自分のスイングがわからない?

2015.12.01
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

テレビを見ていたら
芸能人の武井壮さんの面白いトレーニングが紹介されていたので
あなたにもゴルフに絡めてご紹介したいと思います。

武井壮さんは高校ではボクシング、大学では短距離走、十種競技、
日本陸上競技会の十種競技でも優勝するなど
輝かしい記録を残しています。

さらに、大学卒業後に2年間のゴルフ留学を行うなど、
ゴルフの見識にも明るいそうですよ!

彼のトレーニングを紹介すると、、、

頭で思ったことが出来れば成功する!?

「頭で思ったことがきちんと身体で実現できればスポーツは成功するし、
 それができないから失敗する。」

武井壮さんはそのように語っています。

例えば、「水平に腕を上げてください。」
といった時、ほとんどの人は微妙に
角度が上がり過ぎたり、下がり過ぎたりしてしまいます。

これが、自分の身体を正しく動かせていない証拠。

例えば、ゴルフスイングでも
肩の高さでスイングするといったとき、

自分のオーバースイングを
気づける人はほとんどいませんよね。

それが、スポーツの世界で
上達できるか出来ないかの違いと言います。

そのため武井壮さんは、
自分の身体を、”思ったように動かすためのトレーニング”に集中して、
スポーツの練習を行っているそうです。

その例が、目を閉じて
真上に投げたボールを、
そのままキャッチする。

と言った練習法。
こういったトレーニングを続けて

自分の身体を思うように動かせるよう
毎日練習されているそうです。

実際、武井壮さんは
ゴルフでもハンデ1.3、
ベストスコア69だそうです。

最近も、テレビのホールインワン勝負とかで
引っ張りだこみたいですよ。

自分のスイングがどうなっているかわからない

多くのゴルファーが
悩んでしまっているポイントとして、

「自分のスイングがどうなっているかわからないんだよ」

という質問をよく頂きます。

それは、ごもっともです。
実際、日常的に行う動作で
ゴルフと同じ動作は中々ないですよね。

ゴルフスイングは、ゴルフの時にしか行いません。
(もちろん、部分部分はあるかもしれません)

自分のスイングで目で見えているのは
腕とクラブとボールくらいで

ほとんど、目隠しで振っているのと
変わりませんね。

だから、よっぽど
ゴルフスイングを毎日何百回もしていたり、

ゴルフ部やプロゴルファー並の
練習を行った方以外は、

自分のスイングを完璧に理解するということは
自然には身につかないかもしれません。

じゃあ、どうすれば
自分のゴルフスイングがわかるのか?

どうすれば、自分のスイングが分かるか?

あなたが気軽に自分のスイングを知るためには
武井壮さんも言うように、

自分のゴルフスイングと
頭のイメージの差を埋めていくということが
非常に大事だと思います。

例えば、自分のスイングを撮影したり
鏡で見ながら練習を行うということ。

例えば、ハーフスイングしようと決めた時、
しっかりハーフで止められているか確認する。

その時、どれくらいの距離を飛ばせているかチェックする。

フルショットの時、どれくらいトップを上げているか確認する。

と言ったことです。

自分のスイングを客観的に見た時、
自分のイメージとずれていれば、
少しずつ修正します。

あぁ、オーバースイングだったんだ
ちょっと下げよう、とか。

腕がぎこちないな、
どうすればもっと綺麗にテークバックできるだろう、とか。

そうすれば、今の身体の動きと
イメージというのが、よりつながって来るでしょう。

自分のスイングを、
自分のイメージに近づけることで
あなたもより上達していくことができるでしょう。

試してみてくださいね。

またメールします。

小原大二郎

<本日のオススメ>
「夢のビッグドライブを実現するドライバー?」

このドライバーを使って、
今まで、全く飛ばしに自信がなかった
アマチュアゴルファーが、

1年ぶりのコンペで
ドラコンを獲得し、、、

パーティで
友人たちから一斉に祝福されました。

しかも、ほとんど練習することなく、、
です

http://g-live.info/click/ms151126/

 

Facebookでコメントする

自分のスイングがわからない?」への1件のフィードバック

  1. サミー

    おはようございます
    今日は、自分の悩みが、
    自分のゴルフスイングと、頭のイメージの差
    何時も、手元しか、みえなく、
    目を、つぶり、身体の、動きを、確認しながら、
    今日の、レッスンで、はっと、!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>