知ってました?「ポッコンアプローチ」はNG

2016.02.09
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、前回もアプローチの話をしました。
ボールとクラブについては、少しご理解頂けたかと思います。

「弘法筆を選ばず」という言葉がありますが、
プロでも強い選手ほどクラブやボールにこだわります。

あなたも是非、クラブやボールは選んで下さい。

さて、それらを踏まえて今日は

 「鉄板アプローチが出来るようになると
  あなたにどのようなメリットがあるのか」

についてお話ししたいと思います。

ズバリ、メリットはたくさんあります。

鉄板アプローチができることのメリット

ざっと考えただけでも、こんなにあります。

1.アプローチが寄るようになる

2.バンスを使う感覚が分かってくる

 ※この感覚はバンカーに対してものすごい効果があります

3.いわゆる「掴まる感覚」が分かってくる

 ※他のアプローチやショットにものすごいいい影響があります
  もっと言えば、パターにもいい影響があります
  この掴まる感覚は、SWが一番つかみ易いです

4.同組の方に羨望の眼差しで見られる、驚かれる

どうでしょう。
鉄板アプローチ、やってみたくなりましたか?

鉄板アプローチは基本的にフェースを開いて構えます。

ですが、多くのアマチュアの方は
フェースを開いて構えることに抵抗があるようです。

フェースを開いて構えられるようになると
バンスを使う感覚が分かってきます。

なぜ、フェースが開いても低い球が出るのか?

ちなみに、僕のSWは58°です。

ですので、フェースを開くと
62°~65°くらいになっているでしょうか。

でも何故、そのロフトから低い球が出るのか
不思議に思いますよね?

この事は前回、前々回のボール選びとクラブ選びが重要、
という話と、密接なつながりがあります。

ゴルフボールは、表面がゴムやウレタンで出来ていて
フェースに接触する時間があります。

接触している時間が長いと、ボールはフェースにくっついて
フェースの動きと同じ方向へ動いています。

ほんのゼロコンマ何秒でしょうが、
このくっついている時間が重要です。

もちろんこの事を「掴まっている」と表現します。

このくっついている時間があるため、
フェースが右を向いていても、クラブの軌道にボールが飛び出し、
フェースが上を向いていても、低く飛び出します。

「ポッコンアプローチ」はNG

逆に接触時間が短い場合はどうなるかと言いますと、
フェースが上を向いているので、その方向へ飛び出しますし、
接触時間が短いため、スピンも効きません。

これは「ポッコンアプローチ」
(ポッコンボール)と言って、プロが嫌う現象です。

また、フェースが右を向いている分、
右にすべってしまうこともあります。

接触時間を長くするために重要なのは
打ち方ではありません。

溝のしっかりしたSWと、
スピンがちゃんと入る、表面の柔らかいボールです!

溝がすり減ってしまったSWや、ディスタンス系のボールを使えば
プロもポッコンアプローチしか出来ないのです。

この続きについては、話すとさらに長くなるので、
本日はこの辺にしておきます。

次回にこの続きをお話ししようと思っているので、
どうぞ楽しみにして下さい。

追伸

今週木曜日の2月11日は祝日ですが、
僕のレッスンを千葉方面で開催予定です。

事務局と相談して、今回のレッスンから、
試験的にレッスンの形式を少し変えています。

よりよいレッスンを提供できるように
これからも改善を加えていきます。

すでに申し込まれた方、明後日、お待ちしていますね!

それではまた、次回も楽しみにしていてください。

ーツアープロ 梶川剛奨

<本日のオススメ>

あなたはスコアに関して、こんな誤解をしていませんか?

 「スイングを矯正し続けていれば
  ゴルフのスコアは、自然とついてくる」

しかし、真実は違います。

短期間でスコアを伸ばす人と
いつまでも上がらず110付近をさまよっている人の違いとは?

http://g-live.info/click/ishi160209/

※期間限定のご案内です。

 

Facebookでコメントする

知ってました?「ポッコンアプローチ」はNG」への4件のフィードバック

  1. nagasima akihito

    溝がしっかりしているかどうかはどうやって見分ければいいのでしょう。

    アベレージゴルファーにとっては、溝のすり減りなんかは
    無視していいものと思ってましたが、どんなものでしょう。

    溝を研磨する道具も売っているようですが効果ありますか。

    返信
    1. 梶川 武志梶川 武志 投稿作成者

      nagasima akihitoさん
      ご質問どうもありがとうございます。
      いただいた溝についてのご質問は、次回かそれ以降に、この紙上でお答えしたいと思います。
      お時間いただきますが、楽しみに待っていて下さい。

      返信
  2. 宇佐美栄邦

    梶川プロ、いつも大変お世話になっております。木曜日の2月11日のレッスン、ぜひぜひ参加したいと思っていましたが、あいにく今回はタジキスタンではなくエチオピアへ来ております。また、前回のコースレッスンも大変楽しみにしておりましたところ、家族の急用にてキャンセルせざるを得なく、重ね重ね申し訳ありません。梶川プロのレッスンは、情熱的でかつ分かりやすく、毎回目からうろこのレッスンで楽しみに致しております。今後も、出張と重ならない限り参加させていただきますのでよろしくお願いいたします。出張先でも、引き続き、朝のストレッチと足シャドー20回は最低毎日欠かさず続けております。
    以上です。

    返信
    1. 梶川 武志梶川 武志 投稿作成者

      宇佐美様
      嬉しいお便りありがとうございます。
      暑いエチオピアでのお仕事大変だと思います。お体ご自愛ください。
      海外でも着々とメニューをこなして頂きありがとうございます。
      またご帰国の際にレッスン会でお会いできることを楽しみにしています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。