【ビデオ】こんな打ち方をするから左に飛ぶ

2015.04.15
小原obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

今日はスライスを出す人が
どんな打ち方をしているか、
動画で実演してみました。

スライスは、
アウトサイドインの軌道が原因で出てしまうものですよね。

内側(自分の身体側)に打ってしまうと
どうしても左側にボールが飛んでいき、
打ちたいところに届きません。

ほとんどのゴルファーが
このスライスに悩まさた経験があるようです。

スライスから抜け出せる人と、

いつまでもスライスに悩まされて、
ゴルフの楽しみを邪魔される人。

私は、
その違いは肩、背中にあると考えています。

上半身を動画のようにして
打ってみることで、ボールが曲がらなくなります。

クラブがなくても感覚はつかめる練習ですので
自宅にいてもすぐにできます。

動画を見ながら、まずやってみてくださいね。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、本日の動画は字幕を出して見られるようになりました。

動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。
字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

PS
字幕機能について試して頂いた方はいかがでしたか?

ぜひ本日の動画レッスンの感想と字幕についての感想コメントお待ちしています。
※字幕はパソコンからのみ、ご覧になれます。

追伸:
私の「グリーン周り勝ち組宣言」ですが、
キャンペーンが今日までみたいです。

私が持つアプローチの上達法を
精一杯シンプルに、わかりやすく詰め込んだので

良かったらお得な時に
手に入れてみてください。

http://g-live.info/click/approach150106/

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: 100切り, スイング, スライス, ビデオ, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】こんな打ち方をするから左に飛ぶ」への6件のフィードバック

  1. あいちゃん

    小原先生のスライスに悩む人のレッスン肩の回転がいかに大事かわかりました。

    返信
  2. テッチャン

    プロのおっしゃるように何回もミスをしてきましたので、練習で出来るだけ肩を回すようにしています。コースで無意識に出来るようになればと思っています。

    返信
  3. 中嶋 竹司

    ・ 昨日「Gooプロジェクト」の教材が無事届き有難うございます。
    ・ 私自身 スライスは余りしない方なんですが、小原プロの動画を見ていると 肩は90度 腰もほぼ
    90度回っているように見えるのですが、これでは身体の捻転不足になるのではないでしょうか
    私も以前は 肩 は90度までと思っていたのですが、ある人から私のスイングを見て「腰が回り
    過ぎている 肩は90度迄 腰は45度迄」と言われそれを意識すると如何しても肩が90度まで
    いかず回転不足になり飛距離が伸びず力不足の球になってしまいます。
    ・ ステージ2(101〜120) の私としては、腰 より 肩 を重視すべきなのでしょうか(勿論腰の回し
    過ぎはいけないと思いますが)
    ・ 大森プロの「板のりショット」は大変参考になりました。自宅で練習したいのですが屋内練習
    用にクラブを短く切った物があるのですが、やはり実際のクラブで練習すべきでしょうか?
    ・ 今日のテーマとは外れてしまいますが、切り返しからダウンスイング時どうしても右肩が下がり
    結果ヘッドUPしダフリやトップの原因となっているようです、何か対策の練習方法が有れば
    ご指導下さい(これは若い時からのテーマで如何しても治りません)
    ・ ステージ2の私にはまだ早いのかも知れませんが、アドレス時にハンドファーストを作っておけ
    と言われました、今まで意識した事もなくロングアイアン等長いクラブの場合は自然にハンド
    ファーストになっていたと思いますが、短いクラブの場合何か不自然のように思えてこのまま
    練習していて大丈夫なのかな?と不安です。このままで良いのでしょうか?

    返信
  4. 片桐 和芳

    字幕がある事で、画像と字幕の相乗効果により、より理解しやすくなりました。ぜひとも継続されますようお願いします。

    返信
  5. 坪田義明

    四月15日の小原先生の動画に字幕が出てるのを見て大変に涙が出る程うれしかつです
    申し遅れましたが札幌の坪田義明です
    68歳 ハンディ9.7 ワンシーズン80r av85 80kgですがドライバーの飛距離200ヤードです
    タブレットでインターネットのゴルフ動画を見て学習しようと思い一年前にiPadを購入しました
    私は聴覚障害者で音声が聴き取りにくくて困っていました
    この字幕付き配信は聴覚障害者にはものすごくありがたいサービスです
    昨今のテレビ放送がデジタルになってからほとんどの番組が字幕付きになりありがたいです
    今迄有料の配信やDVDを購入しても音声の事がネックでした
    私はあと30ヤードドライバーの飛距離を200ヤードから230ヤード伸ばす為には
    字幕付き配信必要としている人も沢山おると思います
    手間がかかると思いますがよろしくお願いします
    私も学習してクラブ公式競技で頑張ります

    返信
  6. romaro

    ビデオで、身体の違いが、使い方
    等。よくわかりました、鏡をみながら、
    チェックします、原理、原則が。
    よくみえました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。