クラブハウスは出会いの場?

2016.11.27
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

先日ロイヤルスターに撮影に行ってきました。
やっぱりゴルフ場は最高ですよね。

少し肌寒かったですが、ゴルフ場の空気を吸うと
爽快感で気持ちが高ぶります。

実はクラブハウスである60代の男性とお話しました。

「30年間ゴルフをやってきて遂に90をきれたんだ。」

その方はとても喜んでいました。

「昔は練習するにしてもその方法が全くわからなかった。
今はネットや動画から情報がすぐに見れる。いい時代になった。」
そうおっしゃっていました。

なんでも昔は正しいのかもわからない、
本で覚えた練習を黙々と一人で繰り返していたそうです、、、

「いい時代になった。」

今は多くの練習方法の中から
自分に合ったものを選べるので
昔に比べ上達する速度は圧倒的に早いです。

それを可能にしてるのは
やっぱり情報の多さですよね。

ゴルフスクールも練習場もない地方の方も
ネットや動画でゴルフを学びプロになれる時代です。

このメルマガもそうですが、ネットでゴルフの情報を
もっともっと発信していければなと思っています。

20年前には考えられなかったことです。

本当に面白いですし、
チャンスでいっぱいですよね。

具体的にどういう意識が大事になのか
誰にでもできるゴルフ上達への3ステップを紹介します。

スイング、ギアいいと思ったらとにかく試す

ギア、スイング、練習方法、
いい情報や知識を取り入れても実践してみなければ
それが自分に合っているのかさえ分かりません。

自分がいいと思った方法はどんどん取り入れて
恐れずにやってみましょう。

自分に合ったモノをとりいれると
成長スピードは飛躍的に上がっていきます。

目標の飛距離の数字を明確にする

実際飛距離を伸ばしたいと思っている人はたくさんいますが
何y飛ばしたいとまで明確にしている人はほとんどいません。

一年後に飛距離をどのくらい伸ばしたいですか?
一年後にヘッドスピードをどのくらい上げたいですか?

と質問されて、パット答えられる人は
あまり多くないと思います。

「何をするか?」
ばかりに気を取られて

「どこへ向かうか?」

というゴールが明確でない人がとても多いです。

ゴールが決まると、モチベーションも上がり、
自分の現在地との距離が明確になるので
ゴールへたどりつく意識が確実に上がります。

進む方向を明確にする

1 大きな夢を描く
2 3年後の中期的な目標を描く
3 1年後の現実的なゴールを決める

こうステップを決めることで途中で挫折しにくく
情熱を維持したまま一歩づつ進んでいくことができます。

もちろんそれでも届かない場合もあります。

その場合はほぼ間違いなく
「自分に向いていない」ことをやり続けている場合です。

努力しているのに上達しない人はたいてい
目指すゴールに努力の方向が違っているからです。

ですので、ゴール作りと同じ位
自己分析を大事にしてほしいです。

自分で分析をするのが難しい場合は
他人に聞いてみて下さい。

・ゴルフコーチ
・仲のいい友達
・ゴルフ仲間

などに聞くと、自分では気づかない

「自分にこんな才能あったの?」
ということに気づくことがあります。

ちなみに、わたしの飛距離という
長所は昔友人に褒められたことで

「自分には才能あるのかな?」

と思い練習し始めたことがきっかけです。

数字や結果が出れば才能に気づきやすいですが
まだ結果がでないときは自分では気づきにくいですからね。

そもそも才能とは自分では普通だと思っていることが多いです。

でも他の人から見たら

「努力してるな」
「羨ましいな。」

と思われているんです。

そしてそこを伸ばすことがゴルフ上達の最短ルートなんです。

ゴールにたどり着くには

1回で大きなゴールを達成しようとすると必ず苦しくなり
ときには辞めてしまいたくなってしまいます。

ですから目の前にある小さなゴールを積み重ね
成功体験を積み重ねましょう。

その先にはあなたが想像していた大きなゴールが待っています。

ゴルフを上達することをあまり難しく考えないでください。
ゴルフは素晴らしいスポーツです。

自分らしくゴルフを楽しみましょう。
必ず上手くなります。


<本日のオススメ>

「イップスになってしまった。」
「パターの練習で腰が痛い。」

「パターがうまくならない。」
「ショートパターが決まらない」

その悩み全て解決します。

100人実践すれば100人真っ直ぐ転がるという
片山晋呉選手愛用パターがついに公開
↓↓↓
http://g-live.info/click/bio1611/

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

クラブハウスは出会いの場?」への1件のフィードバック

  1. 上川敏晴

    私は86歳です。エイジシュトを実現したく思っています。ハンデー34です。よろしくお願いいたします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。