自分のイメージ通りのスイング、出来てる?

2015.12.05
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて今日は、

 「自分のイメージ通りのスイング、出来てる?」

についてお話ししたいと思います。

自分のイメージと動きが一致していれば、
あなたはかなりのレベルに達しているはずです。

でも、そのへんのイメージが一致している感じが
あまりないとしたら。。。(汗)

練習が必要です!(キッパリ)

あ、そういえば先日、
レッスンでこんなことがあったんです。。。

ビジネスゾーンレッスン会にて。。。

ビジネスゾーンをマスターする、
レッスン会を、小原プロ、宮本プロと行いました。

平日にもかかわらず、
本当に多くの方にご参加いただいたんですが、
(どうもありがとうございます!)

そこでちょっと衝撃的なことがあったんです。

お話を聞いていると、たいていの参加者の方は、
小原プロのビジネスゾーンの教材を
買って練習をしていたといいます。

みなさん、本当に一生けんめいです!^^

で、もちろんみなさん、DVDを見ながら
練習をしていらっしゃるんですが、

 「あれ、ビジネスゾーンを
  やっていただいているのに、なんか違う。。。」

もちろん、細かいところでは足の幅が違うとか、
グリップがウィークっぽいとかはあったんですが、

そんなことよりもっと大きな違いだったんです。
それは何かといいますと。。。

振り幅が大きい!

はい、みなさん圧倒的に違ったのが振り幅です。

みなさん、けっこう大きいです!

人によっては、
肩から肩ぐらいまで行っている人も。。。

前回は映像を見せたりはあまりしませんでしたが、
ビジネスゾーンの振り幅は、コレぐらいですよ~♪

(↓コレ)

b-zone

でも、参加されたほとんどが、小原プロのビジネスゾーンを
「こういう感じだろうな」という感じで自主練をされていて。。。

本当に素晴らしいと、思いました!^^

で、ビジネスゾーンのレッスンで一番
おっしゃってくださるのが、この言葉なんです。

 「こんなに辛いんだ。。。」

 「こんなに違和感ありまくりなんだ。。。」

これについては、ほぼ100%同じ回答です。

「アドレスだけで、こんな苦しいなんて。。。」

そうなんです。

ちゃんとアドレスをしていると、
体勢として、腰のところが苦しいはずなんです。

参加された方はみなさん、
いい姿勢をずっとキープしないといけないのが
相当辛かった様子でした。

アドレスがどちらかというと猫背になっていて
みなさん起き上がってきてしまうんですね。

このビジネスゾーンでのスイングは、
股関節から前傾するというのが大事なポイントです。

ですが、辛いと感じる人は、
普段から股関節から前傾できていないんですね。

みなさん、お腹からお腹を折ってしまっています。

もちろん、お腹のほうが身体を折りやすいので、
比較的、楽な体勢です。

しかも前傾している雰囲気は出せます。

でも、このへんのアドレスのイメージが変わると、
あなたのゴルフは間違いなく、変わります!

もしあなたが、小原プロのビジネスゾーンの教材を
お持ちなのであれば、まずは、このイメージで
身体が動かせているか、チェックしてみてください。

もし、

 「ええー、こんな体勢なの!?」

って思えたら、きっとあなたのスイングは変わりますよ~♪( ´▽`)

以上、少しでも参考になれば嬉しいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!

<本日のオススメ>
飛距離を伸ばすのに

・スイングをイチからマスターしようとする必要はありません。
・「自分のスイングのどこがいけないのか?」
 と考える必要もありません。
・多くの時間や大金を使う必要もありません。

日本中に多くの飛ばし屋ゴルファーを生み出した、
3ステップ・ドリルとは?

http://g-live.info/click/7hsp/

※12/7(月)までの期間限定です。

 

Facebookでコメントする

自分のイメージ通りのスイング、出来てる?」への2件のフィードバック

  1. 髙橋 尚彦

    12/3の15:00の会に参加した髙橋です。
    私もアドレスで母指球に体重とお尻を上げて、ハンドダウンとご指摘いただき、左腰に張りを感じておりました。これを意識して練習に励みます!

    返信
    1. モンゴモンゴ 投稿作成者

      髙橋 尚彦さん
      3日はありがとうございました!

      『違和感』があるでしょうが、高橋さんが仰っているところを意識して練習して頂ければもっと良くなります!

      腰が痛くならない程度に練習してくださいね^o^

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>