして本当に上手くいくのかという
疑心暗鬼の中で結果を出していただけるのは、本当にスゴイことです。
 

 「このままクラブを変えずにやれば、ベスト更新も近いと思います」
 

何よりこういう声をいただくと、フィッターとして素直に嬉しいですね。

コンペや交流ラウンドのお客様でも

以前のことになりますが、チーム小原が運営する
「ゴルフパフォーマンス」で、
全店舗のお客様が参加するコンペに同行しました。

GPの全ての店舗から、
70名ぐらいの会員さんにいらしていただきました。

コーチ陣の場合は、店舗のお客様にしかお会いしませんが、
自分の場合は他の店舗も回ったりしていますので、
より複数のお客様と面識があります。

参加された約70人の中で、だいたい3分の2ぐらいのお客様が
何らかの形でフィッティングを受けていらっしゃいました。
 

その中には、今回冒頭でお話しをしたような
クラブを変えてすぐにベスト出た方も複数いらっしゃいましたし。。。

「Xシャフト」をオススメして、始めはためらっていたものの
ちゃんとスイングにフィットしている方も、いらっしゃいました。

コンペに行っても、いろいろな人に声をかけられて
とても忙しい一日だったんですが。。。

それでも、自分のフィッティングが
どのようにいい影響を与えているのかが大変よくわかって
とても嬉しかったです。

信じられないかもしれませんが、
実は「Sシャフト」ですら足りないという方は、
かなりの割合でいらっしゃいます。

そういう方に限って「まさか自分がXなんて」と
おっしゃるのですが。。。

実際にXシャフトにしてみたら、
驚くほど上手くいっているわけです。

これからも日々のフィッティングの中で、
こういうお客様を増やしていきたいと、改めて思ったのでした。
 

というわけで、あなたにもフィッティングを
ご紹介できればよいのですが。。。

相変わらず「満席」の状況が続いていて、
お受けすることができない状況です。

もし空き枠が出てきましたら、
このメールマガジンの場でお知らせしますので、
今しばらくお待ち下さい。

追伸

フィッティングの代わりというわけではないのですが。。。

前回開催して好評を得た、
『ビジネスゾーンフィッティング』マスター講座を
改めて募集します。

http://g-live.info/click/bzft_1710/

このセミナーの大目的としては

 「一生自分のクラブを選ぶのに困らないだけのスキルを提供する」

というものです。

自分でもフィッティングができてしまうぐらいの
そんな講座になっています。

ここではいわゆる、キレイゴトだけを語るつもりはありませんし、
ゴルフを続ける限り、クラブの悩みは尽きることがありません。

こうした「公共の場」では語れないようなこと、
あるいは普段のフィッティングでも

 「ここまではちょっとしゃべれないかなあ。。。」

というようなことも、この場でお伝えしていこうと思っています。

http://g-live.info/click/bzft_1710/
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

こちらの近藤プロからのご案内は
すでにご覧いただけましたか?

100が切れないゴルファーでも
たった「7球」で夢のダウンブローが
打てるようになる唯一の方法…

近藤プロが紹介するビデオを見たい方は
こちらをクリック!

http://g-live.info/click/tourst171003/

※緊急でアメリカから70セット入荷!