高反発はズルい?

2017.04.18
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

先日レッスンに来た生徒さんから、
こんなお悩みを聞きました。

「仲間とラウンドしてるんだけど、
 最近飛距離もヘッドスピードも落ちてきちゃってさぁ、
 昔のように飛ばしたいんだけどね、、、
 高反発ドライバーって言う手もあるんだけど、
 ちょっと恥ずかしいなぁ、、、」

あなたも、こういう風に思ったことはありませんか?

高反発は恥ずかしい?

私も以前、高反発規制がかかる前は
使っていた事があります。

ビックリするくらい飛距離が伸びて、
驚いたのを覚えています!

ですが、ゴルフは自分が審判という競技性から、
ルール違反をしたくないと考える方も多く、

高反発は違反、ズルをしているという認識があり、
少なからず後ろめたさを感じる方もいらっしゃると思います。

ですが、私個人の意見としては、

ズルだ、とか
恥ずかしいこと、だとは思いません。

ボールが飛ぶことは誰にとっても嬉しい

もちろん、公式競技などでは使えません。

ですが、プライベートでゴルフを楽しんでいるのであれば、
高反発クラブを使用して、球をできるだけ遠くに飛ばすことも、
楽しみ方の一つだと思います。

「若かった頃の飛距離を出したい。
でも、体力の衰えもあり、飛距離が出ない。」

結果、ゴルフがつまらくなってきて辞めてしまう。

あんなに楽しくプレーしていたゴルフを
つまらなくなって辞めてしまう。

それは、とても悲しく辛いことだとおもいます。

悩み解決の一つの手段

「高反発だからダメだ」と
頭ごなしに否定するのは
良くないことだと私は思っています。

ゴルフをプレーしていく上で、
様々な想いや、悩みがあるのです。

・以前のように飛ばしたい
・また楽しくゴルフがしたい

その悩みを解決する手段として、
高反発ドライバーを選んだのであれば、

私個人の意見としては、
そのような悩みを抱えたゴルファーの想いを
いちゴルファーとして粗末には出来ません。

高反発で飛距離を伸ばし、
またゴルフが面白いな、楽しいなと思えるなら、
それ以上の喜びは無いと思います。

賛否両論あることだと思います。

ですが、ゴルフが楽しいな!と
思ってもらえる手段の一つとして、

高反発ドライバーを選ぶことは
決して恥ずかしいことではありません!

またメールしますね。

近藤


<本日のオススメ>
公開は明日まで:[新]ビジネスゾーン習得プログラム

小原大二郎プロの
「魔法の杖(つえ)」を使うだけで
スコアアップ、飛距離アップしてしまう

実際に指導に使い、
累計900人以上のゴルファーを
シングルに導いた「秘技」公開


<< 詳細はこちら >>

※4/19までの限定公開

The following two tabs change content below.
近藤 雅彦

近藤 雅彦

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、神田店、新宿店の店長を兼任している。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。
カテゴリー: クラブ, ゴルフクラブ, ドライバー, メルマガ, 上達テクニック, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
近藤 雅彦

近藤 雅彦 について

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、神田店、新宿店の店長を兼任している。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。

 

Facebookでコメントする

高反発はズルい?」への2件のフィードバック

  1. シングル健

    高反発が飛ぶなんてことはありません。誤解です。
    回転数が減るため落ちてからの転がりが多くなるため行って見たらおおこんなに飛んでいると
    錯覚しているだけです。転がりで距離を稼ぎたいのなら回転数を減らせばよいだけのことです。
    皆さん、飛行距離をのばす正しい練習をしましょう。

    返信
  2. イーグル

    高反発の使用には確かに賛否両論あると思います。

    私的には、高齢者で飛距離が落ちてきてプライベートで使うのは有りだと思いますが、広告で公式競技以外では使用可能とか書かれて、プライベートなら誰が使っても問題ないようなことを書かれると、ちょっとおかしい気がします。
    プライベートのゴルフもルールがあるから面白いのであって、一つルール違反を認めたら、どこまでのルール違反がOKなのかの線引きが難しくなる気がします。
    世界は一つ、ルールも一つであるべきです(もちろん、ローカルルールは別です)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。