つまらないと感じたら、、、

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.07.24
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

みなさん、
ゴルフボールのくぼみのことを
何と呼ぶかご存知ですか?

そう、『ディンプル』ですよね。

英語で「えくぼ」のこと。

今でこそ、ディンプルがありますが
初めはただのゴムや
樹脂の塊だったんです。

何故ゴルフボールの表面は
凸凹しているのか。

とても単純な話なんですが
今日はちょっとゴルフの歴史も触れながら
お話ししていきたいと思います。

より飛ばしたい!と考えた結果…

ゴルフというスポーツの歴史は長く
これまでも年齢性別問わず
多くの人々に愛されてきました。

そしてゴルフの技術の進歩とともに、
ゴルフの道具も進歩してきたのです。

さきほどお話ししたゴルフボールも
最初は凸凹していなかったんですね。

ところがある時、
使っていけば使っていくほどボールが飛ぶ、
という変な現象に気が付いたそうです。

「ボールの表面に傷が付いているほうが飛ぶじゃないか!」
ということが分かったんです。

じゃあ、最初から傷を付けよう!
ということで一直線の傷を
縦と横に網目のように付けました。

それがボールの表面にある凸凹、
ディンプルのはじまりだったと言われています。
(※諸説あります)

より飛ばしたい!と考えた結果

「どういう傷がいいのか」
「どういう凹みが弾道にとってプラスになるのか」

ということを色々やってきて
現在のディンプルの数・深さ・大きさなどに
繋がってきているんです。

もし、くぼみが無いと
飛距離は五分の一程になるというから
大発見ですよね。

工夫しよう!

効果を倍増させるため、
創意工夫がなされて
今のゴルフボールになったんですね。

固定概念に縛られず
発見から工夫してさらに飛ばすために改良していく…。

これは上達の基本でもありますよね。

さて、
あなたは現状を変えるため
何をすべきでしょうか。

ベストな方法を常に探求することが、
成長へとつながります。

日ごろ慣れた練習でも
ベストを尽くせるように
創意工夫を模索してみましょう。

ただなんとなく練習するより
マンネリになりがちな練習を
どうしたら楽しく日々やっていけるかな。

そういったところを
考えていけるといいですね。

すると、自然に練習が楽しくなります。

ちなみに私達もみなさんに
楽しくゴルフを練習してもらえるよう
日々研究していますが、

最近では
こんなものも取り入れていますよ~。

mat_183

楽しみながら上達できる
ストラックアウト ゴルフ

この写真はイメージですが
千葉店にあるのはプロスタッフが頑張って作った、
会心の力作です!!

なかなか楽しいです!

上達したいと思ったら、
現状のままじゃダメだと思ったら、
ちょっと工夫するだけで新しい発見があると思います。

みなさんは普段の練習、
どんなちょっとした工夫をしていますか??

よかったら教えてくださいね!

またメールします。


<本日のオススメ>
怪しい上達器具を発見?!

この上からパッティングするだけで
短期間で3パットをなくせる。

「それだけで…?怪しいな…」

って思いましたか?実は私もそう思いました。
しかし試してみたら…

驚きの結果はコチラ

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ゴルフ業界, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

つまらないと感じたら、、、」への5件のフィードバック

  1. カズ

    どのクラブでも5~10球程度3時~9時のビジネスゾーンを打てからフルスイングをする様にしてからミスショットが減った気がします。これからも続けてスコアアップに頑張ろうと思います☺

    返信
    1. 小原 大二郎小原 大二郎 投稿作成者

      カズさん、コメントありがとうとございます!
      ビジネスゾーンを実践して下さっていてとても嬉しいです。
      これからも是非継続していっていただいてスコアアップを目指してくださいね☺
      ←可愛らしい絵文字だったので真似させていただきました 笑

      返信
  2. 福山有俊(フクヤマ クニトシ)

    練習のマンネリ化を無くし、本番に近い練習法です。
    練習場で友人と練習する時、1人用、2人用、3人用
    の用紙、例えば、D,FW,150ヤード、100ヤード、30
    ヤードの項目を作り、Aさんの1球目(D),次はBさんの
    1球目(D),次はCさんの1球目と他の2人が見ている
    前で、スイングします。結果を○、△、×で表示、これを
    10回繰り返します。つまり、一人で50球打ちます。時間
    は30分くらいかかりますが、値段は安くなり、本番に近い
    感覚です。自分の欠点も見えます。いつもでなく、時々がいいです。

    返信
    1. 小原 大二郎小原 大二郎 投稿作成者

      他人の目があると緊張感が生まれより本番に近い環境で練習することができますよね。
      素晴らしい練習法のご紹介ありがとうございました。
      是非みなさんにも試してもらいたいなという練習法でした!

      返信
      1. 福山有俊(フクヤマ クニトシ)

        小原先生、ご返信有難うございました。今も友人たちとこの練習方法を続けています。
        また、この採点用紙を利用して、ひとりで、30ヤードをビジネスゾーンで、ワンピン
        以内に90%以内になるように、○、△、×で自己採点(○がワンピン以内)し、練習
        しています。《アプローチ勝ち組宣言》 大変参考になります。いまは、2ヶ月位前に
        小原先生が、アプローチは全て SW での動画を参考に特化しています。  以上

        返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。