クラブバランスの統一は必要?不要?

2016.10.20
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「クラブバランスの統一は必要?不要?」

という話をしたいと思います。

「クラブバランス」という言葉をご存知でしょうか?
よく「D0」とか「D2」とかいう数値のことです。

これについての自分の見解を述べさせていただきますと…

お客様からの質問

その本題に入る前に、このような質問をいただきました。


> クラブのバランスでウエッジは主にフルスイングするわけでは無く、
> むしろコントロールショットが主なので、
> バランスは他のクラブと同じにする必要は無く、重くてもよい。
> ということを聞きましたが、どうでしょうか?

 

ちなみにクラブバランスとは、
ゴルフクラブのヘッドの利き具合を示す数値として
A~Eの5段階、そしてさらに0~9の10段階に分かれています。

グリップエンドから14インチの場所を支点にして測るので
この測定法は「14インチバランス測定法」と呼ばれています。

初めに、結論的なものを言ってしまいますと…

基本的に、ウェッジとかドライバーにかかわらず、
全部のクラブのバランスを統一する必要はない、
というのが、私の考えです。

質問者さんがおっしゃるように、確かにウェッジは
コントロール主体のクラブなので、バランス的には
他のクラブと同じバランスにする必要性は薄まると思います。

そもそも、前にもちょっとどこかでお話ししたかもしれませんが、
バランスというのはクラブが止まっている時の出来事です。

ですが、ゴルフというのは止まったままでは力を発揮しません。
クラブが動いてはじめて力を発揮します。

ですのでやはり、
「振っている時にプレイヤーがどう感じるのか?」
がカギになります。

止まっている時のバランスはやはりあくまで
一つの目安でしかないわけです。

同じ「D2」だけれども…

今のゴルフクラブは、ヘッドの大きさも多種多様、
軽さも多種多様、グリップの重さも違います。

ですのでもし仮にドライバーで

・バランスがD2、総重量290グラム

・バランスがD2、総重量320グラム

という、バランスは「D2」という数字上は同じでも、
振っているときにプレイヤーがどう感じるかは
おそらく同じとは言えないはずなのです。

そもそも、昔はパーシモンのヘッドにスチールシャフトで、
他社メーカーでも長さもほぼ一緒、重さもほとんど一緒でした。

そのため、他のメーカーのクラブとかが混ざっても
ほぼ同じような条件がそろうわけで、
バランスも揃えやすかったという経緯があります。

ですが今は、バランスを揃えても振り心地が
同じにはなりにくいという事情もあるのです。

極端な例でが、たとえばクラブのスペアを作るのなら、
前と同じバランスのものをおそらく作るかな、という程度です。

少なくとも自分は、それぐらいの目安でしか考えていません。

かといって、バランスをわざと
バラバラにするつもりはありません(当たり前ですが)。

 「まあ、この人はこれぐらいのバランスが
  出ていれば、きっと大丈夫なんだろうな」

その程度のことは、クラブのフィッティングで見立てた時に、
だいたい考えながらスイングを見させていただいています。

バランスよりもシャフト重量

それに自分の場合はシャフト重量を上げて
クラブ自体を重くしてしまいます。

ヘッドバランスは利いているかどうかがわかりにくくても
総重量はクラブを振ればその違いが一目瞭然です。

重さによって、振りやすさを出して、
クラブに仕事をさせるようにしています。

もちろん、重たく出来る一番重い重量の場合は、
それ以上の重さがないので、バランスを出すことで
クラブの重みを感じさせるとかはするかもしれません。

ですがそのようなことは極めて特殊な状況です。

特殊な状況といえば、少し昔の話になりますが

 青木功さん

 倉本昌弘さん

 丸山茂樹さん

といったレジェンドたちは、いわゆるサンドウェッジで
コントロール、細工をしたいというニーズがあって、
他の人よりもクラブバランスが軽かったと記憶しています。

 「ふんわりしたロブが打ちたい」

 「カット目に入ってスピンをかけたい」

などのニーズがある場合は、バランスが重いよりも
軽いほうが操作性がよかったりするからです。

こうした本人の決め事でクラブバランスを考える人であれば
その意図に沿ったクラブフィッティングをするかもしれません。

ですがまあ、そうした話も一部の天才ゴルファーの話で、
アマチュアにはあまり関係のない話だとは思いますが。。。

とまあ、話がそれましたが、バランスに関しては

・それほどシビアに考えなくてもいいのかな

・それよりも重量のほうが大切かな

というのが、今のモダンなクラブの考え方だと、
自分は思っています。
 

それでは、また次回。

徳嵩力一

 
<本日のオススメ>

レ 練習しても、数日後にはスイングを忘れてしまう気がする
レ 練習はいいけれど、正しくスイングが出来ているか不安
レ 長年ついて消えないスイングのクセを直したい
レ 今日一番のショットをもう一度打ちたい
レ レッスンやビデオで覚えたことを忘れてしまう

世界各国のゴルファーが導入。
ゴルフ初心者でも3日でラウンドできるように
なってしまう秘密のツール。

期間限定でのご案内です…

http://g-live.info/click/p-swing161018/

※期間限定のキャンペーン割引。お早めに。

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
カテゴリー: ウエッジ, ゴルフクラブ, フィッティング, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。