【ビデオ】チーピンが出たらここを疑え!

2017.05.05
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日はこどもの日。
そしてゴールデンウィーク真っ最中ですね。

僕はゴールデンウィークも休まず
レッスンをしているのですが、
個人的ニュースがあります。

それは、5月1日から
ゴルフパフォーマンス練馬店の
店長に就任しました!

更に一層気を引き締めて
スタジオでのレッスンや
店舗業務、メールガジンなど

今まで以上に
頑張っていきたいと思います。

今後ともガッツパー水柿を
よろしくお願いします。^^

さて、本題となりますが、

本日のテーマは

「チーピンが出たらここを疑え!」

という動画をお届けしたいと思います。

チーピンとは、、、
低く飛び出して急激に
左に曲がっていくボールのことです。

麻雀の7筒(チーピン)の模様に
打球が似ているのでそのように呼ばれます。

あなたはラウンド中に
チーピンが出た途端

ショットの調子がガタガタと
音を立てて崩れ始めた・・・

そんな経験はありませんか?

実は、たった一つの単純な
原因がほとんどなのです。

それでは早速、動画で解説していきますね。^^

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 

いかがでしたでしょうか?

今回はチーピン対策として
ゴルフボール1つで実践できる
ドリルをご紹介しました。

重心が右足の内側、つまり
土踏まず側にかかるようになるのが
実感できると思います。

練習場やコースでチーピンにお悩みの方は
すぐに実践しやすいドリルとなっていますので、
ゴールデンウィークに是非試してみて下さいね。^^

それでは、またメールします。

 

<本日のオススメ>
ゴールデンウィークは予定があってなかなか
ラウンドや練習場に行く時間がない・・・

そんなあなたのために
移動中にチェックして空き時間に
ビジネスゾーンを身に着けるための
GW限定プログラムを公開しています。

この連休でも快適、着実に練習して
同組ライバルと差をつけましょう。

http://g-live.info/click/osrp170504/
※GWキャンペーン!100名様限定70%オフです。

The following two tabs change content below.
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。
カテゴリー: チーピン, ビデオ, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。