100を切った方へ、◯◯を使えるようになってください

2016.11.23
morisaki_catch

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

おかげさまで、ゴルフパフォーマンス有楽町店が
本日オープン致しました!

これで6店舗目です。

この新宿店から始まり、神田や練馬大泉が
増えていきましたが、ようやくここまで
拡大していくことが出来ました。

今はレッスンや後輩の育成、店長業務など毎日大忙しですが、
このメールはいつも通りこの時間に
お届け致しますのでご安心ください!

・・・さて、本題に入りますが、
今日は100を切った後のお話です。

実のところ、100を切るまでは
苦手なクラブがあってもさほど問題は無いんですね。


例えパターが苦手だったとしても、ウェッジやアイアンでカバー出来ます。

ですが、100を切ってから90、80を目指していく上では、
苦手なクラブがあるとそれ以上のスコアアップが
難しくなってしまいます。

その中でも特に、僕が現場レベルで
上手く打てないと聞くのはやはりこのクラブですね。

あなたは打ち込み派?それとも払い打ち派?

ゴルファーなら、このワードでピンとくると思います。

そう、フェアウェイウッドです。

フェアウェイウッドはその名の通り
「フェアウェイ上で使うウッド」ですから、
セカンドショットなどで登場してきますが、

そもそも、苦手な人はなぜ苦手なのでしょうか?

アイアンなどに比べれば、打つ機会、練習する機会も
少ないというのもありますが、僕が思うに、
これは大きく3つの原因があります。

1つ目は、意識的に上にあげようと
多かれ少なかれ意識していること。

確かにフェアウェイウッドは上を向いてないクラブですから、
気持ち的に「上げなきゃな」と思うことはあると思います。

ですが、それが頭に片隅にあるだけで、
人間の体は正直ですから、自然とスイングがアッパーになり、
トップしたりするんですね。

2つ目は、3Wに苦手意識を持っていること。

ドライバーの次に飛距離が出るのは3Wということで、
セットの中に組み込んでいる方を多く見受けますが、
ロフトも立ってますから、フェアウェイで打つのは難しいです。

そして、スプーンがダメになると、
総じて5W、7Wも使うのが嫌になって
ロングアイアンを使うことが多くなります。

こういう時は、ひとまず3Wはあきらめ、
5W、7Wに慣れるところから始めましょう。

特に7Wは上がりやすいので、ダメだとは思わず、
まず打てるクラブから伸ばしていけば自然と
それに近いクラブは打てるようになりますのでオススメです。

そして、3つ目は、、、

先程、払い打ち、打ち込みという言葉が出てきましたが、
人によって打ち込みが良いという人もいれば、
払い打ちが良いという人もいますよね。

それで、結局どっちなの?と、
困惑していらっしゃる方多いと思います。

実は、これはどちらも正しくどちらも間違っていて、
少なくとも、僕はその方のスイングを見るまでは
どっちがいいか判断できません。

例えば、払い打ちをしている生徒Aさんは
払い打ちでスコアが安定しないとしましょう。

では、Aさんに僕はなんとアドバイスすると思いますか?

“打ち込んでください”と言います。

逆に打ち込みでスコアが安定していなければ、
払ってくださいと言います。

理由は簡単で、打ち込みと払い打ちは
両極端同士なので、間を取って中和するのです。

これはティーショットにも同じことが言えて、
右に曲がるなら左から打ち、逆もまた然りです。

こうするだけでも、
改善の効果は意外とあるのですが、
なぜ僕がこういうことを言うのか。

それは、、、

理想は普通に打つこと

ここでいう普通とは、

“フェアウェイウッドと言えども、特別視するのではなく、
他のクラブと同様に打ちましょう”という意味です。

もちろん、特別な状況もありますが、
どのクラブにも言える基本的なことは
しっかりとミートさせて打つこと、これがとても重要です。

そのためにも、普段の練習の中に
ちょっとでもいいので、フェアウェイウッドの練習量を
増やしてあげて下さい。

そもそも、練習をしてなくて
上手く扱えないという方もいらっしゃいますからね。

なので、

・ボールを上にあげようと思いすぎない。
・7Wから徐々に慣れる
・フェアウェイウッドだからと言って特別視せずに、
いつもの通りミートさせて打つことを心掛ける

是非、明日から試してみてくださいね。

P.S.
もちろん、無理にフェアウェイウッドを使う必要はありません。
ただ、今は絶対にフェアウェイウッドを使うべきだと思った時に、
躊躇することなく、バッグから取り出せるようになりましょう。


<本日のオススメ>
【30年もの長い年月をかけて完成された
米国ゴルフ界の集大成を公開…】

もしあなたがこのクラブを使用したら、
これまでサッパリ正解が分からなかった
スイングでさえも、何が正しいか判明し、

どんな場面でも
自信を持って振ることができ、文字通りスイングを
“マスター”することができるでしょう。

そのクラブの詳細はこちらから

http://g-live.info/click/mdk/

The following two tabs change content below.
森崎崇

森崎崇

1981年東京都生まれ。14歳の時にスコア100を切ったことから、ゴルフの道に進むことを決意し、高校時代は団体・個人共に全国大会に出場。多くの苦難を乗り越えながらも、レッスンプロとしての活動を始め、10年間で指導したゴルファーの数は実に2,500人以上。活動の最中、宮本プロと出会ったことがきっかけで、ゴルフパフォーマンスの立ち上げと共に新宿店所属のレッスンプロとなり、クールな外見とは裏腹に情熱的なレッスンを行うことで、ジュニアからシニアまで幅広い世代に絶大な支持と信頼を寄せられる。また、プロキャディとしてツアープロのスイング、トレーニングを1番間近で見てきた経験から、最前線で闘うプロならではのテクニックやコースマネジメントを、アマチュアゴルファーが実戦でも活かせる指導法を確立。その結果、片手シングルを達成するゴルファーを量産したことからついたあだ名は「片手シングル養成マシーン」。現在はゴルフパフォーマンス史上、最速でヘッドコーチに就任し、更に活動の場を広げている。
カテゴリー: 100切り, 90切り, フェアウェイウッド, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
森崎崇

森崎崇 について

1981年東京都生まれ。14歳の時にスコア100を切ったことから、ゴルフの道に進むことを決意し、高校時代は団体・個人共に全国大会に出場。多くの苦難を乗り越えながらも、レッスンプロとしての活動を始め、10年間で指導したゴルファーの数は実に2,500人以上。活動の最中、宮本プロと出会ったことがきっかけで、ゴルフパフォーマンスの立ち上げと共に新宿店所属のレッスンプロとなり、クールな外見とは裏腹に情熱的なレッスンを行うことで、ジュニアからシニアまで幅広い世代に絶大な支持と信頼を寄せられる。また、プロキャディとしてツアープロのスイング、トレーニングを1番間近で見てきた経験から、最前線で闘うプロならではのテクニックやコースマネジメントを、アマチュアゴルファーが実戦でも活かせる指導法を確立。その結果、片手シングルを達成するゴルファーを量産したことからついたあだ名は「片手シングル養成マシーン」。現在はゴルフパフォーマンス史上、最速でヘッドコーチに就任し、更に活動の場を広げている。

 

Facebookでコメントする

100を切った方へ、◯◯を使えるようになってください」への2件のフィードバック

  1. いとう

    添付の文章が過去のものですよ。
    シャンクを治すビデオ、ちょっと前は別の先生が掲載したんでしたっけ?修正よろしくお願いします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。