クラブを変えてもいい時、いけない時

2016.06.02
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「クラブを変えてもいい時、いけない時」

という話をしたいと思います。

「クラブを変えればゴルフ人生、全てバラ色。。。」
それで全てが解決するのなら、
これほどゴルフもラクなことはありません。

ですが、あなたもよくご存知かと思いますが、
必ずしも物事が都合よくいくはずもないのです。

なんでこんな話をするかというと、ちょっと前に、
こんなお客様がフィッティングにいらっしゃいました。

飛距離が伸びないのでクラブを変えたい

フィッティングにいらしたお客様
(仮に「Mさん」とさせてください)のお悩みはズバリ、

 「ドライバーの飛距離を伸ばしたい!」

ということでした。

現状の飛距離は、230ヤードぐらい。

「ゴルフクラブを変えることで、どれぐらい自分の飛距離が伸びるのか?」
そのことが知りたくて来店されました。

で、今お持ちのクラブも持参していただいて、
スタジオにある試打クラブも何本か打っていただいたんですが。。。

どのクラブで打っても、ほぼ同じぐらいの結果で、
シミュレーターの数字も変わりません。

でも実は、最初に数球打っていただいた時点から

 「おそらく、こういう結果になるだろうな。。。」

ということは、何となく予想がついていました。

こういう言い方をするとなんかイヤな人みたいですが。。。
でも、それは何かというと、

左を嫌がる打ち方が邪魔している

ハッキリ言って、Mさんはかなりお上手な方です。

なので、上手な方が必ずぶち当たることになる
「フック」が出ているとのことでした。

詳しいことを話すと長くなるので割愛しますが、
いろいろ聞いてみると、このような状況に陥っていました。

 飛距離が欲しくてゴルフクラブを変える

   ↓

 だんだんクラブがアジャストしてくる

   ↓

 アジャストすると左に行くようになる

   ↓

 左に行かないような打ち方をしてしまう

   ↓

 結果、右に行くボールで飛距離をロスする。。。

この悪循環にハマっているようでした。

フック自体は怖くないということですが、
いわゆるフェースを閉じて打つことはやってこなかったとのこと。

この今のMさんの状態で、ご本人の「希望を叶える」には、
左につかまる(右に行かない)クラブをご提案するしかありません。

ですが、ここで左につかまるクラブを提案した場合、
今度はもっと右に行ってしまう可能性が出てきてしまいます。

左を避けようとして、またさらに右に行って
もっと飛ばなくなる可能性があるということですね。

左に行かせない打ち方が飛距離のロスになっている以上、
そのスイングであるうちは、クラブを変えたとしても
飛距離が大きく変わるはずがないのです。

となると、飛距離を伸ばすというMさんの目標を叶えるために、
自分が薦める道はただ一つ。

 「今のクラブで正しいスイングを身に付けて、
  そのスイングが身についたところで、左に行かないクラブを選択」

今のスイングのまま、飛ばすというMさんの願いを
「叶えて」も、いい方向にいかないという判断でした。

特に、自分は今「スマイラック」というレッスンスタジオに所属しています。

正しいスイングを身に付けつつ、飛距離を伸ばしてほしいと思うからこそ、
そのような選択をオススメしました。

今のままでは、いくらクラブを変えたとしても、
おそらくスイングの方で「天井」にぶち当たってしまいます。

Mさんにとっても、それはよくないだろうという判断でした。

神様からのプレゼント

フィッティングを終えて、Mさんには

 「今のクラブであれば、ちゃんと打てば左に飛ぶスペックのはずです。
  だからまずは、左に行くように振って下さい。
  そうすれば、それが正しいスイングなので、その上で自分たちが
  左に行かない(=安心して振れる)クラブをMさんにご提案します」

とお伝えしました。

フィッティング自体も、とても満足されて帰られたのですが、
後日Mさんからは丁寧な御礼のメールをいただきまして、

 ・ビジネスゾーン

 ・肩から肩のスイング

 ・水平素振り

早速これらの練習を取り入れてくださっているそうです。

また、このような言葉も書かれていました。

 「今回の指摘を『神様のプレゼント』と考えトライする事に決めました」

この言葉を読んだ時、

 「ああ、どうにかお役に立てたみたいで、よかったな」

と、ホッと胸をなでおろしました。

Mさんはとてもお上手な方なので、
ちゃんとスイングを身に付ければ、クラブの差が出るようになって、
Mさんにジャストフィットするクラブを選べるようになります。

今回の壁もきっと、乗り越えていただけると思います。

Mさん、その時にはお待ちしています!

それでは、また次回。

徳嵩力一

<本日のオススメ>

片山晋呉プロのゴルフの真髄を知り
あなたのゴルフ上達に導くという
全く新しい教材がリリースされました。

NHK「グッと!スポーツ」でも放送されなかった、
片山晋呉プロのゴルフのヒミツを知って
あなたのゴルフを2段も3段も進化させて下さい。

http://g-live.info/click/ktymezr160531/

※アマゾン、書店では一切手に入りません。

 

Facebookでコメントする

クラブを変えてもいい時、いけない時」への1件のフィードバック

  1. サミー

    本質へのアドバイスですね
    今の自分に、近いですね
    目が覚めました
    片山晋吾さんのコレ一つ
    小原さんのビジネスゾーン
    コレ一つと感じました

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。