何処かで棒でも拾ってらっしゃい

2016.11.24
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「何処かで棒でも拾ってらっしゃい」

という話をしたいと思います。

タイトルからワケの分からない感じですが、
ゴルフ(クラブ)に関係のある話です。

ところであなたは、
昔から伝わるこんな話をご存知でしょうか?

守銭奴

金にうるさい男が、全財産を売り飛ばし、
それを金塊に変えた。

彼は、金塊を古塀の脇の畑に埋めると、
毎日見に行った。

しかし、彼がしょっちゅうそこへ行くのを、
使用人の一人が不審に思い、
何をしているのか、探りを入れた。
 

使用人は、すぐに宝が隠してあるのを嗅ぎ当てると、
そこを掘り返し、金塊を盗んでしまった。
 

守銭奴は、金塊が盗まれたことに気付くと、
髪の毛を掻きむしり、大声で泣きわめいた。

隣に住む人が、泣きわめく彼を見て、
事の次第を見て取ると、こんな風に言った。
 

 「お前さん、そんなに悲しむことはありませんよ。
  何処かで石でも拾ってらっしゃい。

  そしてそれを金塊だと思ってお埋めなさい…

  どのみちお前さんにとっては、同じことですからね」

使わなければ、持ってないのも同じ

先ほどの話はイソップ童話の
「守銭奴(しゅせんど)」という話です。

持っていても、使わなければ持っていないのと同じ。。。
それはゴルフクラブも同じですよね。

たとえば、アイアンの話で言えば、スコア100前後のゴルファーが
バッグに入るのは、6番アイアンからで十分だったりします。

ですがお店によっては
「5番~PWまで崩せません(=セットで買って下さい)」
というところも、あるかもしれません。

私たちクラブフィッターとしては、
ゴルファーの方のスコアがよくなってほしいから
クラブをオススメしているわけです。

でも、それなのに使わないものを入れる上に
無駄なお金を使わせてしまうなんて、心苦しいです。

使わないモノを入れても(極端な言い方ですが)
「ただの棒」になってしまいますから。

でも、そんなふうに使わないクラブを、
自分自らの手で入れてしまう人もいらっしゃいます。

なぜ、そうしたクラブを
ゴルフバッグの中に入れてしまうのでしょうか?
 

いろいろな考えがあって、
そうしたクラブを入れているのだと思いますが、
たとえば私が会員さんたちとやり取りをしていて感じるのが

 「たまたま打てたナイスショットのイメージが忘れられない」

という方が少なくないのではないかということです。

試打ではよかった。でも…

そうした方はたいてい

 「試打したときに、いい感じで打てたから。。。」

 「試打のときは、ちゃんとボールは上がったんだけどな~」

というようなことをおっしゃいます。

ですが(これは何度もこの場でお伝えしていますが)
ゴルフの戦いに臨む上で大事なのは
「まぐれ当たり」ではなく「コンスタントな結果」です。

自分もフィッティングをして、
いらした方にはいろいろなクラブを打っていただきますが、
たまたまのナイスショットでクラブを販売することはしません。

それでは、量販店で買うのと大差なくなってしまうからです。

今回はアイアンを例に取りましたが、
前回はこの場で7番ウッドの話をしました。

 ・コンスタントに平均して220ヤード前後飛ぶ7番ウッド

 ・10回に1回、真っ直ぐ230ヤード飛ぶスプーン(3番ウッド)

この2つであれば、前者のほうがスコアに貢献するはずです。

まぐれ当たりを期待するのは、
連続して同じクラブで打つ環境にないゴルフでは
結果を出すことは難しいと言えます。

もちろん、クラブとして飛ぶ可能性を秘めているのは
スプーンの方です。それは私も認めます。

「一か八か、一発逆転のセカンドの飛距離」を求めていて、
それでも敢えてセレクトして使っているのなら、
私もそれを止めることはしないと思います。

ですが、平均して飛ばないクラブが、
スコアに貢献するかというと。。。正直「?」です。

以前、フィッティングをさせていただいた方から

 「こっちの自分が持っていたクラブのほうが飛ぶんだけど」

とおっしゃった方もいました。

そのクラブでコンスタントに飛んでいるのなら、
「そちらを使ってください」とお伝えすることはあります。

ですが、そのクラブでコンスタントに飛んでいないのなら、
「コンスタントに飛ばせるクラブを選んだほうがいいのでは?」
という提案をしています。

繰り返しになりますが、
ゴルフは再現性が求められるスポーツです。

 「行き当たりばったりのナイスショットではなく、
  ゴルファーの再現性が最大限に発揮されるクラブを」

そうしたことを考えて、
自分はフィッティングをしています。

緊急募集:フィッティング空き枠あり

一部の方にはご案内したのですが、
今月末の私のフィッティング枠(千葉)に若干の空きがあります。

http://g-live.info/click/fitting161117/

毎回すぐに埋まってしまうので、
このメールが送られた時点ですでに満員でしたら、ご容赦下さい。
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

ゴルフライブの人気プログラム
ツアープロコーチ石井忍の
「ショートゲームシングル達成の3ステップ」

男子ツアー大詰め! 期間限定割引です。

http://g-live.info/click/ishi161122/

※11/28(月)までの期間限定。お早めに

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
カテゴリー: アイアン, フィッティング, フェアウェイウッド, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

何処かで棒でも拾ってらっしゃい」への2件のフィードバック

  1. 芝刈り名人

    徳嵩プロへ

     いつもブログを楽しみに訪問させていただいています。
    徳嵩さんのブログを何度か拝見して、自分のクラブセッティングをよくよく見直してみると、なんとなく購入してしまった6種類ものクラブが混在していて、こんな状況でそれぞれのクラブをバランス良くスイングをするのは難しいのでは~という疑問を持つようになりました。
     とはいえ、自分に適したクラブになっているかどうかを判定することもできず、そのまま使い続けてきたのですが、本日の早朝にフィッティング枠が少し残っていますというお知らせを見て、迷わず診断してもらうことに決めました。
    この企画は、自分のスイングとクラブとの適合性を知るすべを持たないアマチュアにとって、大変有益なものになるのではないでしょうか! 
    月曜日に会ってお話することと、徳嵩さんから直接診断を受けられることを楽しみにしています。

    返信
  2. 宮内準二

     徳嵩プロの云われる通りだと思います。
    私の周りにもそのような方がかなりおられます。
    生意気な言い方をすれば「使いこなすのが難しいと
    云われているクラブを使っている人」が
    多い様な感じがします。
    1 プロが使うようなアイアン、ウェッジ、
      を使う。
      高硬度シャフト、高重心、低深度のヘッド
    2 コースでは使わない3Wを入れる
    3 高硬度シャフト、低ロフト、小容積ドライバー、
      を使う がその典型のように思います。
    そんな方と話す時は「凄いクラブをお使いですね」
    の一言です。 プロ仕様に近いクラブを使う事を
    第一と考える人もおられますので
    一概にどうだこうだとは言う心算もありません。
    因みに私のクラブ選びは「コースで使えるクラブ」
    が基本です。
    1 当たればそこそこ飛んでくれるクラブが第一です。
      アイアンなら低重心、高深度重心でスイートスポット
      が広いクラブ。
    2 練習して打てるようになったクラブしか
      バッグには入れない。
    3 クラブは高価なので3年先(出来れば5年先)
      も使えるようなクラブを選ぶ。
      (5年となると身体を鍛える必要も
      でてくるかと思います)
    自分の実力は所詮こんなものですし
    普通のアマです。 それと「ゴルフはスコアでの
    勝負」と考えているだけの話です。
    生意気な事ばかり書きましたが
    何方様かの参考になれば幸甚です。

      

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。