#14【ビデオ】ツアー戦の直前練習「スライス回転の修正」

2017.11.04
kameko

From:亀子充温

皆さん
こんにちはッ!!!

今回で僕のメルマガも14回目・・・

読者の皆さんの為に成れば嬉しく思う今日この頃です。

パソコンのツールを駆使して写真に加工したり
イラストを描いたりしてメルマガに挿入してますが・・・

僕自身としては
『僕の説明や解説が皆さんに理解して貰えているのか???!』
少し不安もありながら試行錯誤してメルマガを作成しています。

さて
第一回メルマガでの自己紹介に始まり・・・
第二回メルマガでの【パッティング】
その後
【グリッピング】
【腋の自然な締まり】
【ヒットポイント】
【リズム】
【インパクトの体勢】などなど・・・
僕がゴルフ上達に熱心な皆さんに知って欲しい初歩的なゴルフ知識をメルマガにアップして来ました。

何故、僕がそれらを皆さんに知って欲しいか???・・・
毎日、仕事としてゴルフをしているプロでも絶えず悩み続け、そして、考えながら練習して・・・
分からなくなると初歩的な事=初心に帰るからです。

例えば
アマチュアの方が変則的で個性的なスイングやパッティングでもそれを極めて
ボールをジャストミートしコントロール出来れば→→必ずゴルフは、上達します。

しかしながら
変則的で個性的なスイングやパッティングを極めるには『多大な練習時間』を要します。

僕が思うゴルフ上達への近道は・・・
【ゴルフ理論の理解】と【それを取り入れた貴方に合った練習法】だと思います。

今年6月のツアー選手権での出来事・・・・
試合前の練習日に太一郎のショットしたボールが捻れていました。(捻れる=サイドスピンが掛かった打球)


『太一郎ッ!! ボールが捻れてるゼッ』

太一郎
『ですね、インパクトは、どうなってますか?』


『ちょっと体が突っ込んで軸がターゲット方向に傾いてアウトサイドからクラブが下りてるよ』

太一郎
『マジっすかッ!!俺の悪い癖なんですよッ〜』

僕(僕は、ドライバーを持ち、太一郎の左耳上にグリップを当てて突っ込みを防止)
『フェイスローテーションを意識してコックを極力抑えたハーフショットしてッ』

★ショットの際、インパクトでフェイスがターゲットにスクエアにヒットしても・・・
 *アウトサイドインのプレーンなら=スライス(左回転)
 *インサイドアウトインのプレーンなら=フック(右回転)になります。

この練習日の太一郎は、スライス回転がキツかったので、【ハーフショット】練習を取り入れました。
そして、ツアー選手権での予選は、1アンダー15位タイで見事予選突破でした。

今回のメルマガは、ナイスショットに繋がる【ハーフショット練習】です。

僕がショットで一番重要だと思う事=【ジャストミート】です。

ボールをジャストミート出来なければ思う様なボールは、打てません。

ジャストミートするには・・・安定したスイングプレーンが必要です。
安定したスイングプレーンをするにはブレない軸が必要なのです。
スイングは、体の各部位を軸とした回転運動です。
故に軸がブレると回転運動の軌道もブレてショットが不安定に成りジャストミート出来きません。

安定したスイングの回転運動をするには各部位の軸が必要です。
軸を大まかに分類すると【体軸】と【手首軸】です。

【体軸】は、土台となる下半身がドッシリした体の回転運動で・・・尾骨~脊椎が軸に成ります。

【手首軸】は、ダウンスイング~インパクト~フォローまでにおこるシャフトの回転運動で手首が軸に成ります。

アドレス姿勢をとり、この2つの軸が連動するとスイングが完成します。

これをマスターしてジャストミートするには飛ばさない【ハーフショット練習】が最も効果的です。

ハーフショット練習にも2タイプあります。
【ノンコックハーフショット練習】&【ハーフショット(コックを使ったハーフショット)】です。

【ノンコックハーフショット練習】のコツは
①グリッピングは、優しく&体は、リラックス
②飛ばそうと思わない
③極力体重移動しない
④フェイスを極力返さずライン出しする(ライン出し=ターゲットへ直線に打ち出す事)
この4つを意識して練習して下さい。

とても地道な練習ですが・・・
スコアにお悩みでショットが右に左に打ち出てしまう方は、ターゲットへ直線に捻れないボールが打てるまで何度も何度も練習して下さい。

これが出来れば・・・
必ずまっすぐ飛ばすスイングの基本がマスター出来&ショットの根本が理解出来る筈です。

基本がとても&とても大事なのです。

マスター出来るまで練習しましょう!!!

次に【ハーフショット(コックを使ったハーフショット)】
体重移動とリストターンを加えて練習して下さい。

これがマスター出来たら・・・強振せず
【3ボールステップショット練習】をして下さい。
1ボール=ノンコックハーフショット
2ボール=ハーフショット
3ボール=クォーターショット

コツは
①リズム良く
②フェイスローテーションを極力抑える(コックを使いつつ極力リストターンを抑える)

皆さんからのリクエストに応え、恥ずかしながら今回は僕の動画を取り入れました。
参考にしてください。

<本日のオススメ>
あなたの癖を見抜く、ある方法とは?

北田瑠衣選手・片山晋呉選手をを優勝へ導いた日本NO.1コーチが
その癖を一瞬で解決して
スコアアップ、飛距離アップを達成します。

http://g-live.info/click/tn171031/
11/6(月)までの限定公開

The following two tabs change content below.
亀子充温

亀子充温

BLOOD SHIFT代表 亀子 充温 1962年2月8日生まれ 愛知県碧南市出身 文化服装学院デザイン化卒業、芸能人の舞台衣装制作や、複数のアパレルメーカーに勤務後、独立しアパレルメーカーENTRY立ち上げ。ゴルフウェアブランド【BLOOD SHIFT】立ち上げ。ゴルフ歴は35年。ベストスコアは72。セントアンドリュースオールドコースでは、75ストロークでホールアウト。2005年よりプロキャディの活動も開始し、プロの依頼に応じて、北田瑠衣プロらのツアーキャディ、プロ・アマ問わずレッスン活動も行う。 【キャディ経験】 ・男子レギュラーツアーキャディ:24試合 ・男子チャレンジツアーキャディ:33試合 ・女子レギュラーツアーキャディ:4試合 ・その他ミニツアー:7試合
カテゴリー: ビデオ, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
亀子充温

亀子充温 について

BLOOD SHIFT代表 亀子 充温 1962年2月8日生まれ 愛知県碧南市出身 文化服装学院デザイン化卒業、芸能人の舞台衣装制作や、複数のアパレルメーカーに勤務後、独立しアパレルメーカーENTRY立ち上げ。ゴルフウェアブランド【BLOOD SHIFT】立ち上げ。ゴルフ歴は35年。ベストスコアは72。セントアンドリュースオールドコースでは、75ストロークでホールアウト。2005年よりプロキャディの活動も開始し、プロの依頼に応じて、北田瑠衣プロらのツアーキャディ、プロ・アマ問わずレッスン活動も行う。 【キャディ経験】 ・男子レギュラーツアーキャディ:24試合 ・男子チャレンジツアーキャディ:33試合 ・女子レギュラーツアーキャディ:4試合 ・その他ミニツアー:7試合

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。