HS42なので振動数250位のシャフトが欲しい

2018.03.22
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日だけれども、あなたに
 

 「HS42なので振動数250位のシャフトが欲しい」
 

という話をしたいと思う。

まさにこのタイトル通りの質問が来た。

だけれども。。。始めに言ってしまうけど、
この考えはスタートの地点から間違っている。。。
なぜか???

質問の前に

すでにお気づきの人もいるかもしれないが、
今日から、ちょっとメルマガの文体を変えてみようと思う。

こっちのほうが、なんとなく調子が出そうな気がするので、
しばらくこの口調で行ってみよう思う。

どうか、お付き合いいただきたい。

質問の内容…

> 今はMyAttasGENERATIONⅡ5Sというシャフトを
> 使っておりますが、あまりしっくりきておりません。
>
> 以前フジクラさんで試打したときは
> Speeder6.1というシャフトが振りやすかったです。
> またDiamanaKiliも振りやすいです。
>
> ヘッドスピードは42前後なので
> 振動数250位で良いと思うのですが、
> お勧めのシャフトがあれば教えていただきたいです。
>
> 宜しくお願い申し上げます。

 
 

質問いただき、どうもありがとうございます。

まず、この質問を読んで自分が一番気になったのは、
 

 「ヘッドスピード(HS)42前後というのは
  一体どのクラブで計った数値なのか?」

 

ということだ。

そして、さらにこの質問者の方が言っていらっしゃる
「My Attas GENERATIONⅡ5S」というのは、
重量が50グラム台のシャフト。

その後で「振りやすい」と言っている、
「Speeder6.1」は60グラム台のシャフト。

そもそも、シャフトの重さが違う。。。

このメールマガジンをずっと読んでいる方であれば、
「硬さよりもシャフトの重量が最優先の要素」であることは
何度もこの場でお伝えしている通りだ。
 

ちなみに、質問にある「振動数」というのは、
 

 「シャフトの手元側を固定し、
  先端側におもりを付け、シャフトを振動させて、
  1分間にシャフトが何回振動するかを測定したもの」

 

のことを言う。

振動数の数値が大きいほどシャフトが硬く
数値が小さいほど、シャフトが軟らかいことを示す。

もし、この質問者さんが言うように、
本当に「振動数250」がしっくり来るのなら。。。

「なら、振動数250のシャフトを探せばいいんじゃないの?」

という回答になってしまう。。。
 

うーん、なんだか突き放した言い方になってしまった。

でも、そこまでの「決め」があって、
お客様がそれが最善であると思っているのであれば
そういう言い方にならざるを得ない。
 

そして、質問者さんは振動数をキーポイントにしているが、
そもそも振動数はキックポイント(調子)によっても異なる。

調子について軽く復習をすると
 

 ・先調子=シャフトの先端側がしなりやすい

 ・中調子=シャフトの中央付近がしなりやすい

 ・手元調子=シャフトの手元側がしなりやすい
 

※シャフトの調子についての詳しいことはこちらから

シャフト調子の特徴とスイングの相性の関係

http://g-live.info/click/170119_nikkan/

 

「手元調子」であれば、振動数は少なく出てしまうし、
逆の「先調子」だったら、振動数の数値は多く出てしまう。

振動数250の「X」のフレックスもあるし、
「R」のフレックスでも、250の振動数が出るものもある。
 

それなのに「振動数は250で」という指定がされたら。。。
 

「選べるシャフトも、選べなくなる…」

そんな状況になりそうなことは、賢明な読者であるあなたなら
何となく想像が付きはしないだろうか?
 

 「じゃあ、振動数250のシャフトを探したらどうですか?」
 

このような「数字先行」で
「数字にとらわれている」お客様が来てしまった時に、
そのような対応をせざるを得ない事情。。。

少しは、おわかりいただけるだろうか?
 

そして、ものすごーく意地悪な言い方なのを承知で言えば
 

 「そういうやり方でクラブを探してきたから
  今までうまくいかなかったんじゃないですか?」

 

となってしまう。。。
 

とはいえ、自分としてはやはり冒頭にあげた
「振りやすい」シャフトの重量がバラバラなことの方が、
よっぽど気になるのだけれど。

今日はかなりキツイことを言ってしまったが
こういう人にこそ、チーム徳嵩のフィッティングに
来てほしいなと、切に思う。

と、いうことで…

ゴルフパフォーマンスでの「徳嵩流」フィッティング、
まだもう少し枠があるようなので、ご案内しておこうと思う。

http://g-live.info/click/a_bstudio180301/

開催は東京(秋葉原)大阪(弁天町)の2ヶ所。

徳嵩が直接担当はしないけれども、
どちらでもその水準のフィッティングは受けられるので
そこは安心していただきたい。

フィッティングは有料だけれども、今日の話で出てきたような
クラブに対する誤解が取り去られることを考えれば。。。

決して高い買い物ではないと思うが。。。
それもあなたはどう考えるだろうか?

定員に達した時点で受付は終了なので、
下記からお早めにお申込んでおいてほしい。

http://g-live.info/click/a_bstudio180301/
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

マジックなナンセンス…

スタイリッシュな形とは程遠く、形状は醜く
間の抜けた名前のこの製品に、
私達はほとほとうんざりしていました。

今回あなたにご紹介するこのFURE LOOP(フレループ)を
情け容赦なく「こき下ろして」います。詳細はこちら。

http://g-live.info/click/kogafure180319/

※本数限定。なくなり次第終了…

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
カテゴリー: クラブ, ゴルフクラブ, シャフト, ヘッドスピード, メルマガ, 新着メルマガ, 道具 | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。