「またですか?」では上達できません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015.08.11
小原obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

私がゴルフのレッスンをする時、
人にもよりますが、

まずやってもらうことは、
基本的にはビジネスゾーンです。

最初からフルスイングはさせません。
腰から腰の小さいスイングで、
まずは良いインパクトからスイングを作っていってもらいます。

インパクトに集中して、
フェース面ですとか、前傾角度や膝の角度を細かく見ながら、
ずっとビジネスゾーンです。

それしかやらないわけではないのですが、
基本的に必ずやりますね。

いろいろなレッスンをしながらも、
合間に何度もビジネスゾーンの練習をしてもらっていると、

「またですか?」
と苦笑いする人がいます。

気を遣ってあまりはっきりとは言いませんが、この人は

「同じことをするの?
 しかもこんな簡単すぎて面白くないものを?」

「何か新しい練習法を教えてくれないの?」

という想いでいっぱいでしょう(笑)

体から自然に動きが出てくるまで

「またですか?」
という言葉には、

「もうそれはいいよ」
「それとは違うもの、新しいものを教えてよ」

というニュアンスがありますね。

新しいもの、とは
その人が知らなかった方法でしょうか、

それともゴルフ界に
今までなかった全く新しい画期的な方法、
でしょうか?

そういう方法が欲しいのはわかりますが、
その考え方では、
早く、安定して上達することはできませんよ!

基本を置き去りにして、
違う方法を欲しがる人は、
「知識」を欲しがっている状態ですね。

知識はすぐに手に入って、
満足感がありますからね。

だからそういう状態になっている方には

「はい。またビジネスゾーンですよ。
 新しいものをいくら詰め込んでも、
 上手になれるわけではないですからね」

と言うようにしています。

知識をたくさん手に入れても、上手にはなりません。
スキルが自然と体から出てくるようにならない限り、
スコアアップにはつながらないんです。

たくさんの人が上達するための
質の良い知識を求めています。

そして、実はたくさんの人が
その知識をすでに持っています。

しかし、それでも90切り、80切りと
スムーズに上達していく人が少ないのは、
知識だけで満足してしまっているからです。

知識はいくら手に入れても仕方がないんです。

曲げずに飛ばすスキル、
芯をしっかり捉えられるスキル、
力を全てボールに伝えられるスキル、

これが毎日、自然に
自分の体から出るようにならなければいけません。

それが自分の動きならなければいけません。

それができるようになるためには、
反復が大事ですね。

練習を繰り返して繰り返して、
嫌でも体からその動きが出てくるようにしましょう。

そうすれば、
ミート率が上がって、打数が減って、
スコアがみるみるアップしていきますよ。

追伸:
先週のメルマガで、左右の誤字がありました。
申し訳ありません。
混乱させてしまったと思います。

(誤)
フェアウェイには乗っていたものの
さっきとは逆に右に曲がっていました。
(正)
フェアウェイには乗っていたものの
さっきとは逆に左に曲がっていました。

(誤)
ティショットで大きく左に曲げてしまった後、
(正)
ティショットで大きく右に曲げてしまった後、

(誤)
さっき左に曲がったから、
次は無意識に、右に曲がるようなスイングをした。
(正)
さっき右に曲がったから、
次は無意識に、左に曲がるようなスイングをした。

追追伸:
スコアアップを目指すなら、
打数を減らすために、アプローチを練習してはいかがでしょう?

私の「グリーン周り勝ち組宣言」が
一週間キャンペーンをしています。

グリーン周りでザックリやトップを連発したりして、
目の前のカップに近づけられない、という打数の損をなくして
10打は縮めてしまえますよ。

よかったら、ぜひ

http://g-live.info/click/app150806/
※8月12日(水)までの期間限定割引です

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ビジネスゾーン, メルマガ, 新着メルマガ, 未分類 | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

「またですか?」では上達できません!」への5件のフィードバック

  1. 高橋善博

    今日教材が届きました、ありがとうございました、73歳、ゴルフ歴42年、32年間はラウンドが練習10年前から練習を始め今の平均スコアは80台後半、仲間が70台で回るのに刺激され自分も出来るのでわと思い最後の挑戦をと思い応募しました、宜しくお願いします。

    返信
  2. おばな

    ゴルフ歴は20年以上なりますが、我流で覚えたためショットが安定しなくて基本を学ぶために小原プロのダウンブロープログラムを買ってビジネスゾーンの素振りを繰り返しています。週2回の練習で約1ヶ月経ちます。まだ、意識しないとできませんが、体に染み付くまでにどれぐらいの期間が必要なのでしょう。教えて下さい。

    返信
  3. 芝刈り名人

    小原プロへ

     先週のメルマガの訂正内容について了解いたしました。
    メルマガがどのような手順を踏んで私たちに提供されるのかが判りませんが
    事務局などを活用され、事前チェックを入れるように改善されたら如何でしょうか。
    勿論、技術的な内容ではなく今回のような事に限ってですが・・・

    返信
    1. 早坂功

      解体新書Part9迄来ました。60代前半で平均スコア92迄来ましたが、70代に入って(現在71歳)100を切れなくなり受講を始めました。最初の講義のビジネスゾーンの練習を打ちっ放しで毎回100球やり始めて1カ月で100は簡単に切れる様になり現在90切り直前まで来ましたがちょっと停滞気味です。ビジネスゾーンの効果は実感しました。これからもビジネスゾーンの練習は欠かさないで続けて行きたいと思っています。12ステップ迄には90切りを目指したいと思っています。今の悩みはドライバーが普段ドロー系なのですが突然プッシュスライスでOBになる事です。

      返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。