ラウンド前日の練習でスコアアップ!?

2017.08.11
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「ラウンド前日の練習でスコアアップ!?」

というテーマでお話をしたいと思います。

あなたはこんな経験ありませんか?

「前日の練習ではとても気持ちよくショットが打てていたのに
 コースではそのショットが影を潜めてしまった・・・」

「前日は「調子がいいな」と思っていたのに、
 スコアにつながらずガッカリ・・・」

もし、このような経験があるのなら、、、
ラウンドの前日の練習方法を意識するだけで

スコアアップにつながることがあります。

ハッキリ言って、
知っているか知らないかの違いでしかないので、
覚えておいて損はありません。

練習場とコースは別モノ

もちろん理解していると思うのですが
練習場とコースは別モノです。

・練習場はスイングを作る場所

・コースは感覚を養う場所

なので、どちらが多すぎても
少なすぎてもダメな訳です。

そしてどうしても練習場でのイメージを
引きずってコースで失敗してしまうことがよくあります。

もしかすると
「練習場でたくさんの球を打って調子を上げる」
という方も多いのかもしれませんね。

結論から言うと、、、
前日の過度な練習はNGです。

確かに、たくさんの球を打っていると、
そのうちの何球かは満足のいく球が打ててくると思います。

しかし、それは体が慣れてきてミート率が上がってしまい
いいショットが出ているだけなんです。

言いかえると、どんなに練習場で
良い感触がつかめたとしても、

それが同じように
コースで打てるとは限らないのです。

練習タイミングの意識

それでもやっぱり不安だ!
と思う方は練習の時間を意識してみて下さい。

明日のスタート時間を意識して、
同じ時間に練習することで、

出来る限り身体のコンディションの
「ズレ」をなくしていきます。

watch例えば、翌朝7:00スタートだとすると
前日も朝7:00から練習場で練習します。

意外にこの時間を気にして
練習できている人は少ないと思います。

朝イチはどうしても身体が動きづらくなります。

それが前日夜間に練習してしまうと
同じような感覚では振れないですよね?

結果昨日はあんなに良かったのに!
とギャップが出来てしまうんです。

身体のコンディションを同じにすることで、
練習時とコースに出た時のギャップを減らすことができ、
前日の練習の効果が更に出やすくなります。^^

ルーチンの意識

練習場というのは

・同じ場所から
・同じクラブを使って
・変わらぬシチュエーションから
・何度でも

続けて打つことができます。

対してラウンドでは、やり直しもきかなければ
同じ場所から何球も打つことが出来ないので、
全く心構えが違います。

renshu

それでいきなりラウンド中に
練習場と同じショットを打とうとすることは
実はかなり難易度が高いことをやろうとしています。

もしこのコースとのギャップを
無くすように練習をするとしたら

一球ずつ違うクラブを使って
自分のイメージしたキャリーを
コースと同じように時間をかけて練習してみて下さい。

それが当日のリハーサルとなり、
ラウンド当日でのギャップを減らし、
効果的な練習となります。

最後に、

ラウンド前日に何よりも重要となることは、

心身ともにベストなコンディションに
持っていくこと
です。

具体的には最終ホール
ホールアウトした自分をイメージして下さい。

そして、

自分がベストスコアを更新した瞬間を
強くイメージして寝るようにします。

最高のイメージを作り、
睡眠をしっかりとって、

練習も大事ですが、体調を万全にすることを
一番に心掛けてくださいね。^^

心身の状態が良いと感覚も研ぎ澄まされ、
自分の持っているポテンシャルを
存分に発揮できることでしょう。

それでは、またメールします。

ガッツパー水柿

 

<本日のオススメ>

あなたの身体はなぜ、ゴルフの時に
思い通りに動いてくれないのでしょうか?

大森コーチが開発した
「年齢と共に飛距離が落ちない方法」

同年代のゴルファーの中でも
「一段上」の結果を出すことができる方法とは…?

http://g-live.info/click/jsnx1708/

The following two tabs change content below.
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス練馬店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ, 練習 | 投稿日: | 投稿者:
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス練馬店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。

 

Facebookでコメントする

ラウンド前日の練習でスコアアップ!?」への3件のフィードバック

  1. 本当にそうだと思います。前日の練習で良い感じで打てた時程 次の日のスコアがひどいです・・・。
    良いボールがでた時点で止める方がいいのでしょうか? 時間が無くて庭でアプローチ練習をしていた時の方が良い気がします。

    時々、1番ホールから いつも使う番手や1つあげて打ったりしてみますが、短い番手を打ちこみなさいという先輩もいるのでどっちがいいか迷っていました。次回の練習場では、気をつけたいと思います。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      M様

      コメントありがとうございます。

      そうですね、前日の練習で良くていざコースでうまく打てない、、、
      そのような場合はスイングを作るだけの練習になっている可能性が高いです。

      やはり練習というのは本番(ラウンド)のためにするものなので、
      メルマガ内でも書いておりますが、本番を想定した練習が必要になります。
      ティーショットから打つ番手を変えていって、最後アプローチで締める。
      もちろんルーティンも意識して行いますし、意外とスイングばかり気になってしまい、
      ターゲットへの意識が薄れてしまう事があります。
      (何球でもやり直しがききますからね^^;)

      大事な事は、この練習はスイングを作る目的なのか、本番を想定した練習なのかをはっきりさせ、
      1球ごとに気持ちを込めて練習してみてください!

      そうすると本番ほどではないですが、多少なりとも緊張感をもった質の高い練習になりますので、
      ぜひM様も本番を想定した練習をしてみてください!!

      また、スタートホールは特に体や気持ちがまだ整っていない状態ですので、
      基本はグリーンセンターを狙って打つと良いと思います。
      (番手はM様がコントロールして打つ時緩みやすければ丁度の番手、コントロールできれば1番手大きめのクラブで打っていくと良いと思います。)

      返信
      1. 返信有り難うございました。

        ラウンド前の練習は、丁寧にルーチンから! 頭に入れてがんばります。

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。