[2021最終]未だフェースを開くのが怖い方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.12.28
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「いまだにフェースを開くのが怖いあなたへ」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

今日が、2021年最後のメールマガジンとなります。
それでは、本題ですが。。。

バウンス(ソール)が使えないと不利

以前のメールマガジンでも、
 

 「バンカーが苦手な人は
  バウンス(ソール)が使えていない」

 

という説明は、ことあるごとにさせていただいていました。
 

バンカー恐怖症の方は他にいませんか?

https://g-live.info/click/190917_nikkan/

 

これも繰り返しになりますが、
そもそもバウンスが使えない原因は、
フェースを開けないことにあるわけです。
 

理解されている人には当たり前のことですが、
バウンスはフェースを開けば開くほど
強くなって効いてくる構造になっています。

ですので、バンカーショットでは、
フェースを大きく開けばそれだけ
バンカーが簡単になるという理屈なわけですね。
 

 「いやあ江連プロ、そのことは理屈はわかっているんです」

 「でも、やっぱり球が右に飛びそうで怖いんです」
 

というご意見や、
 

 「フェースを開くっていうのは分かってるんですけど、
  具体的にどこまで開いたらよいかが、わからないんです」

 

ということで、フェースを開く問題が
克服できない人というのがいらっしゃるようです。

家の中でもできる練習法

そこで、前にも紹介しましたが
こんな練習をやってみてください。

工夫すれば、家の中でもできる練習です。
(周囲には注意してください)
 

 <準備するもの>

 ・サンドウェッジ

 ・プラスチックボール(ピンポン球でOK)

 ・座布団
 

 <手順>

 1.座布団の上にボールを置きます

 2.フェース面が空を向くくらいSWをグッと開いて

 3.座布団の上にクラブを落としてみましょう
 

フェース状態を変えずにグリップしましょう。

フェースを開くとライ角はフラットになりますから、
当然構えはハンドダウンになります。

ここからソールで座布団を叩くように
しっかり振りぬいてみてください。

クラブを振った方向に球が飛ぶのを体感

これをやると、フェースの向きではなく
クラブを振った方向に球が飛ぶことが
体感できるはずです。

前にもお話ししたように、この練習は
私がジュニアの頃によくやっていました。

バンカー練習は自宅でできる!?

https://g-live.info/click/200922_nikkan/

 

練習場のマットの上だと、どうしても
フェースを開いてバウンスが強く出っ張ると、
ソールが跳ねてトップボールが出やすくなってしまいます。

ですがこれが座布団の上だと、
いくらフェースを開いてもソールが跳ねないので
安心して打つことができるはずです。
 

ぜひ、お試しください。
 

今年も、私の話にお付き合いいただきまして
どうもありがとうございます。

どうぞ良いお年をお迎えください。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

今年のゴルフの目標は
どれくらい達成出来ましたか?

あなたが飛ばしたい飛距離は
出すことができましたか?

もし、あなたが今年こそは飛距離アップしたい
と思っていて、中々それが達成できずにいるなら…

あなたにピッタリの、とても良いニュースです。

ゴルフを頑張るあなたへの年末のプレゼント。
以前バカ売れした、伝説の飛ばしの教材が
今なら年末特別キャンペーン価格でご案内中です。

詳細はコチラをクリック!

期間限定です。どうぞお早めに。
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: サンドウェッジ, バンカー, メルマガ, 新着メルマガ, 練習 | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。