8割のゴルファーが100を切れない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.12.05
obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

 

おはようございます、小原大二郎です。

 
今日は100を切れる人と切れない人の違いについてお話しします。
100を切っているかいないかにかかわらず、
今日の話はあなたにとって有意義な話になるでしょう。

 

 

■8割のゴルファーが100を切れずに人生を終える
だいたい日本のゴルファーは1000万人強いらっしゃると思いますが、
そのうちの8割、800万人ぐらいは100を切っていません。
100が切れないことを、
・素質がない

・体格に恵まれていない(飛距離が出ない、など)

・練習の時間がない、お金がない
これらの問題として片付けてしまう人がいます。

 
しかし、素質や体格に恵まれていなくても活躍しているプロゴルファーは
いくらでもいますし、練習の時間がなくても上達できる人はたくさんいます。
一方で、素質や体格に恵まれていて、時間もお金も十分に持ちながら、
100を切れない人というのも多くいらっしゃいます。

 
もしかしたらあなたは、100を切るということを
難しく考えているかもしれませんが、そんなことはありません。
以下の3つのことが出来ていないために、
100が切れていないだけなのです。

 
■100を切れない3つのブレーキ
これからお話しする「3つのブレーキ」を外せば、
あなたもラクラク100を切れるようになります。
以下、順を追って説明していきますね。

 
◆1.素質は関係ない
私もたくさんのゴルファーの方を見させていただきました。
そこでわかったことは、ゴルファーの「素質」という点では、
アマチュアの方なら、どの人もそれほど変わることはありません。
そんな状況でも、100を切れる人と切れない人がいるのですから、
「素質」というものがいかにアテにならないか、ということがわかるでしょう。

 
◆2.体格・体力が全てではない
確かにゴルフというのは、体格に恵まれたゴルファーのほうが
飛距離も伸びますので、有利であることは間違いありません。
また、プロになれば、男性なら4日間連続でラウンドをしますので、
4日間のラウンドに耐えられる体力と精神力が要求されます。

 
しかしその一方で、身体が小さくても別の方法で乗り切ることができます。
日本プロゴルフ界のドンと呼ばれた杉原輝雄プロは162cmとの小柄ながら、
並外れた練習量とゴルフクラブの工夫によって戦い続けました。
女子プロゴルファーであれば、馬場ゆかりプロは身長149cmと小柄ながら
ダイナミックにドライバーを飛ばすことで有名です。

 
◆3.練習時間、お金はやり方次第
「ゴルフがお金をかければ誰でも上手くなれる」
こんなふうに言い切っている方もいらっしゃいます。
確かに練習時間が多く取れたり、お金があればギアにもラウンドにも
お金をかけられるので、上達のチャンスは多くなるでしょう。

 
しかし、これもやはりやり方で、
お金や時間をかけずに上手くなっている人はいくらでもいます。
むしろ、お金や時間がないほうが、工夫して練習をするので、
結果として上手くなることも多いようです。

 
■「~がないから…」が実は最大のブレーキ!
ここまで、3つのブレーキをお話してきましたが、
実はもう一つ、100が切れない究極のブレーキが存在します。
それは・・・
「●●がないから」
という考え方です。

 
◆素質がないから・・・

◆体格に恵まれないから・・・

◆お金がないから、時間がないから・・・

 
もし、あなたがこんなふうに考えているのなら、、、
ゴルフが上手くならない原因を、外に求めていることになりますよね?
あなたが外に原因を求めている以上、
自分を変えることなんてできるはずがありません。
ゴルフが上手くならない原因も、上手くなる原因も、
全ては自分自身が出発点のはずなのに、、、、です。

 
もしあなたが、ゴルフが上手くならない原因、上手くなる原因を
外に求めていたのなら、、、
その考え方をやめるだけで、
100が切れるようになるかもしれません。

 
またメールします。
小原大二郎

 

 

 

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: 100切り, メルマガ, 小原大二郎 | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。