【大晦日】今、あなたに伝えたいこと

2016.12.31
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

2016年も今日が最後になりました。
早いものですね。

今日は、この場だけで
あなたにお伝えしたいことがあって筆を取りました。

いつもとはちょっと雰囲気が違うかもしれませんね。
でもそれには理由があります。

2016年、私は自分の目標を
達成することができませんでした。

目標:常時300ヤード

ゴルフについて言えば、
ドライバーで常時300ヤード飛ばすというのが、
2016年の目標でした。

ですが、これを達成することができませんでした。

もちろん、達成できなかったことについては
自分に対して不甲斐ない気持ちもあります。

でも、達成できなかったことで、
改めて気づいたことがありました。

もともと私は、自分に対しては不満だらけの人間です。

今も、自分に不満を抱くことは少なくありません。
何かにつけてすぐに頭に来てしまう質の人間です。

ですが今年、目標を達成できなかったことには
それほどの不満を自分に感じることはなかったんです。

もちろん、歳を取った影響もあるのかもしれません。
ですが、それだけではないような気もしています。

最終的に、楽しめていた

今年はなぜそうなっているのか、
自分なりに振り返ってみると
 

 「目標に至るプロセスを楽しめた」
 

という側面が大きかったからかもしれません。

あなたもご存知の通り、
ゴルフはスコアという数字化された結果の出る
競技スポーツです。

今年の私の場合、数値目標は飛距離でしたが、
数値化した結果がシンプルに出やすいスポーツです。

そんなゴルフで、上達したいとみんな願うわけですが、
スコアや飛距離が思うように伸びないこともあります。

そして、目標を達成できなかったときには
自分に対する不満を、他者に責任転嫁してしまったり。

(これは自分もそうなので、戒めの意味を込めて言っています)

ですが今年は、そうした苦しさもひっくるめて
努力している自分を楽しめたのかなと。

もちろん私の場合、今は経営者としての仕事もありながらで、
昔ほどゴルフを突き詰めることはできていません。

ですが、トレーニングや練習はもちろん、
生徒さんやコーチたちとのラウンド、
飛距離を伸ばすクラブ選びの試行錯誤だとか、

そうしたことも含めて、
今年はいつにもまして、楽しめていました。

不自由なのが自由

もちろん、思うようにできなかったから
目標を達成できなかったわけです。

計画を立てたけど、計画通りにいかずに、
それで練り直したりしていました。

でも、そうした過程を楽しんでいました。

正直、以前ゴルフだけをしていたときのほうが
今よりも時間も余裕もあったように思います。

でも今はより増えた制約の中で、
そういう不自由な状況、過程も楽しみながら、
ゴルフができているような気がします。

もちろん、出てきた結果は大事です。

ですが、その結果によってプロセス、
過程を見ることを目隠ししてしまっては意味がありません。

結果だけしか追い求めないことは、
人生の半分だけしか楽しんでいないことだと、
今年の「未達」を前に、改めて思いました。

ですのであなたも、うまくいかなかったとしても、
短絡的に人のせいにしたり、自分のせいにしたりすることなく

2017年も楽しんで、前に向かっていきましょう!
 
 

今年もあなたには本当にお世話になりました。

もちろん、ここまで私が来れたのは
お客様であるあなたの助けがあったからです。

改めて、感謝の気持ちでいっぱいです。
どうもありがとうございます。

それでは、よいお年をお迎え下さい。
 

追伸

私の書籍「ザ・ビジネスゾーン」が
今日の大晦日までの期間限定で、
30%オフの特別価格で販売中です。

今までの私の教材持っている人も
そうでない人にも、ぜひ一度手にとって
お読みいただきたい内容です。

お申込みいただいた方には
特典動画もお付けしています。
予約販売も本日までですので、お早めにお申込み下さい。

http://g-live.info/click/obs161222/

※本日12/31(土)まで

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: メルマガ, メンタル, モチベーション, 上達テクニック, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

【大晦日】今、あなたに伝えたいこと」への5件のフィードバック

  1. 別所 章

    本年も大変良くしていただき感謝しています。私も今年の目標は達成できませんでした。その理由で最も多きなものは、1月16日に自宅の階段から落ちて右膝の半月板を損傷してしまいました。自分の不注意ですが、ゴルフができない苦しみも十分に味わうことができました。その間は、自宅でパターの練習をしたり、ビジネスゾーンのまねごとをしており、10月から練習へ行くことができました。12月27日にコースへ行って93のスコアーを出すことができましたので、十分満足しています。来年こそ80台が達成できるよう頑張ります。今にして思えば、自宅での練習も無駄ではなかったと思っています。来年は、森田プロに教えていただいて必ず80台をたたき出すことを目標にします。私の最も大切なゴルフをさらに楽しくできるようご指導ください。
     どうか良いお年をお迎えになりますよう念じています。

    返信
  2. Usami

    小原プロ、今年一年ありがとうございました。北海道合宿もとても楽しめました。
    私も今年の目標を達成することができませんでした。言い訳になるかもしれませんが、長期の海外出張が多くその間はゴルフクラブを握ることができず、帰国してはまた最初からやり直しの連続でした。
    あたらしい年も、仕事の関係で同じような状況が続きますが、何とかこれを克服するすべを見出し、新たな気持ちで頑張りたいと思います。

    あらためて、どうもありがとうございました。
    どうぞ、よいお年をお迎えください。

    返信
  3. 千原 寿一

    今年1年、有難う御座いました。今年の4月満80才を、迎えた老人で有ります。したがって飛距離を300ヤードとかの目標は最初からたてられませんでしたが、(キャリー200ヤードがよく飛んだとき、平均グロス96.862)不満の残るものはありませんでした。ある日いつもと違うメンバーから突然一人メンバーか足らないからと誘われ廻ったとき、当日は珍しく、調子がよくドライバーが、考えた方向に、飛距離も4年後輩たちと比べてもも一番で、しかも、パターも3m以内はワンパットと、年間58回のラウントをこなす自分もびっくりの出来でした。これも、先生達のコメントゃビデオを拝見した結果と喜んでます。そんなこともあり、来年は自分なりの目標をもって、ラウドしたいと思います。年齢のこともあり体力維持と老々介護のストレス解消のためであり、大きな目標は建てませんが、きたる年も積極的にゴルフを楽しみたいと考えてます。

    返信
  4. 半沢 厚子

    ビジネスゾーンを知って、ゴルフライブを知って、そして小原プロに出会えて、私のゴルフライフが大きく変わった一年でした。『ゴルフって楽しい』と思えるようになったのは、確実に上達する教えを頂いて、自身でも上達を実感出来たからだと思います。ありがとうございました。
    まだまだ駆けだしゴルファーですが、『来年100を切ったら、アレもコレもしたい』と夢が広がっています。来年もよろしくお願いします。

    返信
  5. 伊藤恭広

    小原プロ

    お世話になります。山形県在住の伊藤と申します。
    私は何故このgooプロジェクトに応募し、即刻年間購読を申し込んだのかを、今年の総括を含め大晦日にあたりコメントします。
    今年9月、数年ぶりにラウンドする機会があり数回練習場に足を運び当日を迎えました。
    私がゴルフを再開するきっかけはそもそも昨年転職した事にありました。私が入社した会社の社長がゴルフ初心者であった事もあり、付き添い役程度でコンペに参加しました。その時私は昔の経験を踏まえ⁉︎ 借り物クラブでしたが 「俺は100は切れる!」と豪語したのですが、結果は…101 パーを5つ取れたにも関わらず。…当たり前ではありますがそんなに甘いスポーツでは無い事を痛感させられました。そんな折、小原プロのgooプロジェクト記事を読み、勢いではあったのですが何かのスイッチが私の中で押されたのでした。どうせやるなら全力。昔から思い込みの強い自分は座敷に練習芝マットを敷き、夜な夜なスイングを繰り返しています。加えて、遊休農地の地目変更を進め(結構面倒)練習場造成計画を立ています。 実現性は私の行動力に比例するのでしょうが、芝から打てる練習場を3年後目処に…^_^
    実に大掛かりで、まじやる気?と自分に向き合っています。

    という事で、金なし、暇なし、やる気あり。人間どう転ぶか分かりません。私の勢いを持続させて頂けると信じています、これから色々とゴルフに関する疑問を解決していけるお手伝いを宜しくお願いします。

    小原プロ、来年も健康でご活躍されますようご自愛ください。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。