どのタイプ?ラウンド2週間前の過ごし方

2016.11.09
miyamoto

From:宮本大輔
千葉のゴルフパフォーマンスより、、、

おはようございます、宮本大輔です!

そろそろ涼しくなってきたし、ゴルフするか!
と3ヶ月ぶりのラウンドのゴルフ前夜。

いつものように寝ようと思うんだけどわくわくして眠れない。

まるで小学生の時の遠足前日のよう・・・。

友人数人で話し合い、あそこのゴルフ場は料理がおいしい、
グリーンが速いだの言い寄って悩み、
仲間同士でわいわいとゴルフ場を決めます。

場所が決まれば
テンションももちろん右肩上がり。

ここぞとばかりに練習に身が入りますよね!

皆さんは、ゴルフ場も決まって3ヶ月ぶりのラウンド。

さぁ2週間後はいいスコアを出すぞ!というとき
あなたはどのような練習をしていますか?

今回はラウンドを2週間前に控えた、
僕と友人2人の調整方法を紹介したいと思います。

是非あなたの調整方法と比べて読んでみて下さいね。

あなたの調整方法はどのタイプ?

まずA君は週に1回の朝練に加え、夜練を追加。

平日の仕事終わりに練習場に通い
調子が良くなるまで練習をします。

とにかく調子が良くなるまでひたすら練習を繰り返します。

例えば全ての番手が納得の行く所まで仕上がったのがプレー2週間前だとしたら、
そこからはいつのも朝練のみに戻すそうです。

練習もアプローチとパターにとどめ、長いクラブなどは握らなくなります。

これがA君の調整法。
簡単に言うと「調子が上がるまでとことんタイプ」

B君の場合は、2週間前になると週3以上練習場に訪れます。
アプローチ50球、その他50球で合計100球打つ。

A君と違い「整うまで」という訳でなく、ひたすら練習します。

そして家では、パターの練習を行い3回連続で入ったら寝る。

これはB君のラウンド2週間前のいつものルーティーンだそうです。

A君と違い「整うまで」という訳でなく、
上手くいってもいかなくてもひたすら打ち続けます。

何度も打ってそれを当り前の状態にもっていきたいと話していたので
練習するというより
「鈍くなった身体を元に戻す」というのが狙いのようです。

そしてラウンド1週間前から
時間をかけて早寝早起きができるように体を慣らすのもポイントだそう。

これがB君の調整法。

簡単にいうと
「2週間前に決まった練習をこなして身体を元に戻す」タイプです。

僕の調整方法は・・・

この2人だけでもこれだけ違います。
これがゴルフのまた面白いところですね。

では僕の場合、どんな調整をしているかというと・・・

「特になにもしない」タイプ

です!

前日一気にスコアがあがる練習法を
期待していた方、すいませんm(__)m

自分なりに色々と試行錯誤して、
もちろんA君やB君のような調整方法もやりました。

しかしどれもしっくりくるものがなかったんです。

なぜこの調整方法になったかというと
ある日、突然休みの日にラウンドが入ったことがありました。

特に練習してたり、用意もしていなかったんですが
誘われるままにコースへと向かいました。

この時は調整もしていないし、
どうなるかなと思っていたのですが

結果はなんとベストスコア。


この時、僕の調整方法が決まりました。

「特になにもしない」

ベストスコアを出した帰り道。

今までの事を少し考えてみると、
練習をすればする程スコアが散々たるものになっていたんです。

僕の場合、ラウンド前日の練習場でナイスショットを連発すればするほど
コースに出た時もナイスショットを打ちたくなってしまって…

結果、自分で自分にプレッシャーをかけることになり、
思うようなスイングが出来なくなってミスが出てしまっていたんです。

「あれだけ練習したんだから大丈夫」
「練習場ではあんないい球が出せたんだから大丈夫」

と自分に自分でプレッシャーをかけていました。

さらに「練習していないんだからスコアは悪くてもしょうがないから楽しもう」
という考えが余計な力みを取り、それが返って良い方向に転換。

ゴルフはメンタルですから、この思考が僕の性格に合っているようです。

ちなみに「特になにもしない」というのは
普段から何も練習していないというわけではありません。

ラウンドがあるからといって
練習を増やしたり、
練習をやり始めるのではなく
普段の練習の積み重ねが結果に繋がります。

本来練習はいつでもコースに行く為の準備。
それに練習を重ねる意味は無いのかもとも思うようになったのです。

ラウンド前日にボールを打たないと不安
という方もいらっしゃるかもしれませんが、
過去を振り返ってみて下さい。

前日にボールを打ったからと言って、スコアが良くなることはそれほど多くないはずです。

前日の練習では絶好調だったのに、
ラウンドではショットがボロボロ・・・

逆に前日の練習で全然打てなくて
メンタルがボロボロで当日を迎える・・・

なんてことにならないように
やっぱり普段からの練習をコツコツ頑張るのが最高のスコアを出す秘訣ですね!

あなたのタイプは誰に一番近かったでしょうか?

A君、B君、それとも僕・・・?

P.S.

B君の調整方法にあった
「ラウンド1週間前から早寝早起きができるように調整する」
というのは僕も実践するようになりました!

ちなみにこの方法は森崎プロにも教えてあげました!
(過去の森崎プロのブログを読んだ方はわかりますよね?笑)


<本日のオススメ>
【73歳でも250y飛ばせる秘訣】
なぜ年齢も筋力も関係なく
たった1時間で飛距離を30yアップできたのか?
その理由はこちら

http://g-live.info/click/nck/
※特別価格は本日11/9(水)まで

 

Facebookでコメントする

どのタイプ?ラウンド2週間前の過ごし方」への2件のフィードバック

  1. かまじい

    ずーといつも通りです、ラウンド前日は絶対練習場にはいきません、毎朝の5分間素振りとサンドウエッジでのリフティング
    日、水、金の会社帰りに70球、半分はビジネスゾーンの練習、あとの半分はラウンド想定して1W、7W、ウエッジを打ってからパット練習場で(平らではない)50球ぐらい打って、1W、アイアン、の練習をして帰りますしかし、妻と回ると(最近練習を全くしない)妻に合わせたスコアになってしまいます(涙)

    返信
  2. 宮内準二

     私の基本調整法は宮本プロと同じです。 
    体調、天候、を練習GOと判断した場合
    空があれば午前中の2時間弱は毎日の
    ルーティンとして練習します。
    この点に関する限り、私は非常に
    恵まれていると思います。
    今日(11月9日)は風が強く
    砂塵が舞い上がるので止めました。
    ラウンドの前日は練習量を減らします。
    理由は75歳と云う年齢です。 ラウンド前日の
    練習で欠かさないのは水平素振り、ビジネスゾーン、
    肩ー肩のベタ足スイング、とそのスイングでの
    線打ち(土の上に線を引きそこにヘッドを入れる
    練習)後はPW、5アイアン、3ウッド、ドライバー、の
    各1~3球と、AW(52度、バンス角0℃)でのキャリー
    5ヤード飛びの30ヤードまで各1球です。
    良くても悪くてもこれで終わりです。
    練習時間は30分強でしょうか。
    後は道具と話しながらの手入れですかね。
    忘れました。 就寝は酒好きの為、毎夜ビール
    500ccと酒3合で夜8時前にバタンキューです。
    よくしたもので次の朝は3時には目が覚めています。 

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>