「砂地獄の恐怖」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.06.23
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

先日、生徒Hさんからの相談で、

バンカーが苦手で、
「バンカーに入りましたー。」と
聞くだけでビクッとします。

「どうしたら砂地獄から
 一発で脱出できますか?」

という相談を受けました。

ピンに絡むどころか脱出すらできない。
出ればホームラン。
そして、バンカーからバンカーへ。

苦手な原因として考えられるのは、
バンカーを練習する頻度が圧倒的に少なく
難しく考えすぎていることが挙げられます。

中には練習場やコースに
バンカー練習場があるところもありますが、

そこで何時間も練習するということも
少ないのではないでしょうか?

ということで本日のテーマは

「砂地獄の恐怖」

というテーマになります。

砂地獄の恐怖を一度でも味わったことがある方は、、、
是非このまま読み進めてみて下さい。

バンカーでなかなか練習する機会がない方でも
得意になれる「考え方」と「練習法」を紹介しています。

シンプルイズベスト

バンカーが苦手なんです。
と言う生徒さんが共通して陥る考え方なんですが、

バンカーショットだからって
何か特別なショットをしなきゃ!
と考え過ぎてはいませんか?

脱出するだけなら
もっとシンプルに。

バンカーショットはスイング云々よりも
メンタルの方がよっぽど大きな影響を与えます。

「クリーンにボールにヒットしてホームランになったらどうしよう」

「アゴにボールが当たってうまく脱出できないかもしれない」

そんな不安は一切考えずに、
芝の上だとイメージして下さい。

僕の考えるバンカーショットは

・砂の上で打つのか

・芝の上で打つのか

たったそれだけの違いなんです。

バンカーのコツみたいなものは調べたら
散々出てきますが、難しく考え過ぎてしまって

結局、普段通りのスイングが出来なくなり、
砂地獄の餌食になってしまう方が後を絶ちません。

image1

・バンスがどうとか。
・フェースはどうするとか。
・最下点がどうだとか。
・ボールの位置がどうとか。

そんなことは、二の次なんです。

あれもこれも考えなきゃダメ!
みたいに縛られ過ぎないで思い切って振ってみましょう。^^

次に、バンカーが得意になる
ステップアップドリルもご紹介していきます。

自宅で簡単うちわドリル

まず、うちわの平らな面が
上になるようにアドレスを取ります。

後はうちわの平らな面が自分に向いてくるように
手首のローテーションを意識してスイング練習をしてみましょう。

逆に、通常のショットであればうちわの面を立てることによって
フェース面が確認しやすくなるので、どんなショットにも応用可能です。^^

軸ブレ

練習場でティーアップドリル

次に、練習場で出来る練習法です。

イメージとしてはティーの最上部を
ロブショットで打つような感覚です。

具体的には、オープンスタンスでフェースを開いて
ティーの上をこするように安定して打つ練習になります。

ボールがあると無意識にボールを
直接狙って打ってしまいたくなりますよね。

でも、バンカーで大事なのは、ヘッドが
ボールの真下を潜り抜けて砂を取るように打つこと。

そこで、ボールを置かずにティーの最上部を
かすめるようにスイング練習してみましょう。

それが安定してきたらティーアップしたボールを
サンドウェッジを使って打ってみましょう。

teeup

ここで、ライナー性の当たりや、ティーの下を通過し過ぎて
ダルマ落としのようにボールがボトッ・・・

となる場合には、
最初からティーで練習し直していきます。

これが安定してティーの最上部をかすめるように
綺麗に打てるようになったら砂地獄を克服したも同然です!

少し難易度高めな練習法ですが、
ぜひ練習場で楽しみながらトライしてみて下さいね。

これが綺麗に打てるようになると
必然的にロブショットマスターにもなれます。^^

少し距離のあるバンカーであれば、
ロフトのたったクラブで同じようにショットが
出来るようになっている自分にきっと驚いてしまうでしょう。

最後に、

砂地獄でのミスで最も多いあるあるミスが、、、
ボールを上げよう上げよう!と意識し過ぎて

手首でしゃくるようないつもと違った
スイングになってしまっていることです。

今回のドリルを参考に、
苦手意識を無くして芝の上でいつもと同じように
まずは、シンプルにスイング!することを意識してみましょう。

それでは、またメールします。

ガッツパー水柿

 

<本日のオススメ>

従来のフェアウェイウッドと比較して
最大「16.9ヤード」飛距離アップを実現!

新ドライビングテクノロジーで
300ヤード飛ぶフェアウェイウッドを
あなたも体感してみませんか?

プロゴルファーや著名フィッターも唸った
その驚きの試打結果の映像は、こちらをクリック!

http://g-live.info/click/trym170623/

※※23名限定でのキャンペーンになります。お急ぎ下さい。

The following two tabs change content below.
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: サンドウェッジ, シンプルスイング, バンカー, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。