HSが43m/sでも硬さ「X」を勧める理由…

2018.08.09
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

前回のメールマガジンで
シャフトの選び方についてお話ししたところ。。。

担当しているスタジオで、その内容について
本当に多くの方からご質問をいただきました。

特に今回はその量がいつもよりすごかったので、
補足的にお話をしてみようかと思います。

(とはいえ、今回の内容だけでも読み切れる内容です。
 そのへんは安心してお読み下さい)

まず、最初に。。。

前回の質問内容をもう一度

前回、こんな質問内容をいただいておりました。
 

> ほぼ月1ゴルファーで平均100位です。
> 年齢47です。
> スチールシャフトにSとRが有ります。
> 今の私のレベルで違いは解らないと思います。
> 筋力が無いのでRでいいと思いますが、
> そんな選択方法で良いのでしょうか。
> よろしくお願いします。

 

この質問に対してのお話が、以下になります。
 

シャフトのSとR、どっちがいいかわからない

http://g-live.info/click/180802_nikkan/

 

で、この話を受けてのお客様からの質問であったのが
 

 「徳嵩さんはシャフトで
  どのあたりの硬さを使っているんですか?」

 

というものでした。

実は、自分が使ってきたシャフトの硬さは
 

 ・X

 ・S

 ・SR
 

歴代のシャフトを振り返ると
この3種類の硬さを使ってきました。

「え、徳嵩さんちょっとそれ広すぎませんか?」

それを聞いて、もしかしたら
そんなふうに思った方もいらっしゃるかもしれません。
 

でもなぜ、そのようなことが起こるのか?
 

それについては、以前にもバックナンバーで
(ビデオ付きで)お話ししたこともあるように、

[ビデオ] 実は間違いだらけ!? シャフト選び

http://g-live.info/click/180315_nikkan/

 

 「シャフトの硬さには(JIS規格のような)統一の規格がない」
 

というのと、硬さの選定基準としては
 

 ・テークバックからダウンスイングに入るところの間合い

 ・インパクトにヘッドが戻ってくるイメージ
 

これらによって、選ぶシャフトが変わってくるからです。

ですので、自分たちのフィッティングを受ける人でも
持っているクラブのすべてのシャフトが同じにはならずに
 

 「ウッドのシャフトはS、でもアイアンのシャフトはR」
 

という方もいらっしゃるわけです。
全てにおいて「S」とはならないわけです。

HSが43m/sぐらいでも「X」を勧める場合も…

そして前回お話ししたように、ヘッドスピード(HS)だけで
シャフトのフレックスが決まることはありません。

スタジオの会員さんの中でも
そこまでHSがないにもかかわらず
「Xシャフト」をオススメする場合もあります。

たとえば、HSが43m/sぐらいの方なら
一般的には「Sシャフト」ぐらいを選ぶのでしょうが。。。

自分たちは、Xシャフトをオススメすることがあります。
 

そうするとお客様の方から、
 

 「えっ、Xシャフトですか!?」
 

そんな感じで言われるのですが、実際に使ってみたら
ベストスコア更新したりする会員さんも少なくないのです。
 

ですのでもしあなたが、
 

 「私は普段はSぐらいだから」

 「Rシャフトはちょっと軟らかすぎるかな」
 

と思っていたとして、徳嵩流のフィッティングで
意外なフレックスのシャフトをオススメされても。。。
 

できるだけ柔軟な気持ちでいていただいたほうがいいです。
 

 「ええー、本当にそれで合ってるの???」
 

と一瞬は思うこともあるかもしれません。

ですが、私たちは本当に数多くのシャフトの選択肢の中から
最適な一本をご提案させていただいています。

そこは柔軟にお考えいただいたほうが
よりマッチしたものに出会える確率は高まります。

ぜひ、先入観を持つことなく、
プロの基準を参考にしていただくことが
ゴルフ上達の最短距離となることを保証します。
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

「70歳を過ぎたら飛距離は落ちる一方では?」

「年をとってゴルフが上手くなるなんて
 ちょっと難しいんじゃないか?」

いいえ、この秘密の方法を使えば、
あなたの半分くらいしか生きていない
ゴルファーにも負けるようなことはないでしょう。

今の飛距離が200ヤードを下回っていたとしても
全く問題はありません。

http://g-live.info/click/age_ch1808/

※70歳以上の方限定です

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
カテゴリー: クラブ, ゴルフクラブ, ヘッドスピード, メルマガ, 新着メルマガ, 道具 | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。