バッグからドライバー抜くのはアリ?ナシ?

2017.01.11
morisaki_catch

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

2017年、最初のメルマガです。
改めて今年も一年、宜しくお願い致します。

さて、ゴルフパフォーマンスには仕事始めから、
多くの生徒さんに来ていただいていますが、顔なじみの方からは
年末年始のラウンド報告をたくさん頂いております。

久しぶりに地元の友人と打って勝てました!
父親と初めてコースに出たけど楽しかった!

などなど、嬉しい声を聞けて、僕も
非常に嬉しかったのですが、その中でもある生徒さんが
印象的な話をしてくれましたので、今日はそれをお話したいと思います。

最近スコアが伸び悩む方には、もしかしたら特効薬に
なるかもしれませんので、是非読み進めてください。

ではいきます、、、

ドライバー1回も使いませんでした

その生徒さんは、
平均スコアが100ぐらいで、100を切る時もあれば、
大叩きしてしまうこともあるという腕前の方で、

特徴としてはスコアの良し悪しは、
全てドライバーに掛かっていること。

その日のドライバーの出来次第で、
最終的なスコアが決定してしまうんですね。

あなたの周りにも、似たような境遇の方がいらっしゃると
思いますが、もともと、この生徒さんはドライバーの
安定性アップを目的に、ゴルフパフォーマンスに来てくれています。

僕が見させていただいたところ、アドレスさえしっかりすれば
そもそもの下地は出来ていらしたので、現在ドライバー改善を
共に頑張っているのですが、

根を詰めて練習した結果、ドライバーが少し嫌になってしまったらしく、
年末年始は思い切って、バッグからドライバーを抜いて、
スプーンとクリークでラウンドしていたそうなんです。

その結果、飛距離は当然落ちるものの、ボールが右に左にということは
少なくなり、ラウンドを終えてみれば91で上がったとのことで、
たまには気分転換でこれで回ろうかなーとおっしゃっていました。

フィル・ミケルソンが実践していましたね

あなたは、ご存知だと思いますが、
実は3~4年前に、かのフィル・ミケルソンは
ドライバー抜きで勝負に挑み、見事全英で優勝していました。

それも影響したのか、当時はゴルフ場に行ってもあまり
ドライバーの音が聞こえない・・・なんてこともありましたが、
改めてFWでティーショットを打つメリットを確認すると

・クラブが短く、コントロールしやすい
・ミート率が良くなる

などがあります。

だからといって、安易にドライバーを抜くのは考えものですが、
もしあなたが、ティーショットでチョロやOBが多く、
一気に環境を変えたければ実践するのはとても良いことです。

他にも、落とし所がはっきりしないホールや、セカンド地点が
ドッグレッグでブラインドになっているホール、
スライサーの方なら右に障害があるホールはFWでもいいでしょう。

というように、有効な対策だと僕は思うのですが、
多用しすぎるのも、デメリットがあります。

それは、、、

周りから白い目で見られる可能性があります

「お前、逃げてるなー」
「それで回ってて楽しいの?」

これは、かつて僕が実際に言われたことのある
言葉の一例です。

僕自身も半年くらい、コースマネジメントを追い求めることと
ドライバーの重要性を再確認するために、

ドライバーを一切使わない時期があったのですが、
事情を知らない人からは試合の度に冗談半分、侮蔑半分で
こんなことを言われていました。

流石に3か月くらいそんなことをしていると、
そういうゴルフをする人なんだと一定の理解は
得られましたが、

もしあなたが、本当にドライバーを抜いてゴルフをするならば
そう言われる可能性があるかもしれません。
(もちろん、もうそんな人は少ないと思いますが。。。)

それに、飛ばしというゴルフの大きな魅力を
自らそぎ落としてしまうと、
楽しみを見いだせなくなる可能性があります。

重要なのは、ドライバーにこだわりすぎないこと

今日は未だに意見の分かれるテーマの1つを
お話しましたが、

僕個人の見解として1番お伝えしたいのは、

ドライバーはスペードのエースではないということです。

パターの代わりはいませんが、ドライバーの代わりには
スプーンやクリーク、ロングアイアンがいます。

ということは、一打目は必ずドライバーである必要は
ありません。状況に応じて、柔軟に使いこなせることが
ベストです。

“このコースはドライバーで打つと、ハザード一直線だから、
クリークで刻んだ方が良いかもしれない、、、”

というような発想を巡らせることが新たなスコアアップの
サインかもしれませんから、是非、色々な戦略を駆使して、
2017年もゴルフを精一杯楽しみましょう!

P.S. ちなみに350ccドライバーを使うというのも1つの手です。
けっこう手に馴染んで使ってて楽しくなります。


<本日のオススメ>
【新年スコアアップ達成応援キャンペーン】

年内に立てた目標を達成できるのはわずか8%。
年始にスコアの目標や、ゴルフの目標を決め、
やりたいことが明確なのに、
日々の用事に追われ先送りになってしまう,,,

限られた時間で効率よく目標を達成するには、
一体どうすればいいのか?

詳細はこちら
http://g-live.info/click/kts170106/

 

Facebookでコメントする

バッグからドライバー抜くのはアリ?ナシ?」への2件のフィードバック

  1. 染谷

    森崎さん、こんばんは。今回の記事はまさに私と同じです。昨年からドライバーが不調になり秋からスプーンでティーショットを打っています。スコアーは90前後で安定しています。ツーオンは減りますがアプローチとパターで挽回しています。勇気を貰いありがとうございます。

    返信
    1. 森崎崇森崎崇 投稿作成者

      染谷様

      こんばんは。90前後で安定しているなら大成功ですね。ショートゲームの戦略性強化も図れるので、
      是非ドライバーを使わないゴルフも楽しんでプレーしてください!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。