【ビデオ】私がパターイップスを治した方法

2015.06.08
koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「私がパターイップスを治した方法」

について、ビデオでご紹介しようと思います。

でも、そのイップスについて語る前に、それと関連する
「パターの極意」についてもお話ししなければなりません。

ゴルフの半分はパッティングです。
これが決まるかどうかがスコアを大きく左右します。

でも一般の人は、あるたった一点で大きな問題を抱えています。
それは何かと言うと。。。

(今日は動画での解説となります!)

ショートパットの秘訣はたった2つ

一般のゴルファーの問題点というのは何より、
バックスイングが大きすぎることなのです。

上げすぎてしまっているので、パットの直前で緩めるないと
カップを大きくオーバーしてしまいます。

ゆるめると転がりガワwルク鳴る
カップの回りでひゅっと切れるとかが起こる

でもそれではパターは絶対に安定しません。
では、どうするか?

それについて、ビデオで解説させていただきました。

はい、動画付きでお届けしましたが、
今日はこんなところにしておきます。

もし疑問については、コメントいただだいたものから
お答えできる範囲で順次お返事を書いています。

画像付きでないと説明が難しいものについては
お答えできないことがあることをご承知ください。

なおお読みになった方は、そちらについても再度コメントをいただけると
「既読」かどうかが私から見てもわかるのでありがたいです。

それでは、今日はこのへんで。

<オススメ>
真っすぐ遠くに飛ばせる
「世界一簡単なドライバー」

年齢・性別関係なく、
遠くのフェアウェイに
安定して落とせるその秘密を全て公開中

http://g-live.info/click/ksng150602/
※人数限定特典付きで、本日6月8日(月)まで販売。

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】私がパターイップスを治した方法」への27件のフィードバック

  1. 田浦 利喜

    パッテイングは手ではなく腹筋で打つについて、何回も試みその実施がうまくいかなかったのですが、グリップエンドを臍にあてがって行ったら腹筋でのいい感じになり、実行した結果方向、強弱ともにとても安定しいいスコアにつながりました。さらに磨きをかけたいとおもいます。ありがとうございました。

    返信
  2. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

    加用真実さん(facebookより)

    今からでも遅くありません、頑張りましょう

    返信
  3. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

    Tamotsu Miyashitaさん(facebookより)

    下半身が動かないように力を入れ、三角形を崩さずにストロークすれば腹筋を使う事が体感できるはずですよ。

    返信
  4. 西岡 貞次

    話は分かりましたが、腹筋で打つが解りません、練習してみます。

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      西岡さん

      そうです、実践してこそ意味が分かります。頑張ってください。

      返信
  5. keizo

    腹筋で打っています。
    そんな事でテイクバックの幅も小さいです。

    数回トップアマとまわって、ジャストタッチはダメでもっと強く打てとアドバイスをもらいました。

    大事な時に、しっかり打てない。
    ラインはあっているのに、止まり際、つまり、カップ際でお辞儀をする。
    そういう事が多々あるので、それを見て、強く打つようにアドバイスを受けたと思います。

    これって、意識だけの問題ですかね。

    腹筋で打って、テイクバックが小さいので、インパクトの強弱だけで打っているのだと思います。

    先日、ラウンド、そして練習場で強く打とうと練習したのですがなかなかうまく打てません。

    カップ、その先の仮想ターゲットをみて距離感を感じ打とうと思うのですが。
    時間が掛かるのかな??

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      keizoさん

      最もカップインが高いストロークは40cmオーバーのストロークです。低くヘッド出すもポイントですよ。

      返信
  6. やるのみ

    腹筋を使うということは、呼吸は止めて打つということになりますか?
    であれば、吸って止める?吐いて止める?
    どちらが、パッティングに適していますか?

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      やるのみ さん

      吸いながらあげ吐きながらフォローを出すとより低くヘッドを出すイメージがでると思いますよ。

      返信
  7. 田浦 利喜

    いままでショートパットも、右肩で打っていましたが、強弱も方向もやや不安定でした。
    いい事を教えていただき早速腹筋で実験してみようと思いました。

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      田浦利喜さん

      大きな筋肉でストロークすることはプレッシャーに強くなります。

      返信
  8. k.ohnuki

    いつも、パットが強すぎてはるか彼方に行ってしまうボール。
    肩と腕をいつも三角形にして、打っているのに。
    今度こそ次のホールでは、美しい三角形を作って打つのだと強く心に誓っていくのだけど、また同じ結果を出してしまう。
    【腹筋を使って打つ】腹筋には、自信がありませんが、今まで常識だと思われていた三角形をやめて、腹をくくってチャレンジしてみます。

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      k.ohnukiさん

      三角形をキープすることは否定していませんよ。

      返信
  9. RmaRo

    今日のパターでのアドバイス
    ビデオでの、動きの違いが、よくみえました、
    今日、自宅で、体感します
    いつも肩の回転が、おおく、距離感が、
    ずれてたと?
    横峯プロも、ほとんど、テークバックが、
    ないみたいにみえますね

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      RmaRoさん

      横峰プロの高くフォローを出すストロークはアマチュアの方には推奨しません。

      返信
  10. 島田 一良

    パターは諦めの境地です。
    今までテークバックを大きくしたり、小さくしたりしてみますと、小さい方が安定することを感じていました。
    パターの上手な人を見ると、大きなテークバックはとっていません。
    ショートパットは腹筋を使う?、初めて聞きました。
    やってみたいと思います。

    返信
  11. 保﨑秀夫

    ありがとうございます。大変参考になりました。パットの距離感がなかなかつかめません。ロングパットの時、ついショートしてしまい、次はオーバーという繰り返しです。思い切り1パット目を打てるようにするには何が必要ですか?教えてください。よろしくお願いします。

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      保崎さん

      距離感を得るには、ボールを見ずに目標を見ながらストロークする練習が最適です。

      返信
  12. 徳田 義昭

    とにかくパッテイングが不得意です。先生の言われた、腹筋で入れる試してみます。
    ありがとうございます。

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      千葉のミーさん

      パターだけではなく、全てのショットで体幹は使います。もちろんショートアプローチもです。

      返信
  13. 小林 孝雄

    パットを腹筋を使って打つ、フォローをしっかり取るためには左脇を少し開く感じで打て、とのアドバイスはなかなか新鮮なアドバイスであった。 早速、明日のラウンドで心がけて試してみたい。 (セニョール)

    返信
  14. 敏昭

    早速マットで試してみました
    今までは1m以内の短いパットは手で入れようとしていました。
    それでは入っても安定せずいつもヒヤヒヤでした。
    腹筋で入れるイメージ 聞いただけではピンときませんでしたが
    実際やってみると安定感抜群で実戦の緊張した場面でもいけると思います。
    ありがとうございました。

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      敏昭さん

      そうです、プレッシャーに強いのです。25球連続でカップインするまで止められないという練習と併用すれば最強です。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>