キャディバッグに付いた黄色いお守り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.04.03
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

こないだのレッスンで
キャディバックに黄色いお守りをつけている方が
いらっしゃいました。

それが普通のお守りではなくで
鷲が描かれている、ゴルフお守り。

話を聞いてみると
東京浅草の鷲神社(おおとりじんじゃ)というところで
手に入れたそうです。

019golf_img01

出典:浅草鷲神社

鷲といえばイーグル。
イーグルといえばアマチュア・ゴルファーの夢!
ということで密かにゴルファーの参拝客が多い神社だそう。

他にも調べてみると
長野県伊那市の弘妙寺(ぐみょうじ)というところも
ゴルフの願をかけにくる人が訪れるが多いです。

なんでも
「高遠」町にあるから高く遠くへが叶うそう。

半ばこじつけ?のように感じますが
諸見里しのぶプロがプロテスト合格のお礼参りに来たり
江連忠プロ、上田桃子プロも祈願をしている有名なお寺です。

プロゴルファーのキャディバックにも
たくさんお守りがついているのをよく目にしますよね(^^)

神に祈るとき

「今年は100を切れますように!」
「ライバルに勝てますように!」
「コンペで優勝できますように!」

と、誰しもゴルフへの願いが必ずあると思います。

あなたは普段、
「運」や「ゲン担ぎ」を気にしていますか?

私は生まれてずっと無神論者でした。

両親は仏教らしかったのですが、
自分自身が特に何かを
神や仏に祈った経験はありませんでした。

もちろん初詣や墓参り、
クリスマスの経験はありましたが
それは生活の風習として参加していただけ。

若い頃は、

「今日はアンラッキーばっかりだったよ」とか
「今日はついてないなぁ」

と言う言葉が嫌いでした。

「それはただの言い訳だよ」
「上手くなればアンラッキーなんて関係ないんだ。」

と考えていたんです。

練習は嘘をつかない、
ゴルフは実力があるものが勝つ
そう考えてプロを目指していましたから

今考えると
周りからは無愛想で怖くて、
近寄りがたい男、なんて評判だったと思います。

でもテレビでメジャーの試合なんかを見ていて、
気が付いたんです。

選手がショットの後に
よく宙を見上げて何かを呟いている。

あれは彼等の神様に
感謝を捧げているんじゃないか・・・と。

彼等程の名手であっても、
自分の実力以外の何かに祈っている。

自分の力ではどうしようもない
”何かの力”が
ゴルフに影響しているんだと。

そう思うようになってから
自分のゴルフが変わったような気がしています。

なんだか上手く行く日は、
「ありがとう」と何かに言いたい気持ちになって
プレーしている。

何もかも上手く行かない日は
「勘弁してくださいよ」
なんて何かに話しかけている自分がいる。

今でも何か熱心にお祈りしたり
「神」を100%信じている
という訳ではありません。

でも自分の力の及ばない
「存在」がゴルフに影響している
と感じています。

あなたにも
自分の思いが小さなボールに宿る瞬間が
感じられることがありませんか?

お守り、いいですね。
これから始まるゴルフシーズンに向けて思いを新たに。

またメールします。


<本日のオススメ>
服部公翼プロの
大人気プログラム「ロングドライブ」

飛ばしの天才と呼ばれる男の
飛距離アップの秘訣をすべて公開します。

http://g-live.info/click/ld170328/
※本日4月3日(月)までの限定公開です。

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ, 道具 | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

キャディバッグに付いた黄色いお守り」への2件のフィードバック

  1. 井上正紀

    昨年の酉の市の時に私も、このお守りを購入しましたが、まだ一度もラウンドできてないのでご利益はわかりませんが、このゴルフのホームページを見つけれたのが、ご利益の一つと思ってます

    返信
    1. 小原 大二郎小原 大二郎 投稿作成者

      お守り購入なさったんですね。羨ましいです(^^)

      >このゴルフのホームページを見つけれたのが、ご利益の一つ
      とてもうれしいお言葉ありがとうございます。
      これからもゴルフ上達に参考になる情報をお届けできればと思いますので、よろしくお願いします。

      返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。