車が嫌いな方は読まないで下さい…

2016.03.10
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、

 「クラブフィッティングと車選びはほぼ同じ!」

ということで、あなたにお話ししたいと思います。

車の専門的な話をするわけではないのですが、
車がわからない人には、今日の話は
ちょっとわかりにくい内容かもしれません。

ですが、ゴルフクラブ選びと車選びは
驚くほどの共通点があるんです。それは何か…?

あ、でもその話の前に、
とある一人のお客様のお話をさせてください。

軽いクラブに合わせて振ってしまう…

以前、フィッティングにいらしたお客様の話です。

その方はもともとアメフトか何かをやっていらっしゃる方でして、
身体も大きめでパワーもありました。

それでスイングを拝見させていただいたんですが、
非常にパワフルなスイングをされていました。

ですが、一点だけ問題があったんです。

中途半端なハーフスイング、肩から肩のスイングになると
急にスイングにブレが生じてしまうんです。

端的に言えば、クラブが合っていない
クラブが軽くて、それに合わせて振ってしまっていました。

フルショットであれば、そのマイナス面が出にくいのですが、
こと中途半端なショットになると、クラブの軽さが仇になって
身体が緩んでしまっていたんですね。

特に身体的に恵まれている方で、ショートアイアンやウェッジが苦手、
という方はゴルフクラブを重くするだけで、
その苦手が解消されることは多くあります。

もちろん、ここでも何度かお伝えしているように
番手が下るごとに重くしていくことが大事です。

プレイヤー=車のエンジン

で、車の話です。

簡単にいえば、ゴルフはプレイヤーがエンジンです。

先ほどの元アメフト選手の方でしたら、
車のエンジンパワーがあるということになります。

車で言えば、たとえば「ベンツ500」とかでしょうか。

ですが、そのスペックを活かす足回り、
いわゆるタイヤやサスペンションがしっかりしていなければ、
安心してアクセルを踏むこともできません。

そのパワーをフルに生かせない足回りなら、
そもそもそんなパワーはいらない、ということになります。

つまり、車の「足回り」が、ゴルフで言うところの
「ゴルフクラブ」ということになります。

先ほどの元アメフト選手の方のように、
そのパワーをフルで使えるほうが、結局は効率がよいのです。

振れるのに出力を抑えてしまうと、その人の飛距離が出ないですし、
何より同じパフォーマンスを維持することができません。

あなたを活かす「足回り=ゴルフクラブ」に!

出力を抑えずに、高回転にしておいたほうが
力の維持は簡単で、さらにそのほうが再現性が高いんですね。

何より、ゴルファー本人の力を最大限に活かすことができます。

車なら、エンジンパワーに見合ったタイヤ、
サスペンション、ボディ剛性。

ドイツの高速道路のアウトバーンを走る車は
それなりの足周りがあるから、スピード出せます。

※アウトバーン(Autobahn)

ドイツの自動車高速道路。
速度無制限区間があり、速さを競う者達が集う。
もちろん一般の車も走っている。

それがなかったら、大切な命を載せて、アクセルを踏めません。

もちろん、逆もダメです。

足回りがどんなに優れていても、エンジンのパワーがなければ
回転数を示すタコメーターが常にレッドゾーンだったら、
エンジンが焼き切れてしまいます。

※タコメーター(tachometer)

エンジンの回転数(回転速度)を指示する計器、測定器。
車であれば7,000r/min前後の目盛りが赤くなっており
その部分をレッドゾーンと呼ぶ。

。。。とまあ、
お客様のクラブのフィッティングをさせていただく時、
イメージしていただくために、そういう話をしています。

要は、クラブとゴルファーのバランスが大事で
それをフィッティングでは大切にしている、ということ
お伝えしています。

ちなみにこの話は、フィッティングのメインの所、
まさに「核心」的な話だと思っています。

とはいえ、あまり車に興味のない方には、
ちょっとわかりにくい話だったかもしれませんが、
自分は車が好きなもので。すみません。

でも、このへんのことを知っておくだけで、
他のゴルファーの一歩先を行けると思っています!

追伸:関西フィッティング会を開催します

1月に好評だった関西フィッティング会、
今月も開催が決定しました!

フィッティングだけではなく、
小原プロ、モンゴプロによる個別指導が受けられる
またとない機会です。

フィッティングは、大野プロと自分の二人で担当します。

関西でレッスンとフィッティングを同時に受けられる
またとない機会ですので、お早めにお申し込み下さい。

http://g-live.info/click/k-fitting160317/

※すでに枠のほうが埋まり始めているようです。お早めに。

それでは、また次回。

徳嵩力一
 
 

<本日のオススメ>

小原大二郎プロ推薦!

振るだけで理想のビジネスゾーンを作り、
アイアン距離プラス10yも可能!?

振るだけでスイング診断ができ、ミスを撲滅する
『メディカス』の秘密とは?

http://g-live.info/click/md160310/

※世界で話題沸騰。ついに再入荷しました。

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
カテゴリー: クラブ, ゴルフクラブ, メルマガ, 新着メルマガ, 道具 | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

車が嫌いな方は読まないで下さい…」への2件のフィードバック

  1. 斎藤浩司

    いつも徳嵩さんのメルマガ楽しみにしています。フィッティングをうけにも行きたいのですが、私は仙台近郊在住で、なかなか平日に仕事の合間を見つけて千葉まで行く機会が持てないでいます。
    徳嵩さんのフィッティングは千葉でしかうけられないものと思っていましたが、今度関西でフィッティングされるとのことで、もしかしたら仙台でも開催は可能でしょうか。ご検討を宜しくお願いします。

    返信
    1. 徳嵩 力一徳嵩 力一 投稿作成者

      斎藤浩司さん

      コメントをいただきまして、どうもありがとうございます! 嬉しいです〜(≧∇≦)

      仙台開催、今後小原プロにも相談してみます!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。