1週間以内に打「線」を考えよう

2017.11.01
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは森崎です。

前にもお話しましたが、
ここ最近は飛び系アイアンが
市場を席巻しております。

YAMAHA UD+2
EPIC STAR

などなど、、、

細かい話は色々ありますが、大雑把に言うと
ロフトが立つことによって飛距離を
手に入れているのがタネであり仕掛けですが、

ロフトが立った上に打ちやすいのであれば、
人気が出て当然でしょう。

例えば周りが7番で打ってる時に、
自分だけ9番で打つなど、そういったところでも
恩恵を受けることがあります。

しかしながら、ストロングロフトを買うからこそ
気をつけなければいけないことがあります。

それは、、、

キャディバッグが全員ホームランバッター!?

https://g-live.info/?p=25445

ストロングロフトの話はこちらをクリック

アイアンは距離を打ち分けるものというのが
一般的な考え方ですが、僕個人としては

7番で大体140ヤード
PWで大体100~90ヤード

この基準を満たしているのであれば、
それ以上飛ばす必要はありません。

7番アイアンで150yは飛ばさなきゃという人もいますが
それは競技に出るようなゴルファーの基準なので
それ以外のゴルファーは7番で140y飛べば十分です。
(そもそもミスも含めれば平均140yはハードル高いです^^;)

今申しましたとおり、
アイアンは距離を打ち分けるものです。

もちろん、飛ぶ方が楽にはなりますが、
飛びすぎも良くないです。

なぜなら、クラブセッティングが
非常に難しくなるからです。

というのも、飛び系アイアンはアイアン本来の
役割から少し横道にそれることになります。

特に困るのは9I以降のセッティングで
ロフト角に大きな開きが出ますから、
ウェッジが4本必要になったしります。

ということで、

もし飛び系アイアンを入れるなら、
一例として

『1W、FW2本、UT3本、7I、8I、9I、PW、AW、AW、SW、PT』

こういった感じで組めば良いかなと思います。

まとめですが、

7番で大体140ヤード
PWで大体100~90ヤード

まずこの基準を満たしているか考えましょう。

これに満たしていれば何もする必要はありません。
満たしていなければ、フィッティングや飛び系アイアンを
視野に入れてみましょう。

そして飛び系を入れるなら、9I以降の層を厚くして
距離を打ち分けるクラブを意識しましょう。

以上です。是非考えてみてくださいね。


【ご案内は今日まで】

もしあなたが今までゴルフを続けて

・どうしてもパターの調子が不安定
・芝の状況に左右される
・どうすればパターが良くなるかわからない

このような悩みを抱えているなら
ぜひ一度、この「秘密兵器」を試してみてください。

今回特別に秋の紅葉シーズンスタート価格で
ご案内しています。
 ↓
http://g-live.info/click/eputt_171026/
※残り13個

The following two tabs change content below.
森崎崇

森崎崇

1981年東京都生まれ。14歳の時にスコア100を切ったことから、ゴルフの道に進むことを決意し、高校時代は団体・個人共に全国大会に出場。多くの苦難を乗り越えながらも、レッスンプロとしての活動を始め、10年間で指導したゴルファーの数は実に2,500人以上。活動の最中、宮本プロと出会ったことがきっかけで、ゴルフパフォーマンスの立ち上げと共に新宿店所属のレッスンプロとなり、クールな外見とは裏腹に情熱的なレッスンを行うことで、ジュニアからシニアまで幅広い世代に絶大な支持と信頼を寄せられる。また、プロキャディとしてツアープロのスイング、トレーニングを1番間近で見てきた経験から、最前線で闘うプロならではのテクニックやコースマネジメントを、アマチュアゴルファーが実戦でも活かせる指導法を確立。その結果、片手シングルを達成するゴルファーを量産したことからついたあだ名は「片手シングル養成マシーン」。現在はゴルフパフォーマンス史上、最速でヘッドコーチに就任し、更に活動の場を広げている。
カテゴリー: 100切り, ゴルフクラブ, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
森崎崇

森崎崇 について

1981年東京都生まれ。14歳の時にスコア100を切ったことから、ゴルフの道に進むことを決意し、高校時代は団体・個人共に全国大会に出場。多くの苦難を乗り越えながらも、レッスンプロとしての活動を始め、10年間で指導したゴルファーの数は実に2,500人以上。活動の最中、宮本プロと出会ったことがきっかけで、ゴルフパフォーマンスの立ち上げと共に新宿店所属のレッスンプロとなり、クールな外見とは裏腹に情熱的なレッスンを行うことで、ジュニアからシニアまで幅広い世代に絶大な支持と信頼を寄せられる。また、プロキャディとしてツアープロのスイング、トレーニングを1番間近で見てきた経験から、最前線で闘うプロならではのテクニックやコースマネジメントを、アマチュアゴルファーが実戦でも活かせる指導法を確立。その結果、片手シングルを達成するゴルファーを量産したことからついたあだ名は「片手シングル養成マシーン」。現在はゴルフパフォーマンス史上、最速でヘッドコーチに就任し、更に活動の場を広げている。

 

Facebookでコメントする

1週間以内に打「線」を考えよう」への1件のフィードバック

  1. 田尾繁吉

     アイアンは飛んでいくらではなく。とまつていくらと私は思っています。間違いないと確信できました。ありがとうございました!!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。