当てるを捨てたら、タメはできる

2016.11.05
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「当てるを捨てたら、タメはできる」

についてお話しようと思います。

おお、のっけからワケのわからないタイトルだ~
(∩´∀`)∩ワーイ

ああ、だからってここでメールを閉じないで、
くれぐれも、ちゃんとついてきて下さいね。。。(汗)

実はですね、モンゴがお客様から受ける質問で
意外と多いのがこの質問なんです。

 「タメを作るって、
  実はイマイチわからないんです。
  どうやったら、タメはできるんですか?」

はい、あなたはスイングの「タメ」って
どうやって作られると思いますか?

こんな質問をいただいています


> いわゆるタメを作って下半身から回転させる動きが
> なかなか身に付きません。
>
> また、左足に重心を移すタイミングが
> いつもバラバラになってしまいます。
> どうすればよいのでしょうか?

 

はいはい、来ましたね。。。
タメ、重心移動のタイミング。

まずですね、前提のドリルとして、
肩から肩のスイングをゆっくり、振ってみてください。

ゆっくり、これが大事です。
ゆっくりと、肩から肩のスイングを、やってみます。

ここで注意する点は、バックスイングで90度、
フォロースルーも90度、身体を回すことです。

これを、ベタ足でやります。

ベタ足ゆっくりスイング、そして身体の90度回転、
両方同時に気をつけられるのなら、
両方いっぺんにできたらベストです。

が、難しいようであれば、
まずは片方ずつ意識してやってみましょう。

まずは脚から、ベタ足ができてから、
バックとフォローの90度を作っていきます。

ちなみに、これもよく言われるんですが、

 「ベタ足はわかるんだけれど、
  身体の90度というのがわかりづらい」

これは、バックスイングでは背中が目標に向くまで。
そしてフォローでは、胸が目標に向くまで、です。

はい、ここまでができてはじめて、
タメと重心移動の下準備が完成となります!

ここまでは序章に過ぎなかった…

さて、そのゆっくり振るというのが
どれぐらいなのかということなんですが。。。

クラブを持たなくていいので、肩から肩のスイングで、
テイクバック(動き出し)からフィニッシュまでが
5秒ぐらい、でしょうか。

トップまでであれば、2秒ぐらい、です。

このとき、ボールは置かずに打ったほうがいいです。

なぜかというと、タメが出来ていない人は
たいてい、ボールを打つことに集中してしまうからです。

そうすると、当てることに意識が持って行かれてしまいます。

そうするとたいてい、手からクラブが降りてしまいますから
それでタメができないんです。

はい、これがまさに冒頭でお伝えした

 「当てるを捨てたらタメができる」

なんです!

はい、ここからまた詳しく説明しますね。

タメというのは、切り返しで(下から順番に)
下半身からねじれてくるさまのことを言います。

そうやって、フォロースルーに向かっていくわけです。

ただ、どのタイミングで、その切り返しの
下半身リードが始まるのかが、わからないという方が
多いのかもしれません。

わからないから、いろいろなタイミングで
やってしまうんですが。。。^^;

いわゆるでんでん太鼓の動き

この切り返しには、一つの目安があります。

 「バックスイングで90度回ったら、そこがスタート」

先ほどの5秒スイングをしてる時に、
バックスイングで90度回ったら、そこがスタートです。

左肩があごに来るあたりのところ、
肩の縫い目があごに来るところですね。
そこに来ると同時に下半身の動きをスタートさせます。

なので、ここで注意してほしいのは、
この時はまだ、上が回り切っていない状態です。

バックスイングで周りきってから下半身を動かすのだと、
そのタイミングでは、おそらく間に合いません。

それだと手も一緒に降りてきてしまいます。
手が降りてくる間を、与えてはいけないんですね。

「でんでん太鼓」って、わかるでしょうか。

あれって、一回どちらかが右に回って、
球が太鼓に当たる前に、左にギュンと回しますよね。

そうすると「ポン」といい音がするはずなんです。

一緒に止まっては、ダメということですね。
むしろ「常に止まるところが一つもない感じ」が理想です。

たとえば、トッププロのスイングのトップを
見てみてください(YouTubeでも何でもOKです)。

トップで止まっているように、見えるかもしれません。

ですがあれは、上半身と下半身にねじれの差があるので、
たまたま止まるように見えているだけで、
実は動きとしては継続しているんですね。

(タメが大きいために、
 それが止まっているように見えるだけなんです)

一度時間を取って、プロたちがどういうタイミングで
切り返しをしているのか、本気でよーく観察してみると、
きっと何かに気づくと思います。

この感覚、言葉で説明しにくいんです。
でも、ちょっとでも言葉で通じてくれればうれしいです!

とにかく、新しい動き、身に付けたい動きがあるときは、

・極端にスピードを落としてやること

・プロたちの動きをよーく観察してみること

この2つは必須だと思いますので、
ぜひ、気にしてみてください!

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 


<本日のオススメ>

「15歳からこれしかやっていない。
 これだけやったら、他に何も練習はいらない」

「ドライバーでも全部、腰から下の動きは同じ」

「(逆に)これができない限りは
 何をやっても、絶対にうまく行かない」

あの永久シード選手、片山晋呉プロが
ゴルフライブ読者だけに明かした秘密…

「マイナビABC」優勝(通算30勝)を記念してのセール中です。

http://g-live.info/click/ktymezr161031/

※期間限定、本数限定ですのでお早めに。

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: スイング, トップ, メルマガ, 新着メルマガ, 重心・体重移動 | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

当てるを捨てたら、タメはできる」への1件のフィードバック

  1. 森田健二

    いつも楽しく読まさせて頂きありがとうございます。
    今回の切り返しのタイミングの話は、ものすごく分かり易かったです!
    頑張って練習します!
    モンゴプロありがとうございましたo(^▽^)o

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。