[新年Video] ウッドが当たらないと嘆く前に

2017.01.02
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

新年、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします!

今日はあなたに、

 「ドライバーが当たらないと嘆く前に」

について、ビデオでお話ししたいと思います。

前にもどこかでお話ししたことがあるかもしれませんが、
スムーズなスイングのためには、
スイングが左股関節の上で回れることが大切です。

では、そのために一番手っ取り早い方法は。。。?

(続きはビデオにて)

まずは左足一本で立ってみましょう

この左足一本で立つことで、
もう初めから重心が左股関節の上に来ています。

ですので、これだけでも回転がしやすいという事です。

その上で両手が向かい合っていれば、
必ず股関節上の回転になります。

まず、これを確認してみてください。

はじめは手に引っ張られて肩が動いて、
その上で股関節が回る。。。

第一段階は、それで結構です。

この次の段階について、
詳しくはこちらのビデオで説明していますので、
ご覧になって下さい。
 

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 
 

ビデオの中でもお話しているように、左足一本で打つ理由は、
下を向くカバーリングという動きと関係しています。

左足1本で打っていれば、左肩は絶対に上がることはなく、
いわゆる左肩支点におろしてくる感覚が自然にできます。

これによって、自然とローテーションも起きてきます。

左股関節の上で回ることで、ボールも当たりますし、
左肩が上がってしまいダフることもなくなります。

ぜひ、確認してみてください。
 
 

今日はこんなところにしておきます。

もし疑問については、コメントいただだいたものから
お答えできる範囲で順次お返事を書いています。

画像付きでないと説明が難しいものについては
お答えできないことがあることをご承知ください。

なおお読みになった方は、そちらについても再度コメントをいただけると
「既読」かどうかが私から見てもわかるのでありがたいです。
 

それでは、今日はこのへんで。
 

<本日のオススメ>

2017年。もう一度ゴルフをやり直したいあなたへ。
プロゴルファー小原大二郎からの「お年玉」プレゼント…

19,800円で販売していた
『旧・7日間シングルプログラム ザ・ベスト版』を
無料であなたにプレゼントします

http://g-live.info/click/7days_the_best/

※新春キャンペーン! 1/5(木)までの期間限定

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>