生徒さんにガッカリしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015.02.17
小原obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

先日千葉のゴルフ場で
グループレッスンをしてきました。

4人一組のレッスンです。

気温も暖かく、爽やかな晴れで、
素晴らしい1日だったのですが、

実はひとつだけ、
とてもガッカリすることがありました。

レッスンの参加者さんも
このブログ見てるかもしれないので、
こんなことを書くのは気がひけますが、

ゴルフが上手くなりたいなら、
チャンスを逃さないことが
大事だと思うのです。

そんなことってある!?

その日は、
9時にレッスンを開始して、
午前は練習場でビジネスゾーンの確認、
午後は実際にコースでのラウンドレッスン。

そんな感じで15時頃には
一通りのレッスンが終わりました。

いつもならそこで解散、
となることが多いのですが、

参加者のTさんという方が、
パターの練習をもう少ししたい、
とおっしゃいました。

もし可能なら、
あと1時間だけレッスンをしてほしいと。

私もその後、予定がなかったので
「いいですよー!」と快く回答しました。

よくして頂いているゴルフ場なので、
支配人にお願いしたら、実際にコースに出て、
各ホールごとのグリーンを使えることに。

そしてせっかくなので、
みなさんもあと1時間やりましょう、と言って、
練習場の方へ向かったのですが、

後ろを振り返ると
ついてきたのは4人中2人。

あとの2人は、
もう疲れたのでいいです、
と言って帰っちゃいました。

今日はかなり勉強になりました、
あとは自分でやってみます、と。

私はかなりびっくりです。

私のレッスンを抜きにしたって、
実際のグリーンを使って、
パターの練習をたっぷりできるのに、
興味がないんでしょうか・・・

疲れたと言ったって、たった1時間です。

こんな勉強の機会、なかなかないのに・・・

帰った生徒さんには申し訳ないですが、
かなり私はガッカリでした。

実際にグリーンでの練習では、
ラインや傾斜の読み方などを
じっくりとお伝えできました。

1時間後には2人のパッティングも
かなり安定してきていました。

帰っちゃった生徒さんにも
ぜひ参加して欲しかったです。

百聞は一見に如かず

実際にやってみることは、
頭で理解するよりも、
何倍も上達につながります。

調べる、そして見る。
そして、体験する。

これが大事だと思います。

私がプロを目指していた時、
先輩プロに必死でお願いをして、
練習に付き合ってもらいました。

真っ暗になって、
ボールなんてほとんど見えないのに、
夜中まで練習していました。

練習が終わったら、
ほか弁をご馳走するという約束で。^^

夜中まで練習しましょう、とは言いませんが、
体験するチャンスがあったら
迷わず飛び込むこと。

チャンスを逃すことはあまりにももったいないです。

あなたも知らず知らずのうちに、
上達のチャンスを逃していませんか?

またメールします。

<本日のおすすめ>

今まで飛距離200y程度で
ライバルとも思っていなかったゴルフの友人が

どんな練習をしていたのか
1月のコンペで飛距離250yを出したんです!

その驚きの方法がコレです・・・

http://g-live.info/click/drive150212/

*明日、2月18日(水)までのお知らせ

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: 100切り, メルマガ, モチベーション, 新着メルマガ, 練習 | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

生徒さんにガッカリしました。」への11件のフィードバック

  1. hh

    小原プロのメールだけですと、細かい部分が読み取れないので、コメントさせて頂きます。
    追加レッスンに参加しなかったからと言って、一概にその方を非難するのはどうかと思います。(非難というと大げさですが、なんだかお二人が悪者のように読み取れてしまいましたもので、、、、)
    ちなみに、追加レッスンは費用はかかったのでしょうか? それとも無料ですか?
    仮に無料だとしたら、費用がかかると勘違いしたのではないでしょうか?
    あるいは、参加しなかったお二人にも、それなりの個人的な事情があったのかもしれません。
    XX時までに帰らないといけない家庭の事情とか、本当に疲れていてどこか具合が悪かったとか、、、、
    「疲れたから」の一言で全て判断すべきではないと思います。これがプロを目指す者であれば、どんな理由であれ、せっかくのチャンスを見逃すのは非難されても仕方がないでしょうが、我々は所詮アマチュアです。プロ並みのストイックさを押し付けるのもどうかと思います。
    偉そうなことを言ってすみません。小原プロの思いは十分理解しますし、いつもためになるメールを拝見して参考にさせて頂いてますが、今回のメールはちょっと「独断」と「プロとしての傲り、押し付け」みたいなものを感じたので、敢えてコメントさせていただきました。仮にお二人が本当に「疲れただけ」なのだとしても、それに対してこのようなメールを出すべきではないと思います。アマチュアの考えは千差万別ですし、ゆっくり上達できればいい、1日楽しかったからそれでいい、という方も多くいると思います。お二人が、今回の小原プロのメールを見て、気を悪くするのでは、と懸念した次第です。
    前述した事情を全て考慮した上での今回のメールであれば、何卒ご容赦下さい。
    是非、その辺りの(本当の)事情をお聞きしたいので、よければ返信下さい。

    返信
  2. T.T

    小原先生
    いつもためになるお話をありがとうございます。この記事を拝読させていただき、先生のご努力が生徒のために
    相当のご配慮されている姿が目に浮かびます。生徒は教わる人ですが、生徒自身の立場を十分に理解して、教育の場に臨む必要がありますね。また、このためには、生徒は機会を待つのではなく、機会を捕まえること学ぶべきですね。
    先生のお言葉にそれが描かれているように感じました。

    返信
  3. BOXER

    1月までザ・ゴールに参加しており、小原プロ、近藤プロ、モンゴプロには大変お世話になりました。ありがとうございました。
    私が参加した時に自分もこういったお願いをすれば良かったなあと感じた次第です。もしかすると参加されなかった方は自分の中で15時で終わりになっていてそこで気持ちが途切れてしまったのかもしれませんね。

    返信
  4. テッチャン

    どんな先生でもこんなことがあればいい気持ちはしませんね。地方の者にとってはもったいなくて残念に思います。

    返信
  5. ヨッシー

    私なら追加料金払ってでもあと1時間お願いしたいですし、アマチュアの一番練習出来ない事がロングパットだと思いますから、相当もったいないですね。

    返信
  6. 菊地正勝

    小原プロおはようございます。先日12日のラウンドレッスンでは、色々と教えていただきありがとうございました。     特に100Y以内のショットを打つ時のスタンスに関してはとても勉強になりました。次の日から40Y~80Yくらいのショットはスタンスを狭くして練習しています。どんなショットも基本はビジネスゾーンであることがあらためてわかりました。又今日のお話のようにレッスン終了後に、コースのグリーンでパターのレッスンをやっていただけるなら、何時間でもやりたいですね。
    スコアーアップにはアプローチとパッティングの精度を上げることが絶対だと思っていますので。これからも宜しくお願い致します。

    返信
  7. なんてもったいない!
    ホームコースでも後続がいる時にパター練習はなかなかできません。
    練習グリーンは、みんなが踏んでいて速さも違うし、傾斜もあまり無いので絶好のチャンスでしたね?
    ショットが悪くてもパッティングが良いとスコアがまとまります。
    そんな機会があれば絶対に参加したいです。

    返信
  8. T

    小原先生、おはようございます。
    いつもためになるお話をありがとうございます。
    私はこの記事に出てこられたTさんではありませんが、延長してまで学べる機会があれば、絶対に参加すると思います。滅多にないチャンスですもんね。
    私からは最近の報告ですが、昨年11月終わり頃からゴルフライブに参加させていただき、ビジネスゾーンを中心に練習に取り組んできたところ、1月に行ったラウンドでは2度とも99、先週の土曜日に行ったラウンドでは96と、毎回ベストスコアを更新出来ています。
    アプローチでの寄せが良くなったことが要因ですが、ビジネスゾーンを学んで良かったと思い、感謝のコメントをさせていただきます。
    来月もラウンドがあるので、つぎは90を目指してまた良いご報告ができるよう頑張ります。

    返信
  9. 守田

    小原さん、ご無沙汰しております。
    コース練習会でこんなスペシャルなレッスンを受けられる事もあるんですね。
    パッティングとアプローチは練習場ではなかなか実践的な練習はできないので
    こういう機会に恵まれるのは最高ですね。参加された方はラッキーでしたね。
    私もぜひそういう機会に巡り会いたいものです。

    返信
  10. 千葉ちゃん

    もったいないですね。せっかくのチャンスを自分からつぶすのは。私だったら、1時間練習に行きます。よく一人で予約して、一人でラウンドしています。仲間とわいわいやるのもいいですが、一人でラウンドしながら、ショットの出来を記録して、グリーンで後ろが来なければ、パット、アプローチの練習を何度もしています。球を何球か続けて打つときもあります。ボールの色を変えて、2つのスコアーを記録するときもあります。

    返信
    1. えんどう

      ひとそれぞれ事情があります。プロの思いはわかりますが、ひとそれぞれ上達意欲の高低浅深はあります。
      ちなみに、わたしはロングパット教わりたいですが。

      返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。