残り80yならハーフトップしてもOK

2015.10.13
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

前回のメルマガでは、
50ヤードのエクスプロージョンについて
お伝えしました。

せっかくなので、今回も中途半端な距離からの
バンカーショットの続きということで

 「80ヤードのバンカーショット」

についてお伝えしていきます。

80ヤードも、50ヤードと同じように
とても難しいバンカーです。

ですが、50ヤードと大きく違う点があります。
それは何かというと。。。

80ヤードはクリーンヒットが必要

(ちなみに、当初の質問にあった150ヤードの
 バンカーショットについてはまた後日お伝えします)

50ヤードはエクスプロージョンを選択することが多いと
前回あなたにお伝えしました。

ですがそれに対して、80ヤードの場合は
クリーンヒットを選択することが多くなります。

もちろん砂質やライによって
どちらを選択するか変わってきます。

まず、表面がしまっていてボールが綺麗に砂に乗っている時は
非常にクリーンヒットしやすくなります。

僕の場合、SWで80ヤードですと
ほぼフルスウィングで打たなければならず
インパクトがきちっと入る確率が下がります。

という事でフェアウェイから80ヤードは
SWで打つことが多いですが、バンカーはライが多少良くても
52度(PSやAWと同じ)で打つことが多くなります。

52度で70%ぐらいのスイングで

52度で80ヤードだと、
70%くらいのスウィングになります。

普段より力感が弱く打つことになります。

ですが力感が普段と違うとインパクトは合いにくくなります。
つまり、ダフり、トップが出やすいという事です。

という事でインパクトは集中しなければなりません。

ボール位置はスタンスほぼ中央です。
ダフりたくなくても右足寄りですと
球が低くなってしまいます。

ピンが奥の時には低く出すのもありですね。

基本はスタンス中央で少し距離をセーブするので
クラブを少し短めに持ちます。

バックスウィングをいつもより小さくします。

僕はだいたいのイメージですが
普段腕を11時まで上げていますが、
それを10時半にするようにしています。

インパクトは緩ませない

10時半まで上げたら、シュッと振ります。

せっかくグリップとバックスウィングで
距離をコントロールしているのに、インパクトまで弱くしては
芯を食ってもショートしてしまいます。

そしてインパクトを緩ませない(弱くしない)ことによって
芯を食う確率も上がります。

大事なインパクトですが
芯をピッタリ食ってくれれば嬉しいですが
芯を食わせようと思ってダフるとショートしてしまいます。

易しくはありませんが、ダフるよりは
少しくらいハーフトップと思って下さい。

中途半端なバンカーではハーフトップが何度も出てきましたが
普段からハーフトップの練習をしていると
非常にコースで役に立ちます。

是非、練習場で取り入れてみてください。

それではまた、次回も楽しみにしていてください。

ーツアープロ 梶川剛奨

追伸

先日レッスン会にご参加頂いたMさんから
鉄板アプローチ(低く出てスピンの効くアプローチ)について
ご質問がありました。

バンカーの低く出てスピンの効く打ち方は
鉄板アプローチと似た感じですか?

という内容でした。

球筋のイメージは似ていますね。
バンカーの場合エクスプロージョンなので振り幅が大きくなります。
その分スピンはかかりやすくなります。

鉄板アプローチの場合振り幅が小さくてもスピンが効きます。
ですからインパクトの圧力とクラブの入りはとても重要になります。

練習場で繰り返して頂ければ絶対出来るようになります。
頑張って下さい。

<オススメ>
あなたがよりシンプルにゴルフをしたい、
簡単にまっすぐボールを飛ばしたいと思うなら。。。

大森コーチのこの3つのステップで
より簡単にボールを飛ばせる
「タメのあるゴルフスイング」を目指してください。

http://g-live.info/click/ohmori151008/

※期間限定のご案内です。

The following two tabs change content below.
梶川 武志

梶川 武志

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。
カテゴリー: ウエッジ, バンカー, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
梶川 武志

梶川 武志 について

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。

 

Facebookでコメントする

残り80yならハーフトップしてもOK」への2件のフィードバック

  1. Y_Iwata

    先日はシャドーレッスンありがとうございました。
    会場のスタッフに顔を覚えられるほどの常連になってしまいましたが(笑)、それでも毎回新鮮な発見があります。
    おかげさまでアイアン、FW、パターはだいぶいい感じになり今の課題はDWの安定性とアプローチです。
    今回の教えを生かして鉄板はもとよりSWのコントロールショットを練習してベストスコアの更新を目指します。

    また次回のレッスン期待していますのでよろしくお願いしたします。

    返信
    1. 梶川 武志梶川 剛奨 投稿作成者

      Iさん こんにちは。
      お返事遅くなりました。
      今回もレッスン会ご参加ありがとうございました。
      Iさんのシャドースウィング、鉄板アプローチともに
      どんどん良くなっています。
      そして特に良くなっていたのがパッティングでした。
      毎日マットで練習して下さっているという事でしたが
      ボールの回転が素晴らしかったです。
      ショートパットもコースで入る確率が上がったとおっしゃっていましたし、
      成果が出てくれているのは僕も嬉しく思います。
      今後、鉄板アプローチが進歩していき40~50Yまでいい感じで打てるよう
      頑張っていきましょう。
      ベストスコアは必ずついてきます!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。