[ビデオ]左肘が引けて距離感と方向性が出ない

2015.07.18
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今回も動画でのレッスンをお届けします。
なんのレッスンかと言うと。。。

 「フォロースルーの時に左肘が引けてしまって、
  うまく距離感も方向も出せない」

と悩んでいる方に、アドバイスをさせていただきます。

実はこの、フォローで左肘が引けてしまう動きが
出てしまうと、距離感や方向性の問題以外にも、
他に怖いことがたくさん起こります。

どんな怖いことがいうことかと言いますと…
(続きはビデオにて!)

その怖い話の前に…

その肝心の前に、フォロースルーの時に
左肘が引けてしまう方の特徴をお話しますね。

左肘が引ける人に多く見られるのが、
ダウンスイングの時に手から下ろしてしまうことで、
クラブヘッドが外側から内側へ振り抜く動きが大きくなってしまいます。

そうすると結果的に、腕のたたみどころがなくなって
フォロースルーで肘をたたんでしまい、
小さなフィニッシュになってしまうんですね。

では、それを解消するにはどうするか?

ビデオにもありますが、クラブか棒が一本あれば、
超簡単に解消できてしまう便利な方法なので、
ぜひすぐ試してみてください♪

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!

モンゴより

追伸:

あ、小原プロの教材DVDが、期間限定でキャンペーン中です!

「ある秘密を知っているかどうかだけで
 10もスコアに差が開くことがある。。。」

その秘密、モンゴも知りたい! 教えて~(爆)

http://g-live.info/click/sr150714/

※7月20日(月)までだそうです!

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: スイング, ビデオ, 上達テクニック, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

[ビデオ]左肘が引けて距離感と方向性が出ない」への1件のフィードバック

  1. 反保一雄

    モンゴさん  やっと私の最大の欠点を取り上げてくれましたね。実は私の場合は左肘が開き、且つ右も開きます。次回はこの問題を取り上げて下さいね。でも今回のは参考になります。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。