「心」チェックポイントは1つだけ

2016.11.06
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「心・チェックポイントは1つだけ」

というお話をさせていただきます。

ショットするときスイングをチェックするなら
チェックポイントは一つだけにしましょう。

練習場で練習するときも、一回のスイングで
二つも三つもチェックすることを同時に考えていると、
どれもうまくできません。

そして、毎回チェックポイントを意識するのではなく、
時々何も考えないでショットすることもやってみましょう。

そうすると、体の動き全体に調和がとれて、
チェックしていなくても修正しようとしていたことが
できている場合があります。

そして、ラウンドに出たら。。。

二つ以上のことを同時に考えると

ラウンドでは、ボールをターゲットに運ぶことだけを
イメージしましょう。

ターゲットのこと以外を考えていると、
体の動きがバラバラになってしまいます。

二つ以上確認しようとすると、どれもうまく行きません。

試しに数を1から順に数えながら
本などの文章を読んでみてください。

聖徳太子並みの頭の使い方ができなければ、
何を読んでいるのかわからなくなってしまいます。

1から100までの数字を順に足し算するとかになったら、
さらに他のことがわからなくなってしまいます。

数字を数えたり、足し算することは日常生活でいつもやっていることで、
そんなに難しいことではありませんね。

そんな簡単なことをやろうとするだけで、
他のことはおろそかになってしまいます。

車の運転をしていて携帯電話でしゃべっていたら、
運転に対する注意力はガクッと落ちてしまいます。

電話で話すなんていつもやっていることだし、
たいしたことないと感じる行動ですね。

しかし、そんなついでに出来そうなことであっても、
他の動きに対しての影響が思った以上に大きいのです。

運転中の携帯電話使用は交通規則違反ですから、
本当に影響が大きいことを認識したいものです。

ヒトは確かに複数のことをこなすことはできます。

歌を歌いながら踊るとかは、訓練の賜物ですね。

ところがそれぞれが簡単なことだと、
一つのことをやっているときと同じように複数のことを同時に行っても
それぞれを同じようにできるとイメージしてしまう大きな罠があります。

そんな罠にはまらないようにしたいものです。

さらに状況が悪いことに、ゴルフのショットやパッティングでは
一つ一つの修正したいことは以外と難しいことばかりです。

そこで、こんな罠に陥らないための色々な方法をお伝えしますので、
これらをヒントにあなたなりに最適なやり方を見つけてください。

チェックポイントの代わりにイメージ

あなたは何もチェクポイントがない状態でショットしていては
直したい問題は修正できないと思っていませんか。

ところが、練習でもラウンドと同じように、
どこをどう直そうとしないでターゲットを狙うことだけを意識するということでも、
実はスイングの問題を修正することができます。

それは、イメージ力による方法です。

練習に来る前とかショット直前に、
どんな風に体を動かしてショットをしたいのかイメージします。

シャドースイングまでやらなくても、
ここをこう動かすという感じだけでいいです。

ま、シャドースイングまで出来れば最高ですが。

そして、実際にボールを打つときには修正点に関しては何も考えず、
ターゲットを狙います。

ただこれだけです。

これが結構効果を発揮しますからぜひ試してみましょう。

フィニッシュが大切

そして、フィニッシュが大切です。

フィニッシュして、左脚一本に静かに立って、
今行ったショットを反省します。

パッッティングならフォローの最後でしばらく停止します。

ここで、ショットでフィニッシュがぐらついているとか
左脚一本に立てていないとかでは反省できません。

左脚一本に静かに立って、左手片手でクラブを持っていたら最高です。

ちなみに、右手でクラブを握りしめたフィニッシュだと、
スイング中に右手を使いすぎた証拠となります。

ボールヒットで右前腕を左にねじろうとすると、
フィニッシュしたら右手でがっちりグリップを握っているものです。

そして、セットアップに入る段階からフィニッシュをイメージすることで、
スイングを良くすることができます。

これは騙されたと思っていただいていいのですが、とにかくやってみましょう。

フィニッシュで左脚一本で静止。

フィニッシュで右手ではなく左手でクラブを持っている。

この二つのことをイメージするだけで、あなたのスイングはどんどん良くなります。

想起のすごさ

考えるのではなく、イメージします。

さらには、できると思い込みます。

できると思い込めば、イメージはさらにはっきりしたものになり、
脳の中では実際に体を動かしたのと同じように信号が走り回ります。

この現象は「運動想起における脳活動」ということで、
いろいろ研究されています。

イメージすれば、予行練習を行っているのと同じ事が脳の中では起きます。

想起するだけで、筋力までアップするという、
とんでもぶっ飛んだ話もあります。

さらに小脳は先を予測し、運動が起きる前に
運動するための信号を神経に伝達しています。

それによって、体全体が調和のとれた動きが実現されます。

ですから、そのような小脳の機能を最大限に活用するために、
セットアップ前にしっかりイメージして、
あとは何も考えないでショットしてみましょう。

このイメージ&無の境地のショットは本当は一番オススメですが、
なかなかうまくできないという場合、最低限次のような作戦を実行しましょう。

一回のスイングでチェックするポイントは一つだけ

一回のスイングでチェックするポイントは一つだけに絞ります。

ただし、セットアップでは
複数のチェックポイントを設定しても問題ありません。

実際にスイングを開始してからのチェックポイントは
一つだけにするということです。

ただし、30分以上練習場でボールを打つという方には、
もう一つアドバイスがあります。

練習でのチェックポイントの設定方法

15分以上同じ動きを続けていると、脳は飽きてしまいます。

ですから、15分以内ぐらいに色々動きを変えるといいです。

練習ですから何か直したいチェックポイントを設定して、
それをクリアしたいと願いながらショットしますね。

しかし、同じ修正点を30分以上も続けていては、脳が喜ばなくなります。

脳はなかなかできないと判断すると、それ以上は追い込まなくなります。

これは脳のあきらめ行為です。

その代わり、夜寝ている間に神経回路をつなぎ直して脳の中を整理整頓し、
それまでできなかった問題に対して対応できるように変化します。

そのためのあきらめなのかもしれません。

その場では脳は今の回路ではこれは無理だ、
回路をつなぎ変えてから対応しようとするという感じでしょうか。

ですから、15分ぐらいやったら別のチェックポイントに移ることで、
脳はあきらめるタイミングを逸してリフレッシュされて、
次のチェックポイントに向かってまっしぐらに走り出してくれます。

だいたい3?5つのチェックポイントを設定しておいて、それぞれを15分ごととか、
毎ショットごとにひとつずつぐるぐる回してチェックしていくといいです。

そうすると、脳が常にリフレッシュされながら効率よく練習することができます。

仕事でも一つのことだけをやっているよりも、幾つかの仕事を抱えていて、
それを30分?2時間ぐらいに区切って取っ替え引っ替え行うと効率が良いです。

努力していないように見えて上達する人

時々感じることですが、努力していないのに
物事をうまくこなせているように見える人がいます。

本当は影で努力しているのかもしれませんが。

でも、脳の仕組みからは努力すればいいというものではないことがわかります。

とにかく一生懸命になって同じことを
毎日1時間とか4時間とか練習しようとして、
長い時間連続して練習したとします。

しかし、それは実は最高の効率にはなりません。

実験的には、1時間同じ練習をするなら同じ時間かけるとしても
15分づつ4日に分けて練習したほうが小脳への運動の定着率が高くなります。

私もそのように実感しています。

寝ているうちに脳はそれまでできなかったことへの対応を
一生懸命に行います。

ですから、1日にまとめて行うよりも、
睡眠を挟んで複数回に分けて行った方が、素早く順応できます。

サボっているように見える人は、実は脳が飽きたらぼーっとすることで
脳神経回路の再構成を行うことの良さを本能的に知っている人かもです。

実際、脳は睡眠時以外にもぼーっとすることで脳神経回路のつなぎ変えを行います。

小脳プログラム

動きを定着させるためには、正しい動きを一定の時間、
3か月とか1万時間とか続けることで、
やろうとしている動きは小脳にプログラムされます。

「1万時間の法則」と言われることがあります。

これはフロリダ州立大学のK.アンダース・エリクソン博士が
いろいろな分野で名人と言われるまでには
どれぐらいの時間がかかっているのかを調査した結果です。

色々な分野でトップに立つ人たちは、
それまでに練習時間の合計が1万時間を費やしているという統計です。

これは毎日8時間練習したとして約3年半です。

「石の上にも3年」ということわざもありますが、
3年ぐらいそれに全てをかけて一生懸命にやれば、
何かが達成できるという経験則です。

ただし、この統計は達人の統計を見たものであり、
小脳にプログラムされるまでの時間というわけではありません。

こんな名人という統計まで行かなくても、
あなたの普段の行動は小脳にプログラムされます。

あなたも、箸を持って食事するとき
指はどう動かすとか考えたことはないですね。

歩くとか、自転車に乗るときもそうです。

車を運転するときも、加速するときはアクセルを踏んでとか、
止まるときはブレーキを踏むとか考えません。

勝手に体が動いてくれます、不思議ですね。

潜在意識は意識全体で言うと、氷山の水面下にある部分のイメージです。

氷は水面上には全体の1割程度が出ているだけです。

やり始めのころは、考えながらでなければ動かせなかった体です。

しかし、ある時から何も考えなくても何をやりたいかだけが明確なら、
後は勝手に体が動いてくれます。

これは脳科学的には「小脳プログラム」と言います。

ところで、小脳は大脳に比べて大きさは10分の1ぐらいですが、
脳細胞全体の半分ぐらいの数の脳細胞を持っています。

わたしは、その数字を聞いたときあまりにもの小脳の凄さに驚きました。

難しさのレベルや程度にも当然依存しますが、
小脳にプログラムされるためには3か月とも1000時間とも言われています。

まあまあのレベルなら24時間、
要するに毎日1時間練習すれば約1ヶ月で到達できます。

私の実感では、3か月ぐらい毎日少しでも続けると、
自動的に動けるようになると感じています。

小脳プログラムとして定着するまで練習すれば、
その練習した動きが何も考えなくてもできるようになります。

この何も考えなくてもいいという状態を作りたいのです。

そんなとき、大脳は考えないけど小脳は目一杯働いています。

考えると何が起きるのか、考えるという事は言語処理になりますが、
ほとんどの人では左脳の動きになります。

しかし、右脳に言語中枢がある人もまれにいて、
その場合は言語処理では右脳が主に働きます。

それに対して、言語中枢がない側の脳はイメージ脳とも言われ、
図形判断、空間判断、イメージ処理、動きの調整などを行います。

とはいえ、明確に右・左、言語・非言語と分けることは多少疑問もありますが。

いずれにしても、考えると体の動きはギクシャクしてしまいます。

せっかく鍛えて小脳プログラムしても、
考えるということにより大脳が邪魔して、
小脳はうまく使えなくなってしまいます。

せっかくの練習成果に封印をして、
使えなくしてしまうということですね。

小脳プログラムを最大に活用

小脳に良い運動プログラムが構築されていても、
それを動員できなければもったいないですね。

そこで、小脳プログラムを活用できるための作戦を一つお伝えしておきます。

それは鼻歌などを歌って
大脳のうちの特に言語野の中心的な働きを持つ左脳をそっちに気を取らせ、
右脳や小脳の邪魔をさせないという作戦です。

先ほどの一つのことに集中ということの真逆的発想です。

特にパッテイングでどうしても動きがぎこちないという場合は、
まさに鼻歌を歌いながらストロークするとぎこちなさが消えて
スムーズにストロークできます。

さらには、滑らかなイメージが出る声を出します。

例えば、スースーという声を出します。

バックスイングしながらスーと声を出し。

ダウンスイング開始からまたスーと声を出します。

恥ずかしい感じはしますが、
とにかく滑らかなストロークのために絶大な効果があります。

このスーというのがいいのかどうかは、いろいろやってみるといいです。

私はいろいろやってみて自分にはこのスースーが合っていました。

スーシュパーンというのも良かったですが。

こっちはちょっとだけしなりを多くしてボールヒットに向かって
放り投げるように直線的にヘッドを出しながら
ヘッドの加速を強めにしたいときに効果的です。

声を出すときは他には技術的なことは何も考えません。

ひたすらターゲットと声を出すことだけに意識を集中させます。

意識することについていろいろお話してきましたが、
いくつも同時にチェックしたい気持ちはなかなか抑え切れませんね。

とはいえ、それではいつまでたっても良い練習はできません。

脳が最高にうまく働いてあなたのために変貌してくれるためにも、
チェックポイントは一つだけに絞れるようにしましょう。

それによってキビキビした練習ができて、
良い動きが効率よく小脳にプログラムされ、あなたの体をより滑らかに
よりバランスよく自然に動かしてくれるようになります。

追伸

週明けの11/8(火)の千葉でワンデーレッスン会、
まだ若干の空きがあります。

ご興味のある方はまだ間に合いますので、
下記よりお申し込み下さい。

http://g-live.info/click/ohmlg161107/
 

また、大阪近辺にお住まいの方は
次週のレッスンの案内も事務局から来ていると思います。

こちらも期日が迫っていますので、お早めにどうぞ。

http://g-live.info/click/ohmlg161113/

※定員に達し次第、終了となります

追々伸

私が制作をした
「年齢をチャンスに変える」出直しゴルフプログラム
が、現在キャンペーン中だそうです。

http://g-live.info/click/nck/

これもロングランを続けている商品ですので、
まだご覧になっていない方は、
ぜひ一度ご覧になってみてください。
 

では、また。

 

Facebookでコメントする

「心」チェックポイントは1つだけ」への10件のフィードバック

  1. あきひろ

    大森コーチ こんばんは。

    今日のラウンドを終えて今日の記事を読んだのですが、ラウンド前に読んでいればと後悔しております。

    これまでバックスイングの際に右に若干スェー気味だったのを3日の練習で「スェーせずに右ポケットを後ろに押し込む」というイメージに変えてやったら良く飛んだので早速ラウンドで試そうとこれまでのルーティンに加えて「スェーせずに右ポケットを後ろに」という事を追加してスイングしたのですが結果は伴いませんでした。

    「何も考えずに打つ」というのは練習の際にも思った以上の結果を出す事があったのですが、これからは「何かを考える余地」を持たないようにして挑みたいお思います。

    “Don’t think, feel “で。

    返信
    1. 大森 睦弘大森 睦弘 投稿作成者

      C:「何かを考える余地」を持たない」

      なかなか良いイメージですね。静かにターゲットに意識を集中させている様子が目に見えるようです。この静かと言う感じが大切です。静かと言う言葉からは、何の欲もなく、ただひたすらやるべきことに意識を向けている感じを受けますね。

      返信
      1. あきひろ

        大森コーチ 返信ありがとうございます。

        先日の練習では何も考えずに「前に」「フェアウェイに」だけをイメージして振ってた時は「なんで今までこの球が出なかったの?」なナイスショットが打ててました。
        それを、さらにもっと良くする事が出来るのでは?と変な色気を出してしまい、「左足を少し広げて」「右にスェーしないように」と考え出してしまい、練習場ではそんなにミスはしなかったように思ったのでラウンドでもそのようにしてしまった所、それ以外に「寒いな」「雨だな 」「同伴者の人よく飛ばすな」「この人、本当にラウンド数回目?」「爪先上がりだから…」「左足下がりだから…」と「雑念」が次から次に湧いてきてしまい、練習場で出たショットは殆ど打てませんでした。
        次回の12月のラウンドではそんな事の無いように「フィニッシュで左脚一本で静かに立ち、左手でクラブを持つ」をイメージして「静か」に頑張りたいと思います。

        返信
  2. 高橋 誠治

    今回のブログを読むまで、ボールをターゲットに運ぶこと『だけ』をイメージしてスイングすることは難しいと感じていました。
    偶然、何も考えずにショット出来た時はナイスショットになります。しかし、意識的に再現することは難しく、ターゲットに集中と思いながらも、現在取組んでいる修正点をつい意識してしまいます。
    アプローチやパターなど、ターゲットが明確な場合は比較的実践出来ているように思うのですが、アイアンショット、特にドライバーは、一つのポイントどころか二つも三つも修正点を意識してスイングしてしまうことがあります。
    練習で出来ない(練習していない)ことがラウンド出来るはずもなく、何も考えずにショットする練習の必要性を強く認識しました。
    今後は、ラウンドでターゲットに運ぶこと『だけ』をイメージして常にスイングきる方法を見つけ、練習に取り入れたいと思います。

    『イメージ力による方法』『フィニッシュをイメージする』は早速、実践しようと思います。
    『イメージ&無の境地のショット』を目指し、まずは、『一回のスイングでチェックするポイントは一つだけ』に絞れるようにしたいと思います。

    パターでの声出し『スースー』は実践しており、効果を認識しております。
    よって、『ひたすらターゲットと声を出すことだけに意識を集中』は、私でも実践しやすいように思います。
    アイアンやドライバーでも声だしは有効だと思うのですが、お勧めの声出しをお教え頂けると助かります。
    よろしくお願い致します。

    返信
    1. 大森 睦弘大森 睦弘 投稿作成者

      Q:「アイアンやドライバーでも声だしは有効だと思うのですが、お勧めの声出しは?」

      ドライバーは「スーガー」が私は好きです。ま、本当にこればかりは好みの問題ですが。スーはスムーズに切り返しまで動けるのに良いです。ガーは濁音だと、少しためがあるので切り返しでの下半身先行とか両股関節が少し入ってくる感じをつかみやすいのと、お腹か声を出しやすいので体幹が安定してパワーをうまく伝えるには向いています。

      実はアイアンはそれほど声を出そうと思うことがありません。ひたすらドローインでお腹を凹めて体幹をしっかりさせることで、あとは下半身でバックスイングしたら上半身は楽にあがるところまで動かすことだけです。

      返信
      1. 高橋 誠治

        ご回答ありがとうございます。
        まずは、私でも実践できそうな『ひたすらターゲットと声を出すことだけに意識を集中』し練習、ラウンドしたいと思います。
        ドライバーは『スーガー』、パッテイングは『スースー』、アイアンとアプローチは『お腹を凹めて体幹をしっかりさせ、下半身でバックスイングしたら上半身は楽にあがるところまで動かす』で『無の境地のショット』に少しでも近づけるように頑張ります。

        返信
  3. 芝刈り名人

    大森コーチへ

     ゴルフィング大百科でも、パッティングは心を消す技術というお話を聞いて、実行したら信じられないくらいの効果がありましたが、パット以外のショットにもこのことは有効なのですね!
    今までは、練習場ではもとよりラウンドでも本日の改善点として何かを意識してプレーしていたのですが、結果として良い結果が得られていませんでした。
    本日のブログでコーチが推奨されている下記のメンタル面での対応方法は明日からの練習と次回のラウンドから取り入れます。
    『練習でもラウンドと同じように、どこをどう直そうとしないでターゲットを狙うことだけを意識するということでも、実はスイングの問題を修正することができます』

    『小脳の機能を最大限に活用するために、セットアップ前にしっかりイメージして、あとは何も考えないでショットしてみましょう』
    パッティングで、打つ前に技術的なことを考えず、パットした後外れたらどうしようなどと悩まず、今このパットに集中し絶対入る、外れるわけがないと心に言い聞かせることがスムースな転がりにつながってカップインできる・・・そんな訳でパット以外のショットも同じような効果が絶対あるのだと確信できました。
     ゴルフはメンタル的な部分がスコアーに大きく影響するスポーツかと思いますが、今までメンタル面での改善方法を知らずに、むしろ自分自身を追いこんでしまうような真逆なことをやっていたようです。
    技術的にどうする~こうするの改善のための情報は氾濫していますが、『心』を強くして、どんな時でも平然と打てる強いメンタルを持ちたいと願っていますので、これからも情報提供をお願いいたします。
    そう言えば、コーチのブログは『心・技・体』の順番で啓蒙してくださっていたんですね!今頃気づきました。

    返信
    1. 大森 睦弘大森 睦弘 投稿作成者

      はい、心は結局はかなり大切です。なので『心・技・体』という順番もまんざら意味がないわけではないですね。

      技術をアップさせるために練習するモチベーションが必要ですが、それを高めてくれるのも心ですし。

      返信
      1. 芝刈り名人

        大森コーチへ

         ゴルフィング大百科の第12巻と本日のブログを読んで、何かが吹っ切れた感じです。
        大百科では技術的な面も数多く学ばせていただきました。
        しなるムチのような体を作ることも『股関節を柔らかくすることと肩甲骨の可動域を広げる』ことで、実現しつつあります。足りなかったのが、ここ一番というときに心静かにこの一打に集中できるメンタルだった…このことに気付けたことが、これからの私のゴルフ観を変えてくれるのではないかと思っています。
        06・11・2016 ゴルフが生まれ変わる記念すべき日になりました!!

        返信
        1. 大森 睦弘大森 睦弘 投稿作成者

          ショットや色々な体の動きはある日突然変わるものです。それは、脳の神経結合回路がどんどん進化してある臨界点を超えたときに実際の体の動きとして表面化します。

          そのような大きな変化点に一緒に立ち会えてうれしいです。これからも私が出来る限りのことを分析して、それを私の能力の許す限りわかりやすい言葉で表現していきます。引き続き参考にしていただけて進化の少しでも助けになれるようにできると私もしあわせです。

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。